【食べたい・買いたい・欲しい】京料理の名店オリジナルの日本酒でカンパ〜イ♪

クリスマスももう目前!
まさに年の瀬!
年越し、新年を迎える準備は進んでますか〜?

12月初旬の投稿で
毎年恒例の着付け部イベントで紅葉を見に行ったお話は書きましたが
今回は、
その際にお昼の食事で訪れたお店のことについて
書きたいと思います♪

24131332_1501676376606329_2869027166267842410_n.jpg

京料理の名店「和久傳(わくでん)」さん!
私たちがお邪魔したのは
地下鉄烏丸御池駅から歩いてすぐのところにある
室町和久傳さんです。

「和久傳」さん初体験の私は
和風モダンかつシンプルな看板&エントランスから
ワクワクドキドキ興味津々。

予約の名前を告げ、お部屋に通していただくと〜
素敵なカウンター割烹のスペースに。
総勢11名ということで
今回は、こちらのスペースを貸切で使用させていただきました。

24294096_1501676819939618_9196897334611649090_n.jpg

目の前で盛りつけ、サーブをしてくださり
板さんたちとの会話も楽しみながらお食事をいただくことができました。
イケメン板さんに
やたらと話しかけたり、
盛りつけている様子を
写真に撮らせてもらったりしているメンバーもいたりして(笑)。

まずはじめにお茶を出してくださるんですが
このお茶がハーブティーのような風味で
なんとも爽やかで飲み易いお茶でした。
摘み草茶「かのは」といって
オリジナルのブレンドティーだそうです。

お茶からして美味しくて
このあとに続くお料理への期待値が上がります!

24301466_1501676909939609_9187841495788159850_n.jpg

続いて、食前酒として出してくださったのが
「和久傳」さんオリジナルの日本酒。
素敵なことに竹の容器で提供されます。
器の竹の香りもほ〜んのりするんですが
お酒が、これがほんとスッキリしていて
美味しいんです〜〜!!!
お酒好きのメンバーと
「これはお水のように飲んでしまうヤバいやつ」と言って
絶賛していました。

なんでも、
京丹後の伏流水で、
京丹後に生まれ育った人の手で
仕込まれたもろみのしぼりたてで仕上げられた和久傳特製のお酒だそうで、
青竹と共にお店で購入することもできるんですって。

ネットでも購入できるようなので、
お店に行けないという方は
ネットで注文してみてはいかがでしょう?

青竹の容器込みで8100円なので
お正月のお屠蘇にするのがピッタリかも!?
なんて話をしていました。

みなさんもいかがですか?
「和久傳」さんオリジナルの日本酒で
新年のカンパイ!
おすすめですよ♪

京都の料亭さんといえば
以前、「たん熊 北店 本店」さんにお邪魔した時にも
たん熊北店オリジナルの日本酒「熊彦」をいただいて
そちらも、もの凄い飲み易くて美味しかったのを覚えています。
京料理の名店は
酒蔵にオリジナル日本酒をリクエストして作ってもらうパターンが多いんですかね〜?

いずれも甲乙つけがたい
美酒でしたので
お正月のおめでたいお席でいただくお酒にいかがですか〜?

そうそう、「和久傳」さんのお料理!
そりゃ〜もちろん期待通り、いや、期待以上のお料理が次々と登場し、
みな口々に「わ〜っ!」「美味しい〜っ!」と声に出して
表現していました。

24177158_1501676479939652_8693036480793416509_n.jpg

では、最後にそんな絶品料理を一部写真でご紹介。
献立はコースや季節、その日の仕入れなどによっても変わりますので
ご参考までに。

24177052_1501676516606315_1115116424281627098_n.jpg

〆のご飯がこれまた美味しいのなんのって!
こちらのお米、板さんたちもお米づくりから携わっているそうなんですが
ほんと甘くてね〜。
散々食べた後なのに、ご飯をおかわりする人が続出(笑)。
普段おかわりなんて、まずしない私までもおかわりしちゃいましたから!
お米、お茶、お酒が美味しいお店は、やっぱり「間違いない!」ですよね〜。


それではみささん!
美味しいお酒で新年を迎えましょう〜!
でも、飲み過ぎにはご注意を♪




和久傳
http://www.wakuden.jp/