【見たい】冬の京都の夜を彩るイベントが今年もスタート♪

12月に入ったというのに真夏日!?
な〜んて異常気象も何処へやら〜???
大寒を過ぎた途端に
京都にも雪が降り
一気に真冬に突入といった感じですが
みなさまいかがお過ごしですか〜?
 
早いもので
もう2018年もあと3週間ほど。
気忙しい毎日かと思いますが
京都の冬の風物詩といえる
「嵐山花灯路」が今年もスタートしています!
 
「嵐山花灯路」
〜12月17日(月)
点灯時間:17時〜20時30分
 
 

arashiyama13.jpg
画像:京都フリー写真

 
 
平成17年から開催されている
嵯峨・嵐山地域の花灯路も
今年が平成最後の開催となります。
 
寺院、神社をはじめ
歴史的な文化遺産や町並みなどが
日本情緒あふれる露地行灯の灯りや
お花で演出され
素敵な雰囲気に包まれます♪
 
 

arashiyama12.jpg
画像:京都フリー写真

 
 
 
渡月橋や竹林など
嵯峨・嵐山の名所のライトアップは
もちろん押さえておきたいところですが
個人的にぜひ見ておきたいのが
「法輪寺」と
京福電鉄嵐山線嵐山駅の「キモノ・フォレスト」です!
 
「法輪寺」といえば
以前投稿した記事でも何度か紹介したことがありますが、
古くから十三参りのお寺としても有名ですし
近年は「宙フェス」が開催されるメイン会場としても
有名なお寺ですね。
 
フェスをお寺で開催するなんて
そうそう無いかと思いますが
「宙フェス」主催者である友人の話によると
「法輪寺」のご住職がとても気さくでユニークな方で
新しい試みにも実に協力的でいらっしゃるんだとか。
そんなご住職だけあって
花灯路期間限定のイベントにも注目です!
 
「デジタルカケジク」と題して
境内や周囲の山に
CG画像を映し出し
まるで万華鏡のような
幻想的な世界を創り出します。
 
国内外で活躍する
石川県在住のデジタルアーティスト・長谷川章氏が
手がける「デジタルカケジク」は必見です!
 
また、期間中は
境内でピアニストによるライブや
お茶の無料接待もあるとか。
 
 
そして、
もう一つ。
京福電鉄嵐山線嵐山駅の「キモノ・フォレスト」。
 

236view.jpg

いわゆる
嵐電(らんでん)の嵐山駅ですね。
2013年にリニューアルされて
改札口を無くしたり
素敵に生まれ変わったのは
ご存知な方も多いかと思います。
 
そのリニューアルの目玉となったのが
この「キモノ・フォレスト」。
インテリアデザイナー・森田恭通氏が手がけたものです。
 
もう5年になるので
みなさんご存知かと思いますし、
こちらは花灯路開催期間中だけの
ライトアップではありませんが
花灯路で訪れたのであれば
やっぱり、「キモノ・フォレスト」も外せませんよね〜。
 
京友禅の生地をアクリルで包み
高さ2mのポールにしたものが
駅構内や線路脇のあちこちに設置され
京友禅の林に見立てられているわけです。
その数なんと600本!!!!
インスタ映え間違いなし!!!!
 
ぜひ、ルートに組み込んでみてくださいね〜。
とはいえ、夜はかなり冷え込むことが予想されますので
暖かくして行かれることをお勧めします。
 
 
 
 
 
 
 
嵐山花灯路