【知りたい】新元号目前!「天皇陛下ご訪問の地」を巡りましょ♪

昭和から平成となり、
そして、その平成も、もう後わずか。
新しい時代が始まる!と
明るい気分になると同時に、
一つの時代が終わるのか…と思うと
寂しく感じたり。。。
 
そこで、今回は
「令和」となる
新たな時代を迎える前に、
天皇陛下がご訪問された
京都の地をいくつかご紹介したいと思います。
 
 
まずは、
「京都御所」。
 

kyoto-gosho1.jpg

14世紀から明治2年までの間
歴代天皇がお住まいになり
儀式や公務を執り行った場所で
今現在も
宮内庁京都事務所が管理している
皇室関連施設です。
 
平成2年4月に
花と緑の博覧会場御視察及び
第1回「みどりの愛護」つどいご臨席に合わせて
ご視察におみえになったり、
先月末に開催された
宮内庁職員主催の茶会ご出席などを含め
何度も訪れていらっしゃる
天皇ゆかりの地。
 

kyoto-gosho6.jpg

寺社仏閣や
城郭とは違った風情が感じられる
歴史的建造物や、
今年はもう見頃は過ぎましたが
「左近の桜」や
梅林も有名です。
 

kyoto-gosho9.jpg

 

桜が終わっても、新緑シーズンは青もみじが美しいですよ♪

桜の名所と言えば
遅咲きの「御室桜」が有名な
「仁和寺」も
天皇陛下が訪れた場所です。
 

ninnaji7.jpg

「御室桜」は
散り始めのようですが
まだ見頃とツイッターに上がっていますので
今週末のお天気がいいうちに行っておくといいかもしれませんね!?
 
ちなみに仁和寺も
新緑シーズンは青もみじが美しいです。
 

ninnaji20.jpg

 
さらに、美しいお花つながりでいくと・・・
こちらは如何でしょう?
 
平成22年に
「京都府行幸啓 第14回国際内分泌学会議オープニングセレモニーご臨席」
に併せてご視察でおみえになった
宇治の平等院。
 
藤原氏の栄華を物語る建造物や仏像など
多数の国宝を見ることができます。
 
平等院といえば
10円硬貨にデザインされている鳳凰堂の印象が強いですが
その鳳凰堂の周りに咲く
四季折々の花とのコラボレーションが実に見事で
SNS映え間違いなしです!
 

byodoin14.jpg

4月後半から5月初旬に見頃となる
藤の花は息を飲むほどの美しさ。
一見の価値ありです!
 
 
いずれも有名な場所なので
皆様も訪れたことがあるかもしれませんが
「この地を、今上天皇もご訪問されたんだなぁ…」
と、想いを馳せるかもしれませんね。
 
上記ご訪問は
皇后様もご一緒にお見えになられていたようですが、
天皇、皇后両陛下の仲睦まじいお姿は
本当に印象的ですよね。。。
 
いずれも京都の歴史を感じる
魅力的な場所なので
訪れたことがない方はもちろん、
訪れたことのある方も再度
この平成から令和へと変わるタイミングに
訪れてみてはいかがですか?
 
 
 
 
 
京都御所
 
仁和寺
 
宇治平等院