【食べたい】夏こそ食べたい!ぷるるん和スイーツ♪ part2

梅雨が明けたと思ったら
途端に夏日の暑い日が続いていますが
みなさん熱中症などにはくれぐれも気をつけてくださいね。
 
今回は前回の
「和久傳」さんの
ぷるるん和スイーツに続き、
私が個人的に大好きな
京都の老舗の
ひんやりぷるるん和スイーツをご紹介したいと思います!
 
まずは、こちら!!!
 
「老松」さんの
夏柑糖(なつかんとう) 1個1512円。
販売期間:4月1日〜7月18日のお届け分まで(夏みかんが無くなり次第終了)。
 

p_mv.jpg
画像
http://oimatu.co.jp/

 
萩や和歌山などで委託栽培された夏みかんの中味をくり抜き、
搾った果汁と寒天を合わせ、
それを皮に注いで固めた、
程よい酸味とほろ苦さが特徴の涼菓です。
 
まず、

100253825_o1.jpg
画像
http://oimatu.co.jp/

夏みかん丸ごとが器になっている
このビジュアルが
SNS映えすること間違い無し!ですが
目にも涼しく、食べても爽やかなのが
イイんですよね〜。
 
 
続いて、こちらも定番!
「鍵善良房」さんの夏季限定商品、
甘露竹 1本360円。
 

image1.jpg
画像
http://www.kagizen.co.jp/

 
国産の小豆を煮て作った餡に
丹波産の寒天をあわせて作った
柔らかめの水ようかん。
1つずつ職人さんの手作業によって
青竹に入れられ、
笹の葉で包まれています。
 

スクリーンショット 2018-07-09 14.33.18.png
画像
http://www.kagizen.co.jp/

こちらも
青竹のみずみずしいルックスが涼やかな
商品です。
 
竹筒の底に穴を開けて
空気が入ることで
つるんと中の水羊羹が出てくるわけですが、
その様が実に気持ちイイんですよね〜。
お子さんとやると
きっとお子さんが面白がると思いますよ♪
 
食感、喉越しもスルっとなめらかで
程よい甘さが夏の甘味にもってこい!です。
日持ちはしませんが、
本数によっては詰め合わせの商品もあるので
お土産、手土産にも見栄えがしますよ〜。
 
 
最後は
宇治茶で有名な
「伊藤久右衛門」さんの茶寮でいただける
ほうじ茶ゼリー。
 

sweets_img_list04.jpg
画像
https://www.itohkyuemon.co.jp/

ほうじ茶の香ばしい味わいをいかしたゼリーが
抹茶チーズケーキとセットで1080円でいただけます。
 
もちろん緑茶や抹茶も美味しいんですが
香ばしいんだけど
くどくない
爽やかなほうじ茶ゼリーはオススメです!
 
商品によっては
今年はもうすぐ販売終了というものもあるので
お早めに〜。
 
 
 
老松
 
鍵善良房
 
伊藤久右衛門