【食べたい・買いたい】食欲の秋!秋の味覚といえば栗!京のおすすめ栗菓子♪

今年の十五夜はキレイにお月様が見えましたね〜♪
みなさんもご覧になりました?
中秋の名月の十五夜にはお月見団子をお供えしますが、
十三夜は栗や豆などをお供えすることから
栗名月などとも呼ばれています。
 
そう!秋といえば栗!ですよね〜。
柿やサンマ・・・など食欲の秋には
美味しい秋の味覚がたくさんありますが
私はその中でも栗が大好きです!
ということで、今回は
栗を使った美味しいお菓子をご紹介したいと思います。
 
まずは、
以前、福知山へ行った際のことを書いた記事でも紹介しましたが
福知山に本店を構える
栗菓子の名店「足立音衛門」の「集栗夢(シュークリーム)330円」。

IMG_20170625_162154-thumb-autox1333-2587.jpg

先日、二度目の「集栗夢」体験をしたんですが
やっぱりサイコーに美味しかったです!!!!
結構な大きさなんですが、
ほんとペロっといけちゃうんですよね♪
 
サクッふわっとしたシュー生地に
栗のペーストとカスタードクリームの二種類のクリーム、
そして真ん中にど〜んと甘露煮の栗。
も〜〜〜っつ絶妙のマッチングなんです。
「私がこれまで食べたシュークリームの中で一番美味しい」と
あちこちで豪語している品です。
 
つづいては、
「くりや」の「金の実栗納豆(6個入り1620円)」(登録商標)。

kuriya_kinnnomi.png

栗の形を縁取った中に「金の実」とボンと書かれた
シンプルなパッケージもさることながら
栗本来の自然の風味を大切にした栗納豆も実にシンプル。
昭和3年には皇室ご用命も受けたという
ロングセラーかつ、名誉あるお菓子でもあります。
 
 
ラストは
京の花街・先斗町に建つ創業110年の老舗
「先斗町駿河屋」の栗菓子2種。
 
「里志ぐれ(400円)」と
「蒸し栗(335円)」。
 
pontosurugaya_satosigure.jpg 「里志ぐれ」はいわゆる栗羊羮。
ですがーっ!
ごろっと立派な丹波栗が一粒
しかも、竹の容器に入っているという
なんとも特別感のある栗羊羮です。
 
そして
「蒸し栗」は
国産栗を蒸し羊羮で包み
それを一つ一つ竹の皮で包んで蒸しあげられたという逸品。
「里志ぐれ」と食べ比べてみるのも面白いかもしれませんね!
 

pontosurugaya_musiguri.jpg

ほくほくの焼き栗ももちろん美味しいですが
栗を使ったお菓子で
秋気分を堪能しましょ♪
 
 
 
 
足立音衛門 京都本店
所在地:福知山市内記44-18
電話:0773-24-2043(お客様専用フリーダイヤル0120-535-400)
http://www.otoemon.com/
 
 
くりや 京都桂店 本店
所在地:京都市西京区桂乾町4-11
電話:075-391-5202
http://www.kuriya.biz
 
 
先斗町駿河屋
京都市中京区先斗町三条下ル
電話:075-221-5210
http://www.pontocho-surugaya.com