【見たい】現代日本を代表する6人のクリエイターによる異色のコラボ作品が特別公開!

夏休みも終わり
9月に入り
二学期が始まりましたね〜。
朝晩は若干涼しくなり
少しずつ、ほんと少〜しずつですが
秋の気配を感じられるようになってきましたかね?・・・
 
さて、
そんな中
9月1日から話題のイベントがスタートしています!
 
 
「大徳寺 真珠庵『特別公開』」
〜12/16(日)
 
 

01.jpg
北見けんいち「楽園」
画像:京都春秋 

 
 
大徳寺といえば
「一休さん」でもおなじみの一休宗純ゆかりのお寺。
漫画やアニメの「一休さん」は
一休宗純をモデルとした”とんち”話を原作としていますが
実際、この一休宗純は
型破りな禅僧として当時から有名だったようです。
 
その大徳寺の塔頭である真珠庵に所蔵している
重要文化財の襖絵が修復されることとなり
およそ400年ぶりに襖絵が新調されたのです!
 
由緒あるお寺の襖絵となると
さぞかし立派な水墨画では?と推察する方も多いかもしれませんが
そこは型破りな一休宗純ゆかりのお寺とあって
コンセプトは、なんと!「なんでもあり」!!!!
 
新たなる襖絵を手がけたのは
現代日本を代表する6人のクリエイターたち。
 
映画作品としても大人気の長寿漫画「釣りバカ日誌」の作者、
漫画家の北見けんいち氏、
大ヒットアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の制作会社代表であり、
映画監督でもある山賀博之氏、
「ファイナルファンタジー」シリーズを手掛けた
アートディレクター、上国料勇氏など
そうそうたる顔ぶれ。
 
 
 

03.jpg
上国料勇「Purus Terrae 浄土」
画像:京都春秋 

 
 
 
全45面の作品はどれも見ごたえ抜群!
型破りな僧侶が開いたお寺×個性溢れるクリエイターたちによるコラボは
期間限定の特別公開。
お見逃しなく!
 
 
 
 
 
大徳寺 真珠庵 特別公開
2018年9月1日(土)~12月16日(日)
9:30~16:00(受付終了)
※10月19日(金)~21日(日)は拝観休止
所在地:京都市北区紫野大徳寺町53
問合せ:京都春秋
電話:075-231-7105