ニュース

トップページ > ニュース
旅のおもひで 結庵musubi-an嵐山 結庵musubi-an祇園鴨川

今年の桜、開花予想。

 こんにちは!
1か月前と比べると、ずいぶん温かい時間帯が増えました。
いちにち単位で見ると、まだ寒い日があったりしますが、
陽が差している時間帯は上着は要らない感じですね。
今年に入って、週末は天気が悪いですが、
ひと雨ごとに春に向かっているのが分かります。

今日は河川敷で嵐山ロードレースが開催されています。
musubi-cafeからは「考えるより、走れ!」ののぼりを掲げてランナーを応援します!

例年だと、このレースの時期はドカ雪が降ったりします。
それを考えると、
春の訪れが早いのではないかなと感じさせてくれます。

今年の京都は梅の開花が遅れたこともあり、
桜の開花が遅れるのではないかとの予報があります。が、
毎年いろいろ語られるものの、
「4月1日にはだいたい咲くんだよね」というのが一番当たってたりします^^;
毎年、4月1日にはそんなことを言っているのを思い出します☆

加えて、
桜の木々の中にもさまざまに性質があるんですよね。
musubi-cafe前から目に入る気の数は数十本ありますが、
毎年一番早く開花する木、一番遅くまで咲いている桜は決まっています。
全体として綺麗に見えるのは1週間程度。
1本1本を見ていると、2週間~3週間は桜を楽しめます♪

そして、
実は一番美しいのが、葉桜になってからの1か月です。
5月下旬から6月いっぱいにかけては、
嵐山が一番きれいに飾られる季節と言ってもいいでしょう。

晩春の嵐山は、1年のうちでもっとも色数の多い季節です。
陽の入る角度も程よく、
素晴らしい爽快感を与えてくれます♪

4月中旬までの「桜の嵐山」を逃されても、
「6月の嵐山こそ穴場」であることを覚えておいてくださいね^^/

今年も桜が咲きます。
「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」
我々はこうした自然の大きなシステムの中に生きております。
何が起ころうとも、
何を感じようとも、
何事もなかったように、桜は毎年同じ頃に開花します。

その桜を、
様々な心もちで見る事でしょう。
幼き頃の思い出。
青春の思い出。
大切な人との思い出。
自分の変化。
そしてこれからのこと。。。

いつも、いついつまでも、
可憐に咲く桜を、
心穏やかに、晴れ晴れとした気持ちで、
「今年もコンニチワ!」そんな気分で待ち受けたいものです。

万物は流転します。
例にもれず、我々ヒトも変化し続けます。
変化を感じつつも、変化を楽しめる、受け入れられるココロを養いたいものですね。


written by peach