2018年3月アーカイブ

【食べたい・買いたい】お花見シーズン到来!フォトジェニックなお花見弁当♪

このところ雨風が強くて寒い日が続いていましたが
今日からまたポカポカ陽気♪
いよいよお花見シーズンがやってきましたね〜!

美しい桜を眺めながら
美味しいお料理やお酒をいただくなんてサイコー!!!!
ですよね?(笑)

というわけで!
今回は
味はもちろん、見た目も可愛い
フォトジェニックなお花見弁当をご紹介したいと思います。

まずは、
千手観音像含め1000体以上の仏像が安置されていることでも有名な
三十三間堂に隣接する
ハイアットリージェンシー京都内のレストラン「東山(とうざん)」の
「東山(Touzan)特製 お花見弁当(5000円・税別)」。

hyatt.250.140.png.pagespeed.ic.WmaOqTPB48.jpg
画像:ハイアットリージェンシー京都

 

壱の段には、
筍、京赤地鶏、飯蛸、車海老、京芋、近江蒟蒻、湯葉、桜麩など
京都ならではな旬食材がふんだんに。
そして弐の段には、
目にも鮮やかなちらし寿司!
穴子、いくら、漬けマグロ、鯛の昆布〆などが贅沢に。

4月8日(日)までの期間限定販売で、
1日20個限定!(2日前までの要予約)。
詳細は下記webサイトにて確認を。

続いては、
京都・北山にある「花梓侘(かしわい)」の
「つまみ寿し(15貫3132円・税込)」。

tsumami_online_10.jpg
画像:花梓侘

 

も〜〜〜っ、思わず「カワイイ〜〜!」と
声が上がること間違いなし!
一口サイズで
つまんで食べられるのもお手軽なので
お出かけにピッタリ!
赤酢で甘みを抑えたシャリに、
漬けマグロや鯛の昆布〆、生湯葉、生麩など
京都らしい食材もたっぷり。
ちょっとずつ色々食べたい女子に持って来い!

「花梓侘」のオンラインショッピングや
JR京都伊勢丹などで購入可能。

ラストは
明治32年創業、京料理の老舗「六盛(ろくせい)」の
「手まり寿司弁当(1500円〜)」。

rokusei.jpg
画像:六盛
 

先代考案の「手をけ弁当」が有名ですが、
二段になった丸い器に彩りよく盛られた
「手まり寿司弁当」は大人気のお弁当です。

海老、穴子、鯛などを一口サイズに握った手鞠寿司に
鴨ロース、だし巻卵、野菜の煮物などが
と〜ってもカラフルで
見ているだけで楽しいお弁当。
平安神宮側の店舗、もしくはJR京都伊勢丹で購入できます。

予約必須、数量限定のものもあるので
段取りはお早めに〜♪

この時期限定のお花見、
上を見れば桜
下を見れば彩り豊かなお弁当で
今年のお花見も満喫しましょうね〜。


※店舗や商品情報、取扱いの有無等は時期により異なる場合があり情報は変更になる可能性があります。

ハイアットリージェンシー京都
「東や魔(とうざん)」
https://kyoto.regency.hyatt.com/ja/hotel/news-and-events/news-listing/hanami-bento-2018.html


花梓侘(かしわい)
http://kyotojapon.co.jp/k/


六盛(ろくせい)
http://www.rokusei.co.jp

【食べたい・買いたい】ドライブ&旅行途中にオススメ!人気の「道の駅」に行って来ました〜♪part2

ぽかぽか陽気の日が続いていましたが、
今日は久しぶりに冷えますね。
私は花粉症に悩まされているので
雨だと少し助かりますが
でも、やっぱり早くあったかくなって欲しいですね♪

さて、今回も前回に続いて
先日の旅行で立ち寄った道の駅について書きたいと思います!

久美浜カニ旅行の帰路に立ち寄ったのは
こちら!
「丹後王国 『食のみやこ』」。

 

スクリーンショット 2018-03-14 8.21.04.png

西日本最大級の道の駅です。
宿泊施設も備える滞在型道の駅としても有名ですかね?

甲子園球場約8個分という広大な敷地には
丹後の地元食材が味わえるレストランのほか
焼きたてパンのお店や、
お土産品が豊富に揃うショップに
農家さん直送の直売所など
まさに「食のみやこ」!

DSC_4099.JPG

帰路のランチはどこで食べよう・・・
牛肉もいいな、海鮮もいいな
どれにしよ〜?と迷った末に
お店の前に居た店員さんの
「地元・丹波高原でパンやお米などの飼料で育てた三元豚が食べられますよ〜」
という声に誘われ
「トン’sキッチン」に決定!

DSC_4100.JPG

京都が誇るブランド豚「京丹波高原豚」がいただけるお店です。
パンやお米などを配合した飼料で育てることで
色鮮やかなピンク色で甘みのある
柔らかな霜降り肉に育つそうですよ〜。
西日本豚枝肉コンクールなるものがあるそうで
そこで最高位を二年連続受賞し、
昨年9月には三度目の受賞をした
折り紙付きの絶品肉がいただけます。
DSC_4102.JPG
バーベキューやとんかつも魅力的だったんですが
私はポークステーキにしてみました。
ソースをかけると鉄板ジュ〜ジュ〜!
いい香りが食欲をそそります。
いっただっきま〜す!と
スクリーンショット 2018-03-14 8.16.20.png

お肉を頬張ると、とっても身が柔らかくてジューシー
お肉に甘みがあって、美味しいんです〜。
ほかのメニューも美味しそうだったので
全メニュー網羅してみたいですね!?

DSC_4098.JPG

ランチの後は、敷地内をちょっとお散歩。
なんてったって甲子園球場8個分ですからね。
歩きたい放題です(笑)。
芝生の広場には羊もお散歩してましたよ♪

スクリーンショット 2018-03-14 8.15.40.png

「食のみやこ」と聞くと
食べ物だけかと思うかもしれませんが
これが色々楽しめるんです。

DSC_4088.JPG

羊のほかポニーなどの動物がいる
動物ふれあい牧場や、
おもしろ自転車やゴーカートにも乗れたりします。

DSC_4086.JPG

私もはりきって
おもしろ自転車、乗りましたよ〜!
自重と膝のバネをうまく使って進んでいく自転車に
真っ先に乗ったんですが、
これが案外大変で・・・。
体重のせいでバネが今ひとつうまく跳ね上がらず一周するのに
結構時間がかかり
筋肉痛確定!となるほどパワーを使い果たしました(笑)。

スクリーンショット 2018-03-14 8.15.57.png

さらに、調子にのって
芝すべりも、子どもたちに混じって体験。
これまた体重のせいで勢いが今ひとつだったんですが
準備されている霧吹きをソリの裏に吹きかけると
格段にスピードアップ!
ご機嫌に風をきって楽しむことができました〜。
DSC_4108.JPG
夜には約100万球のLEDライトのイルミネーションで
園内が美しく彩られます。
日中だけでなく夜はまた別の楽しみ方のできる丹後王国。
食はもちろん、遊びも充実の丹後王国。
ぜひ、立ち寄ってみてくださいね♪


丹後王国
https://tango-kingdom.com/

【食べたい・買いたい】ドライブ&旅行途中にオススメ!人気の「道の駅」に行って来ました〜♪part1

もうすぐ今冬のカニも食べ納め〜!ということで
週末に久美浜までカニを食べに行って来ました〜!
と言っても、私は甲殻類アレルギー・・・(泣)。
なので、私だけフツーのコース料理でしたが、
立派な松葉ガニを見て(笑)、美味しいお肉やお魚、お野菜をいただき
旅行は満喫致しました〜♪

もちろん、目的地だけでなく道中も楽しみましたよ!
旅行は
移動中も楽しいものですからね〜。
車窓からの眺めや、お昼ご飯・・・
道中こそが旅の醍醐味!といっても過言ではないでしょう。

今回はマイカー移動ということで
人気の道の駅に寄って来ました!

まずは、こちら!
京都の南北をつなぐ京都縦貫自動車道の全線開通に伴い
2015年にグランドオープンした「道の駅 京丹波 味夢の里」。

IMG_20180310_121848.JPG
京都縦貫自動車道からも、一般道からも
両方からアクセス可能な道の駅なんですよ〜。

高速道路での休憩所としてだけでなく
ここを目的地として、遊び場としての利用もされるということですよね。
となると、もちろん充実の内容が期待されます。

オープン以来初の来訪ということで
「どんなんかな〜?」とワクワクしながら車を降りた私。

DSC_4041.JPG

テイクアウトフード屋さんもづズラ〜っと並んでいます。
今すぐにでも買いたい、食べたい気持ちを抑え、
ま、とりあえずはおトイレですね(笑)。
これが!
2015年オープンで新しいこともあり、
キレイです!
最近のSAPAなどはキレイなおトイレが増えていますが、
こちらのおトイレも
明るくて、清潔感のあるおトイレで
あったか便座機能もついていて、ほっとします(笑)。
京都府内で採れるヒノキを使ってるそうなので、
それでですかね?どこか癒されます。
女性にとっては
おトイレがキレイって重要ですもんね。

さてさて、おトイレを済ませた後はお待ちかねのランチ♪
食券制のフードコートもありましたが
私たちは、黒豆や丹波ポークなどご当地食材を取り入れたメニューが豊富なレストラン
「丹波里山レストラン Bonchi」へ。

スクリーンショット 2018-03-13 10.44.30.png

週末のお昼時ということで、少し並んでいました。
ウェイティングボードに名前を書き
しばし時間を潰します。

その間、私はウロウロ。
施設内をあちこちブラブラキョロキョロ。

DSC_4043.JPG

レストラン入口のすぐ側にある
「京丹波ステーション」に
ずら〜〜っと置かれているパンフレットを見てみたり、
ガラス張りでうどんや瑞穂蕎麦の製造風景が見える
京丹波特産品工房を覗いてみたり、
向かいの建物の「京丹波マルシェ」を一周ぐる〜っとまわってみたり・・・。
かなり足早に見て回りました。

IMG_20180310_124623.JPG

「京丹波マルシェ」には
たっくさ〜んのお土産品や
とれたての野菜やお米などが並んでいます。
イチゴなんて、お〜〜っきな粒で
美味しそ〜でしたよ〜!!!

DSC_4052.JPG

以前、取材させていただいた丹山酒造さんのお酒も
この通り!並んでました!

スクリーンショット 2018-03-13 10.45.58.png

翌日の帰路にも寄ったんですが
帰りはもう夕方に近い時間だったので
結構お野菜やイチゴは品薄でした。
往路はお昼時に寄ったので
品揃えは充分でした。
直売コーナーで鮮度の高い商品を狙っている方は
早めの時間帯がいいでしょうね〜。

そろそろかなぁ・・とレストランに戻ると
ちょうど名前が呼ばれました♪

私が注文したのは・・・
ホテルグランヴィアの総料理長と共同開発されたという
「京丹波黒どんぶり」(990円)!

スクリーンショット 2018-03-13 10.45.15.png

黒豆や大黒本しめじ、丹波黒どりなど
「黒」が付く地元食材がふんだんに使用された
どんぶり定食です。
大黒本しめじが
ぷりっとしてジューシーで美味しかったです。

IMG_20180310_124413.JPG

ほかにも、「黒豆衣の丹波黒どり南蛮」(1480円)や
「丹波黒どりのむね肉のから揚げ」(1280円)など
地元食材を使ったメニューが揃います。
どれも美味しそうでしたよ〜!
 

スクリーンショット 2018-03-13 10.45.33.png

さらに、セルフサービスのお茶が
黒豆茶というのも
私としてはポイントが高いです。

香ばしい黒豆茶。
美味しいだけでなく、ポリフェノールが身体にもいいですからね♪

ご飯ですっかり満腹だったんですが、
やっぱりコレは外せない!と
外のテイクアウトフードコーナーで
黒豆ソフトもちゃっかりいただきました。

黒豆の風味が豊かで
自然な甘みでペロリと平らげました♪

味夢の里は
すぐ隣に古墳があるというレアな道の駅としても人気です。
「塩谷古墳公園」として散策道なども設けられているので
近くで古墳を見ながらのんびりできる癒しスポットになっています。
この古墳から出土した2体の巫女埴輪をモチーフにした
Miko twins(巫女ツインズ)のお菓子やグッズなど
お土産品も「丹波マルシェ」で買えますよ〜。
古墳好き、埴輪好き、キャラ好きな方にもオススメ!の味夢の里。
ぜひ、旅の途中に、そして目的地として訪れてみてください♪

スクリーンショット 2018-03-13 10.44.53.png

道の駅 京丹波 味夢の里
http://ajim.info/

【見たい・知りたい】今日からスタート!この時期限定のおすすめイベント♪

近頃ぐ〜んと気温が上がり、あの厳しかった冬はどこへ?
というような、ぽかぽか陽気の日が続いていましたね〜。
三寒四温というので、まだヒンヤリする日はあるでしょうが
春の訪れを感じる今日この頃
おでかけしたくてウキウキしてきますよね♪

そこで今回は
おでかけにオススメの、この時期限定のイベントをご紹介!

まずは、
すっかり京都の恒例イベントとして定着したといえる
「京都・東山花灯路-2018」。
【日程】
2018年3月9日(金)~18日(日)
18:00~21:30 ※雨天決行

678c385c336b37190be0127630b407e6_m.jpg

青蓮院~円山公園~清水寺といった、
多くの観光スポットが点在する東山エリアの夜を美しく彩るイベントです。
有名な寺社や散策路をLED電球を使用した露地行灯で照らし出し
幻想的な雰囲気が醸し出されています。

211e0ac851cf0f62d5e755397bbd10f9_s.jpg

青蓮院、八坂神社、圓徳院、高台寺、清水寺では
夜間の特別拝観も行われています。
ライトアップされた美しい姿が見られます。

また、
灯りと花の路沿いの10箇所に、
いけばなを展示する「いけばなプロムナード」や、
清水寺前の特設ステージで歌やダンスを披露する
コンサートも開催されます。

詳細はHPでチェックしてくださいね!

続いて紹介するのは
「高台寺春の特別展『バロン吉元/寺田克也 バッテラ展』」。
【日程】
2018年3月9日(金)~5月6日(日)
9:00~22:00(受付終了21:30)

DWSX3oGV4AAj9ut.jpg

バロン吉元氏・寺田克也氏をご存知でしょうか?
様々なカルチャーを越境しながら、
独自の創作を現在進行形で探求し続けるアーティスト。
バロン吉元氏は劇画ブームを築いた一人。
一方、漫画家であり、ゲームやアニメのキャラクターデザインも手掛ける寺田克也氏。

そのお二人が龍をテーマに公開制作した
襖絵などが展示される「バッテラ展」が高台寺で開催されます。

繊細なタッチで描かれた迫力あるアート作品は
一見の価値あり!


どちらのイベントも
本日、9日(金)から開催!
桜にはまだ少し早いですが、
この時期ならではのイベントを楽しみにおでかけしてみませんか?

夜はまだ肌寒いので
暖かくしておでかけしてくださいね♪
06f16f5255802677155daf1e2e8a6aa4_s.jpg

▲高台寺ライトアップ


「京都・東山花灯路-2018」
http://www.hanatouro.jp/higashiyama/

「高台寺春の特別展『バロン吉元/寺田克也 バッテラ展』」
http://www.kodaiji.com/index.html