ニュース

トップページ > ニュース
旅のおもひで 結庵musubi-an嵐山 結庵musubi-an祇園鴨川

7月の京都は毎日がお祭り!!

【見たい】【やりたい】

7月の京都は毎日がお祭り!!
~1ヵ月間続く祇園祭がはじまります~

 

Visit】【Experience
Everyday matsuri (festival) in July of Kyoto!?
The start of Gion matsuri long for a month

 

昨日は、今年の上半期の罪や穢れを祓い、残り半年の無病息災を祈願する「夏越の祓」でしたね。
Yesterday was the day of "Nagoshi-no-harae." We had a purification ceremony for first half year and pray for good health for the rest of this year.

1001480_523813774352780_1473955514_n.jpg


私も氏神さんである松尾大社へ参拝し、大祓式に参加。神職さんと一緒に茅の輪をくぐり「お祓いさん」をいただいてきました。
I went to a local shrine, Matsuo taisha, and joined the event to pass through a circle (Chinowa) and I got Oharaisan.

 

1003828_523813871019437_741798859_n.jpg

「お祓いさん」とは短冊がついた茅のこと。自分で編んで輪にして1年間玄関に置いておきます。"Oharaisan" is a part of the circle (Chinowa) with strip of paper. You make a circle with this and put it on threshold for a year.

 

そして、今日から7月!
2013年も後半戦ですが、「7月」と言えば京都はいよいよ「祇園祭」が始まります。
 Then, July from today! July is a month of "Gion matsuri."

RIMG0010.JPG

京都三大祭り、日本三大祭り、日本三大曳山祭、日本三大山車祭ととにかく日本国内有数の祭りである「祇園祭」。7月14日~16日の宵々々山・宵々山・宵山、7月17日の山鉾巡行、神輿渡御・神幸祭などは日本中、いや世界中から祭を見たい人が京都へ来るほど有名ですが、それだけに非ず。

7月の1ヵ月間にわたり、実にさまざまな神事が執り行われているのです。

例えば…

今日・7/1は「吉符入」で、今日から各山鉾町では日々祭礼奉仕や神事の打合せが始まり、八坂神社では長刀鉾町の町内一同が稚児や禿と共に神事の無事を祈願する「長刀鉾町お千度」が行われます。

 "Gion matsuri" is one of the nation's most popular festivals; (Kyoto three majors festival, Japanese three majors festival, Japanese three majors Hikiyama festival and Japanese three majors Dashi festival.) People not only from Japan, but also all over the world will gather in this famous festival from 14th to 16th of programs, yoiyoiyoi-yama, yoiyoi yama, yoi yama and in 17th, Yamaboko parade, Mikoshi togyo and Shimko-sai. These are just one of programs.

 During a month of July, a variety of rituals are performed.

 For example, today, 1st of July is "Kippu-iri." In each yamaboko cho (district,) a meeting is held to organize rituals well. Then in Yasaka shrine, "Naginatahoko cho osemdo" is performed to pray for safety in rituals with all the people of Naginatahoko cho.

 

そして明日・7/2は「くじとり式」。
17日に行われる山鉾巡行の順位を決めるために各山鉾町代表者が京都市役所に集まり、くじを取ります。
Then, tomorrow, 2nd of July is "Kujitori shiki."
The leaders of yamaboko cho will gather in city office and draw lots to decide the order of the parade of 17th.

10日~は山鉾建で、いよいよ各鉾町が鉾、曳山を組み立てはじめます。
また、同日10日には八坂神社の舞殿に据えた神輿三基の内一基(中御座)の前後を松明で照らしながら四条大橋まで担ぎ、神輿を清める神輿洗式が行われ……
 Every yamaboko cho starts to assemble floats from 10th.
 Also on 10th, one of three mikoshi (flosts) of Yasaka shrine will be brought to Shijo ohashi with lighting up and it will be purified in a ceremony.

 

12日~ 曳き初め(12th, Hikihajime)

13日  稚児社参(13rd, Chigo shasan)

14日~ 屏風祭(14th, Byobu matsuri)

15日  伝統芸能奉納(15th, Dento geno hono)

16日  献茶祭(16th, Kenka sai)

17日~24日 無言参り(17th to 24th, Mugon mairi)

23日  花傘巡行(23rd, Hanagasa jungyo) 

24日  還幸祭(24th, Kamkosai)

25日  狂言奉納(25th, Kyogen hono)

31日  疫神社夏越祭(25th, Kyogen hono)

 

……と、宵々々山・宵々山・宵の他にこれでも行われる神事の一部。
These are one of the programs for ritual.

祭りを支える町衆の皆さんにとって、7月はさぞかしお忙しいことだろうなぁ、と思います。
他にもお囃子の練習や粽の用意……。
July is too busy month for people who make and organize festival, I think.
Add to that, they practice to play music instrument and prepare to make chimaki.

京都に暮らしていると、さまざまな「祭」が地元の人々の手によって支えられ、大切に受け継がれていることを実感する機会がたくさんあるように思います。
We can see matsuri is made by cooperation of many local people and that is inherited to next generations.

京都の人々が守り続けている祭。
今年は宵山や巡行以外のテレビでは放送されない「祇園祭」もぜひ楽しんでみてください★
Matsuri is supported and well kept by Kyoto people.
I recommend you to see "Gion matsuri" not only on TV this year.

 

RIMG0006.JPG

 

 

文・写真/永井美子 英訳/林元洋
Author/Photo Yoshiko Nagai
Translated by Motohiro Hayashi