【見たい】目に麗しい、でもちょっと怖い!? これからが見頃!○の花♪

今年は桜の開花がものすごーく早かったですが
やはり、桜のみならず他の花も
例年よりも早く咲いているようですね。

我が家の庭の
藤の花も今年はもうすっかり咲いています。

私が通っていた小学校には
藤棚があったので
子どもの頃から
藤の花ってキレイだな〜と思いながら見ていました。。。

tobajosuijo1.jpg
画像:鳥羽水環境保全センター 京都フリー写真素材
 

日本では
平安貴族の時代から
紫は高貴な色とされていましたが
日本の伝統色の一つに
「藤紫」というものもあります。
まさしく藤の花のような明るい青紫色のことをさし、
「藤色」と高貴の象徴「紫」を組み合わせた色名です。

藤の花は
その高貴な色のせいもあるのか
古くから万葉集をはじめ俳句や短歌などにもよく詠まれています。

紫式部の「紫」も
藤の花を意味しているとも言われているとか。
源氏物語にも「紫」や「藤」が付いた名前の人物が登場します。
これも藤の花が関係しているようですね。

源氏物語で「藤」というと
「藤壷」が思い浮かびますよね?

光源氏の義理の母親です。
光源氏の父親である帝の後妻。
とはいえ光源氏とはさほど歳の差はなかったようですね。
亡くなったお母さんの面影をもつ藤壷に
光源氏は恋をするわけです。
その一方で、藤壷の姪の紫の上を自分好みに育てあげ妻にする中、
藤壷との間に男の子が生まれる・・・と
ドロドロの三角関係が繰り広げられたりするわけですが。。。

実は
藤の花の花言葉には
「優しさ」、「恋に酔う」などの他に
「決して離れない」という意味もあるそうです。

tobajosuijo2.jpg
画像:鳥羽水環境保全センター 京都フリー写真素材

 

太く長く、巻き付く力が非常に強い藤のツル。
一度絡み付いたら離れない・・・
というところから来ているんですかね?

源氏物語にみる恋愛関係にもあるように
ドロドロの関係になると思うと
かなり怖〜〜〜〜〜いですよね!?(笑)

やはり美しいものには刺があるというか
怖い部分があるということなのでしょうか!?

少しホラーな感はありますが、
この時期にしか見られない
美しい藤の花を見に行きましょう♪

気候、天候によって開花時期は異なりますので
事前にチェックされることをおすすめします!

jonangu6.jpg
画像:城南宮 京都フリー写真素材

 



鳥羽水環境保全センター
住所:京都市南区上鳥羽塔ノ森梅ノ木1
TEL:075-661-3755
http://www.city.kyoto.lg.jp/suido/page/0000182766.html


城南宮
住所:京都市伏見区中島鳥羽離宮町7
TEL:075-623-0846
http://www.jonangu.com/