【知りたい】海沿いに佇む大人の隠れ家・宿泊レポ♪

長〜〜〜い夏休みも終わり、
子どもたちの二学期もようやくスタート!
やれやれ〜と思っている方も多いかもしれませんが、
大人の皆さんも夏休みはもう取られましたか〜?
想い出に残る夏旅はされました〜?
 
私はと言いいますと・・・
京都府北部、京丹後市にある
隠れ家宿に行ってきました♪
 
あらゆる旅行サイトで
クチコミ評価も高いお宿で
期待に胸を膨らませポチっと予約したんですが
実際泊まってみて素敵だったので、
少しご紹介したいと思います!
 
今回、私が泊まったのは・・・
日本海を望む間人温泉にひっそりと建つ
「炭平」さんです♪
 
DSC_1068.jpg
さてさて
ここで、突然ですがクイズです。
間人温泉、、、
いったい何と読むでしょう???
 
まじんおんせん?
まびと?
かんじん?
??????
 
はい!
間人と書いて
たいざ と読みます!
 
間人温泉に
間人がにもありますので
ご存知の方も多いかとは思いますが、
初見ではそうそう読めませんよね〜。
 
京都には、
先斗町を始め、難読地名が多数ありますが、
間人もその一つかと思います。
ご存知なかった方は覚えておいていただけると嬉しいです。
 
では、本題に戻ります。
 
丹後半島を日本海沿いに車を走らせ
目的地「炭平」さんに到着。
私が訪れた日は快晴だったこともあり
穏やかで美しい日本海を眺めることができました。
 
DSC_1066.jpg
ここ炭平さんは、
明治元年創業の老舗温泉旅館。
 
DSC_1071.jpg
全19室のこぢんまりとした隠れ家宿で
全室オーシャンビュー。
温泉付き露天風呂客室や
貸切風呂も数種備えられた
素敵なお宿です。
 
まず到着すると駐車場まで
スタッフの方が迎えに来てくださり
ロビーへ案内してくれました。
 
スクリーンショット 2019-09-03 14.05.30.png
チェックインの手続きをするロビーからは
オープンテラスにも行き来ができるようになっていて
日本海が一望。
ギュン!とテンションが上がります。
 
スクリーンショット 2019-09-03 14.05.50.png
お部屋へ案内される前に
ロビーに配されたサービスについて説明を受けます。
ドリンク、きゅうり、おでんがあり
集金箱にお金を入れるシステムが昔懐かしい感じで
味があります。
 
DSC_1089.jpg
色浴衣の無料貸し出しもあり。
 
ロビーフロアの上には
お食事処と無料貸切風呂がある旨の説明を受け、
いよいよ客室へ〜。
 
今回、私が泊まったのは
ロビー棟より海側に建つ離れ客室で
2017年11月に新たにオープンした
「季音庵」。
 
スクリーンショット 2019-09-03 14.06.05.png
メインの居室には
大画面のテレビ&スピーカーが設置。
美味しいお茶菓子もいただきました〜。
 
con_img04.jpg
仲居さんが退室された後は
ワクワクキャッキャしながらお部屋を見て回ります(笑)。
 
洗面室はどんなんかな〜?
おーー!洗面台が二つ!
高級ホテル仕様!
 
スクリーンショット 2019-09-03 14.06.39.png
アメニティはどんなんかな〜?
なんだか洒落てる!
 
スクリーンショット 2019-09-03 14.17.56.png
 
客室の露天風呂はどんなんかな〜?
DSC_1085.jpg
厳密には半露天風呂だけど
小窓から海が見えて素敵♪
スクリーンショット 2019-09-03 14.06.24.png
もちろん、温泉!
いつでも好きな時に入り放題!
サイコー!
 
ん?このドアは???と開けると・・・
寝室!
DSC_1082.jpg
そうだった!寝室はセパレートだったんだ、とここで思い出す始末(笑)
しかも、寝室が広い。
そして、寝室にもおっきなテレビが。
 
でも、まだドアがある。
おーー!
二つもおトイレがあるではないですかー!
 
と、お部屋を一通りチェックして益々テンションUPの私。
 
ついでに共用スペースもチェックしよー!っと
離れ客室「季音庵」の隣にある
ライブラリー&有料貸切風呂へ。
 
DSC_1088.jpg
このライブラリー兼休憩スペースが
なんとも素敵なんですよね〜。
 
DSC_1092.jpg DSC_1091.jpg
大きく取られた窓にゆったりソファ、テラス席・・・。
そして、ここにも集金箱が設置してあり
アルコールを含むドリンクやおつまみが
セルフサービスでいただける形に。
スクリーンショット 2019-09-03 14.07.16.png
 
また、
貸切風呂の利用状況が確認できるボードも
設置されていました。
夕食前の時間だからか、空いているようでしたね。
スクリーンショット 2019-09-03 14.06.59.png
 
一通りチェックしたところで
いよいよ夕食タイム〜〜!
 
夕食はお食事処でいただくスタイルで
2部制になっています。
私は早めの時間帯を選んだので、
まだ日のある時間帯からスタート。
 
部屋食ではないとはいえ
お食事処も半個室になっているので
プライベート感覚が味わえます。
 
スクリーンショット 2019-09-03 14.07.32.png
旬の海鮮がたっぷりといただけるコースを予約していた私。
前菜に始まり
新鮮な食材そのものの味を活かした
美味しいお料理が
続々と登場します!
 
DSC_1099.jpg
夏が旬の海の幸といえば
雲丹、アワビ、鱧、岩牡蠣…
ええ、全て登場しましたよ〜!
全て美味しくいただきましたよ〜!
 
DSC_1096.jpg DSC_1098.jpg スクリーンショット 2019-09-03 14.08.03.png DSC_1102.jpg DSC_1103.jpg DSC_1113.jpg
もーーーこれ以上食べられない
というくらいお腹いっぱいいただきました。
 
途中、仲居さんが
夕日が沈む時間を教えてくれて
テラスやライブラリーへの夕日鑑賞を促してくださったんですよね〜。
せっかくなので、夕食を中座して
私も見に行ってみました。
 
DSC_1104.jpg
お天気が良かったこともあり
綺麗な夕日&夕焼け空を楽しむことができました。
 
日没時間をお知らせしてくれるなんて
粋な計らいですよね。
 
さらに、記念写真も撮影してくれて
食事が終わる頃に
プリントした写真を写真立てに入れて
プレゼントしてくれるんです。
 
さらにさらに!
お夜食にどうぞ〜と
お稲荷さんまで持たせてくれて。。。
至れり尽くせりのサービス。
 
お腹いっぱい過ぎて
夜食にはできず、翌日のチェックアウト前に
お稲荷さんはいただきました(笑)。
 
夕食も美味しかったんですが
朝食がね〜。これまたサイコーでした!
 
旅館の朝食って楽しみじゃないですかー?
期待値高いですよね〜。
しかし、その期待を上回る内容でした。
 
スクリーンショット 2019-09-03 14.08.23.png
見た目にも可愛い
小鉢が沢山並んだお重。
女性はこういうの好きですよね〜。
お米も美味しくて
ぺろっと平らげてしまいました。
 
ビュッフェスペースに置かれた
地元の牧場で搾られた牛乳とヨーグルトも美味でしたよ♪
 
そして、
朝食の際に
「帰りの道中気をつけて」という意味で
お守りを持たせてくれるんです。
地元の漁師さんに伝わるお守りだそうなんですが
心温まるサービスで
朝から気分が上がりました。
 
なんと
チェックアウトの際には
手作りのみたらし団子もいただきました!
これも美味しいのなんのって!
 
スクリーンショット 2019-09-03 14.08.42.png
夕食も朝食も絶品。
設えも大人仕様で
サービス満点。
大満足の夏旅となりました〜。
 
 
秋には秋の旬会席、
冬はお待ちかねの蟹!と
旬の食材を使ったお料理がいただける「炭平」さん。
皆さんもぜひ〜♪
 
 
 
 
炭平
京丹後市丹後町間人3718
TEL:0772~75-0005