【見たい・やりたい】京都は○○発祥の地って知ってました〜?

みなさん!ご覧になりました〜?
昨日の「皇后盃全国女子駅伝」。
 

IMG_20180115_082120.JPG

新春の京都を駆け抜ける、都道府県対抗の女子駅伝大会。
中学生から、高校、社会人が都道府県ごとにわかれ
襷を繋ぐという女子の全国駅伝大会はこれだけ!

IMG_20180115_082157.JPG

今年で36回目となるこの大会、
京都が舞台ということもあり
地元京都府チームはなんと!優勝回数16回!!!
36回中16回とダントツの優勝回数を誇ります。
 
昨年はデッドヒートの末、王者奪還を果たした京都府チーム。
2連覇を狙っていたんですが、
今年は残念ながら2位でフィニッシュという結果に終わりました・・・。
ほんま惜しかったぁ〜〜〜〜。
 

IMG_20180115_082042.JPG

今回、とある企画で
京都府駅伝チームの年末合宿を取材させていただいたこともあり
一段と京都府チームの応援に熱が入った私。
 
年末の合宿は中高生ランナーのみだったので
社会人ランナーにはお会いできなかったんですが、
もう、みんな可愛いんです!
 
長距離ランナーは細い方が多くて
そういう体型の方が向いているとは知っていたものの
ほんとに皆さん細くてちっちゃくて。
こんなにちっちゃい身体で、あの寒空の下を必死で走るのかぁ〜
と思っただけで、応援したくなってしまったほど(笑)。
 
でも、走ると違うんですよね〜。
昨日の大会でご覧になった通りです。
「アスリート!」って顔になって
みんなかっこいいんですよね〜♪
 
8区を走った中学生ランナー・橋本選手においては
笑顔で走っているように見えませんでした〜?
トップランナーに襷を繋ぐ「憧れの大会」と
中高生ランナーたちが口を揃えて称していたので
その憧れの舞台に立っていることを
楽しみながら走っているのかな〜などと思いながら
観戦していました。
 
今回は残念ながら優勝を逃した京都府チームですが
きっと来年はまた頂点に返り咲いてくれることでしょう!
 
冒頭にお話した通り
京都府チームは過去最多優勝を誇る常勝軍団なわけですが
何故、京都はそんなに強いのか???
 
もちろん、コース試走がしやすい
応援の数が圧倒的に多いなど
地元開催ならではのメリットはあるかと思いますが
それだけではないんじゃないかな〜と。
 
実は、駅伝発祥の地なんです!京都って。
三条大橋の袂に、記念碑も建てられているんですよ。
 

スクリーンショット 2018-01-15 13.18.37.png

1917年に三条大橋から東京の上野までの約500km・23区間を走り抜けた
壮大なレースが世界初の駅伝レースなんだとか。
 
駅伝発祥の地だからなのかはわかりませんが
京都には小学生が出場する「大文字駅伝」なる大会もあるんです。
 
京都府駅伝チームの中高生ランナーたちも
この「大文字駅伝」出場を目指して陸上を始めた選手、
「大文字駅伝」に出たのを機に長距離走に目覚めた選手が多いんですよね。
 
長い歴史、
そして、幼い頃から駅伝を楽しむ環境がある!というのも
常勝京都の大きな要因ではないでしょうか?
 
初々しい中学生ランナーから、世界を舞台に戦うトップランナーたちが
共に襷を繋ぐ「皇后盃全国女子駅伝」。
今年も感動をありがとうございました!