【見たい・知りたい】京都の街を駆け抜ける冬の風物詩!栄えある栄冠は誰の手に!?

毎年、年末年始は
注目のスポーツ大会が目白押し!
 
皆さんも、
これを観ると
「あー、もう今年も終わりかー」
「新しい年の始まりかー」
といった気分になる
風物詩的なものがあるのではないでしょうか?
 
バレーボール好きな私の場合は
今日決勝戦が行われた
「天皇杯・皇后杯全日本選手権」がそれです。
 
また、
2011年から1月開催となった
通称「春高バレー」も
ここ数年で
新年のイメージとして
私の中では定着してきました。
 
バレーとは関係ありませんが
年明けといえば
「箱根駅伝」も外せませんね〜!
 
サッカーだと
高校選手権、
ラグビーも
高校選手権、通称「花園」ですよね〜。
 
スポーツ大会とは違うかもしれませんが
競馬好きにとっては
これまた今日開催された
「有馬記念」がそうなんでしょうね。
「年の瀬だな〜」と同時に
「一年の〆に一発当ててやるぜ〜!」となるのかもしれませんね(笑)。
 
そんな中、
まさに今日!
最後の天皇誕生日に
全国の高校生らが
京都の街を駆け抜けました!!!!
 
 

スクリーンショット 2018-12-23 18.29.12.png
画像
http://www.koukouekiden.jp/

そうです。
「全国高校駅伝」です。
 
正式名称は
「全国高等学校駅伝競争大会」。
 

IMG_20181223_142219.JPG

すっかり
冬の都大路の風物詩として定着していますが
男子大会がスタートした1950年当初は
大阪府や奈良県で開催されていたんだそうです。
 
今のように都大路が舞台となったのは
1966年以降なんですってー。
 
ところで、
駅伝発祥の地が京都というのはご存知ですか?
これまでの投稿にも書いたことがありますが、
京阪三条駅の側
三条大橋の左岸、東詰北側の交差点に
発祥記念碑が建っているんですよ。
 
駅伝発祥100年を記念して
昨年建立されました。
 
そんな駅伝発祥の地・京都で行われる
「全国高校駅伝」。
今年で男子は69回
女子が30回を迎えます。
 
西京極総合運動公園陸上競技場をスタートし
男子は7人で42.195km
女子は5人で21.0975kmを走り、襷を繋ぎます。
 
今年も残念ながら地元の京都代表は
優勝とはなりませんでしたが
男子の洛南は7位
女子の立命館宇治も6位と健闘しました。
 
以前、年明けに京都で開催される
「皇后盃全国女子駅伝」の京都府チームを
取材させてもらったことがあるんですが、
やはり京都を舞台に開催される大会ということで
地元の京都府チームには
沿道から大声援が飛ぶそうです。
 
「全国高校駅伝」も
47都道府県、それぞれを代表するチームが
出場しているわけですから
おそらく同じように
京都府代表チームには
ホームの強みがあるのではないかと思います。
もちろん、それと同時に
プレッシャーもあるのでしょうが。
 
そんなホームチームへの大声援も物ともせず
今大会、栄えある栄冠を手にしたのは・・・
 

IMG_20181223_143311.JPG

男子は
広島の名門・世羅高校を抑えた岡山の倉敷高校。
 
そして、女子は
悲願の初優勝を飾った鹿児島の神村学園。
 
いずれも途中の逆転劇からの優勝で
見ごたえたっぷりのレースでした!
 
年が明けた
1月13日(日)には
まさに先述の「皇后盃全国女子駅伝」が開催されます!
 

スクリーンショット 2018-12-23 18.28.21.png
画像
http://www.womens-ekiden.jp/

中高生から社会人が一つのチームとなり
襷を繋ぐという
走る側も、観る側も
他の大会と違った魅力のある大会です。
 
京都府チームは
昨年優勝したものの
今年は連覇ならず、惜しくも準優勝。
2019年は女王の座奪還なるか!?
年明けも楽しみです♪
暖かくして沿道から応援しましょ〜!
 
 
 
 
「全国高等学校駅伝競争大会」
 
「皇后盃全国女子駅伝」
http://www.womens-ekiden.jp/