ニュース

トップページ > ニュース
旅のおもひで 結庵musubi-an嵐山 結庵musubi-an祇園鴨川

自然のチカラ。

自然のチカラ。

一昨日7月14日、深夜の京都で1時間に90mmという豪雨がありました。
確かに雨音で目が覚めたくらいでしたから、かなりの雨だったと思われるのですが、
夜中のことだったので、その凄まじさには翌朝になってから気づきます。。。

大雨の結果.jpg

この写真は嵐山の中之島公園の突端(上流側)から保津峡方面を撮った写真です。
いつもは美しい景色を提供してくれるのですが、流木と泥水が大雨で増水した様子を物語ってくれます。
穏やかなせせらぎに近い流れも、すさまじい速さの濁流と化し、普段の表情とはかなり違います。
ここに辿り着くまでに中之島公園を歩いてきたのですが、
午前中から見事に晴れ上がり、気温は急上昇!前日の降雨のせいで京都特有の蒸し暑さを感じていました。
ところが!
川の流れがつくり出す風を全身で受けるんですよね、この場所は。
ビックリするくらいに涼しいんです。ほんとに驚き!!!

写真の右上の方向に百人一首で有名な「小倉山」があるのですが、
この山の上に亀山公園というスポットがあります。
世界遺産の天龍寺のわき道を竹林を経由して坂道を上ると辿り着きます。
ここは夏場でも「あれっ?」と思うくらい涼しい場所で、みなさまにもオススメする場所なんです。
どうして涼しかったのか、
今回の件で少し新しい説明ができるようになりました☆

川の流れが天然の冷却装置になるんですね♪
やはり自然のチカラは偉大ですね!!!

602475_431545893557281_1535393983_n.jpg

こちらの写真は、昨日カフェのランニング教室の中訪れた鳥居本の状況です。
講師の窪田先生撮影です。
いやもう、とにかくびっくりです!!
この先に六丁峠という、坂道練習に使う峠があるのですが、
ジョグカフェmusubiをいつも御利用してくださるランナーの方々が口々に「道が川になってるよ!」とリポートしてくださいました。
比較的災害の少ない京都ですので、昨今NEWS等で知る災害の状況を目の当たりにすることがあまりなかったのですが、
今回肌で感じてみて、ホントっ><自然ってものの中に生きている覚悟と恐れ、敬意みたいなものを感じておきたいなと思いました。

我々は京都嵐山に住み、
四季の美しさを感じられる有難さと同時に、皆さまに自然の素晴らしさと怖さを伝えられるようになれればいいなと思います。

美しさは、厳しさの裏返し。

ことしも「とっておきの天然クーラースポット」を案内すると同時に、
その場所に敬意を払えるように、御案内したいと思います☆

結庵musubi-an