【見たい】これからが見頃!カラフルなお花畑へ行きましょ〜♪

先日の日曜は母の日でしたね。
みなさんは、何かお母さんにプレゼントをしたり
感謝の気持ちを伝えましたか〜?
私はプレゼントと一緒に
カーネーションを贈りました♪
 
赤いカーネーションの花言葉が
まさしく「母への愛」ということから
母の日にはカーネーションを贈るというのが通例ですよね。
 
それもあって
5月の花というと
カーネーションのイメージが強いかもしれませんが
これから見頃を迎える美しい花といえば
バラです。
 
今の時代は
お花屋さんでは年中出回っていますが
日本でのバラの最盛期は5月、6月とされています。
 
バラ全般の花言葉は
「愛」や「美」とされていて
男性が女性に贈る花としても定番ではないかと思います。
まぁ、贈る方も、贈られる方も
日本人的には、
ちょっとこっぱずかしいキライもあるかもしれませんけどね!?
 
赤、ピンク、白、黄色など様々な色のバラがありますが
青いバラを世界で初めて誕生させたのは
なんと、日本のサントリーなんだとか。
青いバラをつくることは
世界中のバラ愛好家の夢だったそうで、
サントリーが14年の歳月をかけて開発し
2004年に成功、
2009年から「サントリーブルーローズ アプローズ」という名称で
発売しているそう。
そのエピソードにもちなんでいるんでしょうね。
青いバラの花言葉は
「夢かなう」。
素敵ですね♪
 
そんな、これからが見頃のバラ。
京都でのおすすめスポットをご紹介します。
 
 
まずは、北山エリアに位置する
「京都府立植物園」。
 

kyoko_furitu_rosegarden.jpg

四季折々の草花が楽しめる「京都府立植物園」には、
およそ300種1300株のバラが楽しめます。
京都にちなんだ名前が付けられた
「タカオ」「ダイモンジ」「モモヤマ」といった
品種のバラがあることでも有名ですが、
「京都府立植物園」には
改元記念にピッタリな品種のバラもあるんですよ〜!
 
上皇后になられた美智子妃殿下のお名前が付けられた
「プリンセス・ミチコ」や
天皇皇后両陛下がご成婚の際に
雅子妃殿下にちなんで名付けられた
「マサコ」というバラなど
皇族ゆかりのバラを多数見ることができます。
 
また、
5月18日(土)、19日(日)
17時〜17時45分で
先着30名を対象に無料で「ばら園散歩」を開催。
夕暮れに染まるバラ園を職員さんが案内してくれるのだとか。
品種ごとの特徴やエピソードが聞けて
バラの魅力を堪能できますよ〜!
 
 
続いてもう一箇所。
綾部市の「あやべグンゼスクエア」内の
「綾部バラ園」。
 

-7.jpg

ボランティアスタッフによって維持管理されている
「綾部バラ園」には
約120種類、1200本ものバラが植えられています。
 

57511450_2442864889059001_6274109945646415872_n.jpg

中でも注目は
「綾部バラ園」のシンボルとされる
「アンネのバラ」。
 
『アンネの日記』の作者アンネ・フランクの父オットー氏から
日本へ送られてきた苗木を
綾部在住の親子が根付かせ、株を増やしたそうで、
アンネの平和への願いを伝えるため、
園内中央の世界連邦のマークを囲むように植栽されています。
 

スクリーンショット 2019-05-15 18.08.45.png

また、
エントランスの
ツルバラのトンネル「カクテル」の
サインの下で記念写真を撮ると
幸せが訪れるという言い伝えがあるとか!?
 
「愛」という花言葉を持つバラ。
美しいバラが咲き誇るバラ園。
大切な人と一緒にぜひ♪
 
 
 
 
 
 
京都府立植物園
所在地:京都市左京区下鴨半木町
電話:075-701-0141
 
 
綾部バラ園
所在地:綾部市青野町亀無1番地の2 
TEL:0773-43-0811