ニュース

トップページ > ニュース
旅のおもひで 結庵musubi-an嵐山 結庵musubi-an祇園鴨川

「旅のおもひで」ようやくカットオーバーです!

いやぁ~夏い暑がやってきましたね^^;

結庵では、
「旅の仲間」が日本中に、世界中に繋がっていくために、
どんな演出が出来るのかを、OPEN前から色々考えていました。。。

以前、ワタクシ、
某旅行誌の編集のお仕事をしておりました。
いつも考えていたのは、
「伝えたいことはヤマほどある。しかし誌面には限りがある」
かれこれ10数年前のお話しですので、
それからインターネットが普及し、ブログが情報伝達全盛時代となりました。

特定の情報発信者が、情報を集めて編んで流していくスタイルは古くなってしまったわけです。
そんなことをしなくても、
より細かな情報を発信してくれる地元の人が居て、
情報深度は、その時々によって必要とする人がチョイスすることをテクノロジーが手助けしてくれます。

これって、スゴイですよね!
「知識の記憶」というものの価値が低下し、
「知恵を生み出す」ということこそが重宝される。。。

ですが、
一方で「感覚的なもの」は、まだまだ限りなく必要とされ、
情報として編集しきれない。
すなわち、
メディアの機能がどんどん細分化しているとも云えるわけですね。

そんな中、
iphoneユーザーのワタクシが出会って感動したのが、
「instagram」というアプリケーションです。
なんというのですかね。。。
撮った写真を、プロ写真のように加工できてしまいます。
それも、カスタマイズされたパターンがいくつかあって、
言わば「こんな風な加工はいかが?」と提示してくれるわけです。

「写真」は文字通り、真を写すと書きます。
これはなんと奥深い言葉でしょうか。。。

被写体自体がどんな要素をもっているかは、
見る人の捉え方によって様々です。
ヒトとトンボでは同じ物を見ても違って見えます。
犬や猫とも違います。
極端すぎる例かもしれませんがね。
同様に、人の間でもまったく同じとは言い切れませんね。
必ず違う。
それを記号化(言葉化)、分類化(名付け)する前に、
感覚的に表現することはとても素晴らしいことだと思うのです!!

それぞれの人が、
自分の「嵐山の捉え方」を映像で残してもらう。
そして、日本中、世界中の人々に「感覚的に」伝えてもらう☆
ことで、言葉や記号を越えて繋がれればいいなぁ、と考えました^^!

これが
「旅のおもひで」です。

【使い方】
iphone利用の方
→instagramというアプリをダウンロード
→写真を撮って加工
→#musubianとタグ付けしアップロード
→「旅のおもひで」で反映されます。

その他携帯電話の方
→インターネット接続で flickr のサイトにアクセス
→写真を撮って、#musubianとタグ付けしてアップロード
→「旅のおもひで」で反映されます。

「感覚」で伝える京都、嵐山。
「感覚」で繋がるメディア。
みなさんも「京都・嵐山」の情報記者となって、
「旅のおもひで」の編纂を一緒に楽しみましょう!!!
............for One World.

http://musubi-an.jp/omoide/

by Peach