【見たい】豪華絢爛!お花を愛でてウキウキ春気分アップ♪

バレンタインデーですね♪
誰かにチョコあげました?
それとももらいました〜?
 
気持ち伝わるLOVEチョコ、
ほっぺが落ちそうなデリシャスチョコで
外はまだ寒くても、
心ウキウキ
春モードな方も多いのではないでしょうか〜?
 
そんな、春モードをさらに感じられるものというと
やっぱり、お花ですよね〜。
 
桜にはまだ早いですが、
まるで桜のような梅の花が見られるところがあるんです!
 
京都市伏見区にある「城南宮」。
お花と紅葉の名所として知られています。
 

jonangu9.jpg
京都フリー写真

 

 

ほら、
一見すると、しだれ桜かな〜?って感じですよね?
ところが、
こちら、梅なんですよねー。
 
神苑内の社殿西側に広がっている「春の山」には
150本ものしだれ梅が植えられていて
薄紅色〜紅白の花が咲き誇ります。
 

jonangu10.jpg
京都フリー写真

 

 

このお花の色が
やっぱり春気分を盛り上げてくれますよね。
しかも、
城南宮のしだれ梅は
なんとも豪華絢爛!
しだれ梅のほかにも、美しい梅がたくさん見られますので SNSにアップして
みんなに春を届けましょ〜!
 

jonangu8.jpg
京都
フリー写真

 
 
さらに、
城南宮では
毎年この時期に
「しだれ梅と椿まつり」が開催されていて
今年は
2月18日(月)〜3月22日(金)に予定されています。
 
咲き始めから6分咲きの梅を探しながら
春の訪れを感じる「探梅」、
満開で見頃の「観梅」、
散りゆく様子を惜しむ「惜梅」
・・・と移り行くしだれ梅の姿を
愛でることができます。
 
また、
しだれ梅だけでなく
神苑入り口から「春の山」、
さらに「平安の庭」にかけて
300本もの椿が次々と花開きます。
白、ピンク、真紅の椿、
苔の上に落ちた「落ち椿」としだれ梅とのコラボも
素敵ですよ〜。
 
おまつり期間中は
巫女さんによる
「梅が枝神楽」の奉納があったり、
植木の販売や
300円でお抹茶と和菓子が提供されるなど
梅鑑賞とともに
色々と楽しむことができます。
 
参道でも
地元の和菓子屋さんのお菓子が販売されているので
お茶をしたり
お土産に買って帰るのもイイですね。
 
春の訪れを感じられる
梅の園へ♪
 
 
 
 
城南宮
所在地:京都市伏見区中島鳥羽離宮町7番地