ニュース

トップページ > ニュース
旅のおもひで 結庵musubi-an嵐山 結庵musubi-an祇園鴨川

嵐山の台風襲来とその後~その2~

 こんにちは!
結庵嵐山です。

先日、復旧する嵐山の現状を伝えますとお話しておきながら…
少し時間が経ってしまいました。
この間に、
中之島公園や渡月橋前の施設の復旧作業のお手伝いに行ったりしておりました。

今日もさきほど周辺を歩いて様子を写真でお届けします。

hukyuu2.jpg

中之島公園の状況です。
台風一過の日は、地面が掘り起こされてボコボコしてたのですが、
しっかり土が入れられて、元の砂利道になるまであと一歩。
おそらく今週中には元通りになりそうです。

復旧10.jpg

茶色に濁っていた水の色も、ほぼ元通りの
水色に戻っております。

 

ちくりん.jpgのサムネール画像

竹林の道はいつも通りですね。

image (6).jpg

落柿舎前もいつも通りな感じです。よい天気^^☆


image (9).jpg

これは3日前の渡月橋(北・東側)です。少し土砂が流れ込んだ感が
ありますが、今日はもうほとんど元通り。日に日に改善してます。

 

0.jpg

 

 

 

 

 

渡月橋から1~2分歩くと天龍寺ですが、門前はいつもと変わらない風景でした。

 

とうことで、
日に日に元通りの姿に着々と戻りつつ嵐山です。
ですが、施設の中には未だ復旧に頑張っておられるところもあります。
みなさんが心待ちにされている秋の行楽シーズンに間に合うよう、
今日も一所懸命復旧作業をしておられました。

自然の中で生活する我々は、
こうした危険とは背中合わせです。
日頃すばらしい環境に住まわせていただいていることに感謝しつつ、
自然に敬意を払い、皆さまにも”何か”を伝えていければ!と思います。

昨今、日本の、世界の、
さまざまな地域で自然災害により多くの被害を受ける光景を目にします。
また、
自然災害が人工物に影響を及ぼし、二次災害を引き起こすことにも遭遇しています。
あくまでも、我々は「自然」という干渉、解消しきれない前提の下で生活をしています。
その自然という存在をもっともっと理解し、
共存共生していく知恵をこれからも身に付けていく必要があることに気づかされます。

ここで得た経験値をしっかりココロとカラダに刻み込んで、
嵐山の大自然の素晴らしさ、偉大さ、
そこに育まれた文化、人間の知恵をしっかり見ていただけるように、
我々も皆さんをお迎えしたいと思います。