【見たい】話題の写真展開催中!京都駅ビルの美術館へ行こ〜♪

ゴールデンウィークも終わりましたね〜。
今年は最大9連休という大型連休でしたが
みなさんはどのように過ごされました〜?
連休明けで五月病真っ只中!という方もいらっしゃるかと思います。
連休中にすっきりシフレッシュ!という方もいらっしゃるでしょう。
 
今回は
5月13日(日)まで開催のイベントについて
ご紹介したいと思います♪
 
ところで、みなさん!
京都駅に美術館があるのはご存知でしたか〜???
 
京都駅ビルの百貨店「ジェイアール京都伊勢丹」7階に隣接する場所に
その名も「えき」という美術館があるんです!
 
京都駅の、あの大階段からも入場できるという
ふらっと気軽に立ち寄れるのも魅力の美術館で
絵画、写真、絵本、アニメ、ファッションなど
幅広いジャンルの話題性豊かな展覧会を企画しています。
 
その、美術館「えき」KYOTOで現在開催されているのが
「蜷川実花写真展
UTAGE
京都花街の夢
KYOTO DREAMS of KAGAI」。
 

8aff458dbe5c117be5dd93c932af9577-900x600.jpg
尚あい(上七軒・舞妓) © mika ninagawa, artbeat publishers

皆さんもよくご存知の
現代日本を代表する写真家・蜷川実花さん撮り下ろし。
「花街」と、四季折々の美しい京都の「景色」を合わせた
約80点の作品が展示されています。

 

b4f3fe789725608f6c0784c3694a8c7d-900x600.jpg
つね有(祇園東・芸妓) © mika ninagawa, artbeat publishers


「花街」では、
京都の花街、
祇園、甲部、宮川町、先斗町、上七軒、祇園東、
これら五花街それぞれから選び抜いた芸妓・舞妓15名を
ひとりひとりのイメージに合わせたセットで撮影されたんだとか。

 

9fbe5cef0637ea7de5da84f497a8a101-900x600.jpg
とし真菜(宮川町・芸妓)  © mika ninagawa, artbeat publishers

 
 
何かの番組で見たことがあるんですが、
蜷川実花さんのご自宅には
撮影に使うカラフルな布や小物などのアイテムが
たくさんストックされていて
ご自身で撮影のイメージに合わせて準備されているとおっしゃっていました。
 
今回の作品でも
ビビッドな色使いや、モデルの雰囲気、仕草、まなざしなど
蜷川実花さんならではな世界を見せてくれていることでしょう。
 

57e61eb528ae006039d94534b8132d0d-900x600.jpg
市結(先斗町・舞妓) © mika ninagawa, artbeat publishers

 
 
京都の伝統美の結晶ともいえる芸妓&舞妓を
蜷川実花さんが撮り下ろした作品がズラリ!
これは見に行くしかないでしょ!!!!
 
 
 
 
美術館「えき」KYOTO
所在地:京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
ジェイアール京都伊勢丹7階隣接
電話:075(352)1111(大代表)