【見たい】京の原風景残る里で、秋の風物詩を楽しみましょ♪

10月も半ばを過ぎ
すっかり秋ですね〜。
 
京都の原風景が残る
大原の秋の風物詩といえるイベントが
今年も開催されます。
 
京都市北部に位置し
平安の歴史と豊かな自然に囲まれた里山・大原で獲れた柴や薪、
農作物などを頭に乗せて
京の町まで売りに歩いた行商の女性をフィーチャーしたお祭り
「大原女(おはらめ)まつり」。
 

DSC_5557_Fotor-300x225.jpg
画像
http://kyoto-ohara-kankouhosyoukai.net/info/3528/

 

春と秋に開催されるもので
今年の「秋の大原女まつり」は
10月26日(金)〜11月11日(日)開催。
 
「大原女」は
紺色の着物に赤いたすきをかけた独特の衣裳がトレードマーク。
寂光院に穏棲された
建礼門院に仕えた阿波内侍が
着ていた衣装が原型といわれています。
 
期間中は、
事前予約で
通常2,500円の大原女着付け体験が
1,000円になります。
大人はもちろん、
子ども用サイズもあるので、
親子で一緒に
大原女体験を楽しむこともできますよ〜!
 

スクリーンショット 2018-10-11 14.09.45.png
画像
http://kyoto-ohara-kankouhosyoukai.net/info/3528/

 

 

また、
「秋の大原女まつり」企画の一環として、
毎年恒例となっている
大原の子どもたちによる
『大原女ミニ時代行』も実施されます。
 
10月27日(土)13:00〜
勝林院を出発し、
三千院などを参拝〜寂光院へというもので
大原女の衣装を身に付けた
大原の子ども達が里山を練り歩くという
実にほのぼのとした可愛いイベントです。
 

スクリーンショット 2018-10-11 14.10.04.png
画像
http://kyoto-ohara-kankouhosyoukai.net/info/3528/

 

 

「秋の大原女まつり」が開催される
10月下旬は
コスモスが見頃となる季節でもあるので
美しいコスモス鑑賞も一緒に楽しめますよ♪
 
お土産には是非
大原名物のしば漬けを!
我が家でも人気で
八瀬・大原近辺に行った際は必ず買って帰ります。
おすすめです♪
 

IMG_3688-300x225.jpg
画像
http://kyoto-ohara-kankouhosyoukai.net/info/3528/

 
 
問合せ:大原観光保勝会
電話:075-744-2148