【見たい】思わずうっとり〜♪秋の夜長におすすめのNightイベント!

夏の夜も
湿度や匂いが独特で
それはそれで雰囲気がありますが
秋の夜は
「秋の夜長」という言葉もあるように
雰囲気があって素敵ですよね〜。
 
そもそも
「秋の夜長」とは
太陽の昇っている時間が短くなる
立秋を過ぎた頃〜冬至あたりまでの
時期を指したそうですが、
今現在は
立秋の8月7日ごろは
まだまだ夏真っ盛りで
日も長いですし
冬至はクリスマス間際ですからねー。
 
「秋の夜長」と呼ぶにふさわしいのは
ちょうど今頃の
10月の涼しくなってきた時期から
10月いっぱい、11月初旬ごろまでかな〜と。
 
そんな、まさに「秋の夜長」の時期に
「秋の夜長」を楽しむのにピッタリなイベントがあるんですよ〜♪
 
まずは、こちら!
10月に開催される花火大会を二つご紹介します。
 
1つ目は・・・
城陽市の
京都府立木津川運動公園で開催される
「城陽秋花火大会2018」。
 
10月14日(日) 
15:00~20:00(花火打上げ19:00~)
 

スクリーンショット 2018-10-04 13.28.42.png

夏の風物詩ともいえる花火大会ですが、
ここ、城陽の京都府立木津川運動公園(五里五里の丘)では
秋に開催されているんです!
今年は1200発もの花火が打ち上げられる予定です。
 
花火大会と同時開催される
「JOYOフェスティバル」も一緒に楽しむのがおすすめ!
模擬店やフェスなどが実施されるんだとか。
なお、17時以降に花火大会会場(公園内)に
入場するには観覧パスが必要なので
事前に要確認くださいね!
 
観覧パス交換チケット
販売日:8月20日(月)~10月12日(金)
1枚500円
販売場所:城陽商工会議所、城陽市観光協会、京都府立木津川運動公園
 
 
 
 
そして、10月に開催される
もう一つの花火は・・・
日本三景でもある
天橋立阿蘇海上で打ち上げられる
「天橋立ふゆ花火」。
 
10月28日(日) 
16:00~20:30(花火打上げ19:30~)
 
 

スクリーンショット 2018-10-04 13.32.01.png
画像:http://www.amanohashidate.jp/fuyuhanabi/

 
 
およそ2000発もの花火が
海上に打ち上げられます。
日本三景の天橋立と花火のコラボレーションは見もの!
海面に写りこむ花火がまた美しいんですよね〜。
 
ふゆ花火というネーミングの通り
この時期の日本海側の夜は初冬の寒さですので
暖かくして行かれることをおすすめします。
 
 
 
さらに、花火とは別に
秋の夜を彩るイベントをもう一つ。
 
良質な筍の産地としても有名な
向日市向日丘陵内「竹の径」などで開催される
「竹の径・かぐやの夕べ」。
 
10月20日(土) 17:30~20:30
10月21日(日) 17:30~20:00
 

98060d571f9ae9e619829820e40540b0161f3149.png

向日市北西部、向日丘陵に広がる竹林。
その中に続く1.8kmの散策道「竹の径」は、
竹林浴の地として親しまれています。
夕闇深まるこの竹林一体に、
4000本以上の竹行灯の明かりが灯り、
会場内の寺戸大塚古墳には
竹あかりに照らされてかぐや姫が登場します。
さらに、音楽ステージや飲食ブースなど
様々なイベントも開催されるイベントです!
 
 
 
 
秋の夜長を満喫できるイベント。
大好きな人と素敵な時間を過ごしましょ♪
 
 
 
 
 
城陽秋花火大会2018
問合せ:城陽秋花火大会2018実行委員会
電話:0774-55-4838
 
 
天橋立ふゆ花火
問合せ:天橋立観光協会
電話:0772−22−8030
 
 
竹の径・かぐやの夕べ
問合せ:向日市観光協会 (向日市企画広報課内)
電話:075-963-6504