【見たい】平成最後のお花見は京都で堪能しましょ♪

4月1日。
今日から新年度スタートですね〜♪
そして、エイプリルフール。
そして、そして〜!
そうです!
新元号が発表されましたね〜!!!!
 
「令和(れいわ)」
 
私が個人的に予想していたものは
全くの大ハズレでしたがww
私が考えていたものより
響きも良くて、良かったな〜と。
私の母の名前の漢字の一部が含まれていて
母と娘のイニシャルと同じなので
なんだか縁起がいいような気がして
個人的にかなり気に入っていますww
 
もうすっかり「令和」に突入した気分ですが
まだあと少し「平成」です。
 
元号が変わると言われて
「平成最後の!平成最後の!」という
キャッチコピーが踊りましたが
ほんとにほんとに平成最後の瞬間が近づいてきました。
お花見シーズン到来ですが
「平成の桜」も見納めです!
「平成最後のお花見」みなさんはどこに行きますか〜?
 
この週末、
私は京都市内を
家族で散策していたんですが、
八瀬の辺りは
さすがに山が近いので
まだ見頃とは言えない感じでしたね〜。
 
昨年は異例の温かさで
桜の開花が随分と早まりましたが、
天気予報でも言われている通り
今年は逆に少し遅れているな〜と
実際見てみて実感しました。
 

55731109_2104821152958512_570280947199508480_n.jpg

八瀬を後にして
そこから、蹴上のインクラインを通ったんですが
インクラインの桜は
木によっては
かなり開花していて
もうあと数日で見頃を迎えるかな〜という印象でした。
 

55914142_2104821112958516_8746906820511006720_n.jpg

ちなみに、
インクラインの桜が見頃になると
こんな風に
とってもフォトジェニックなので
SNS映えする写真がい〜っぱい撮れますよ〜♪
 

incline2.jpg
京都フリー写真

 

 

インクライン含め
二条城や京都御苑も
まだ満開とは言えない状態でしたが
この時期のお花見名所は
すでにどこも観光客で溢れていました。
やっぱり桜、見たいですもんね〜!
 
私たちが生きてきた昭和、平成という時代はもちろん
その遥か昔
古から人々を魅了してきた桜。
 
「令和」は
万葉集にも詠まれた
梅の花をイメージしているとのことですが
平成最後の桜を愛でて
新しい時代「令和」を迎えましょ〜♪