2017年1月アーカイブ

【知りたい】『鬼は~外、福は〜内」節分にしっかり邪気払いしましょ♪

大寒も過ぎ、一月もあと僅か。
暦でいうところの
一年で一番寒い時期ですね。
京都を含め、日本各地でも大雪に見舞われていますが
みなさま、いかがお過ごしですか?

大寒を過ぎたということは
春の気配ももうすぐということでもありますね。
まさに、旧暦では一年の始まり、春の始まりとされる
立春は2月4日。
もうすぐそこです。
そして、その前日にあたるのが節分です。

 

4976-2.png



「鬼は〜外、福は〜内」と言いながら
豆まきをする。あれですね。

そして、関西では
その年の恵方を向いて
恵方巻きを食べる。あれですね。

今回は、
正しい豆まきの仕方や、豆まきの起源など
節分について調べてみましたので
少しご紹介したいと思います。

そもそも、節分は立春のみならず立夏、立秋、立冬と
それぞれの前日のことを意味しているのですが
江戸時代以降、立春の前日をさす風潮が強くなったんだそうです。

そして、季節の境目、変わり目には邪気が入り易いということから
邪気を払うために
色々な行事が行われるようになり
そのうちの一つが豆まきだったようです。

なぜ豆なのか?
という点については
豆→魔滅(まめ)という当て字のもと
魔物を滅亡させるということで
豆を撒くようになったという説があります。

では、豆まきの正しいやり方については
ご存知ですか〜?

我が家では、
鬼役と豆を撒く役を
子どもと交代交代にやっていたのですが、
一応、縁起がいいと言われているやり方があるようですね。

主が豆を撒くというのが正式だそうで、
年女、年男、厄年の人が居る場合は
それに該当する人が撒くと縁起がいいんだそうです。
確かに、ニュースなどで
年女、年男の有名人が豆を撒いているのを見かけますよね。

まぁ、とはいえ、
他の人がやっても問題はないと思いますし
小さいお子さんが居るお宅は
やはり子どもがやってみたがると思いますので
みんなで役割を決め、交代したりもしながら行えばいいのではないかと思います。

豆を撒く際は
鬼を家から追い出すイメージで
「鬼は〜外」で家の中から玄関へ向かって投げ
「福は〜内」で外から家の中へ向かって投げるのが
正しい方法なんだとか。

そういえば!
数年前まで知らなかったんですが
撒く豆が地域によって異なるってご存知でした〜???

我が家では昔から福豆=煎り大豆を豆まきに使っているんですが
地域によっては落花生を豆まきに使うんだそうです。
これにはビックリしました〜。

たまたま、数年前にうちの母が節分に落花生を買って来ていて
福豆が売り切れだったのかな〜と思いながら
娘と落花生の殻を剥いて豆まきをしたんですよねー。
落花生・・・殻付きのまま投げるんだそうです。。。
それも知らなかった私・・・(笑)。

殻付きだと投げても
拾ってそのまま食べられるというのがメリットの一つでもあるようですね。

北海道や東北などの寒い地域や、鹿児島などの九州でも
落花生が用いられているようですよ。
ほんと、これには驚きました。

あ!
豆まきをした後は
数え年の数だけ豆を食べると厄払いになるとも言われていますね。
もはや、私はその数を食べるだけでも結構大変になってきましたが・・・
でも!今年もきっちり食べるつもりです!

皆さんも今年の節分はきちんと邪気払いしましょうね〜♪
 

【知りたい】新春七福神めぐりでご利益アップ♪

ついこないだ年が明けたかと思いきや
もう一月が終わろうとしていますよね。。。
「一月は行く、2月は逃げる、3月は去る」と言いますが
ほんとうに!早い!!!!

そんな中ではありますが
一月が終わる前に
やっておくといいことがあるかも!?というのが
「都七福神めぐり」です!
pics926.gif
七福神信仰は室町時代に京都で発祥し
次第に全国各地へ広まったといわれているそうで、
「都七福神めぐり」というのは
まさに、その名の通り
京都の寺社7カ所を巡拝することをさします。

七福神が祀られている七つの寺社を
一つずつ参拝し
御朱印をいただき、ご利益を頂戴するというものです。

いつ行ってももちろん構いませんが
中でも、この新春の頃か
もしくは毎月七日に巡拝すると
「七難即滅 七幅即生極まりなし」とのことで
ご利益がアップすると言われているそうです。

では、七福神が祀られている寺社を
さらっとご紹介しますね。

◎商売繁盛の神様である
「恵比寿神」が祀られているのは・・・
京都市東山区にある「恵美須神社」。
十日えびす大祭には参詣者が大勢押し寄せる神社ですね。

◎開運招福の神様である
「大黒天」が祀られているのは・・・
左京区にある「松ヶ崎大黒天(妙円寺)」。
五山の送り火の「法」の字の下にあるお寺です。

◎七幅即生の神様である
「毘沙門天」が祀られているのは・・・
南区にある「東寺」。
JRの車窓からも見える五重塔がシンボルですね。

スクリーンショット 2017-01-22 12.28.22.png

 

◎福徳自在の神様である
「弁財天」が祀られているのは・・・
東山区にある「六波羅蜜寺」。

◎延寿福楽の神様である
「福禄寿神」が祀られているのは・・・
左京区にある「赤山禅院」。

◎不老長寿の神様である
「寿老人」が祀られているのは・・・
中京区にある「革堂(行願寺)」。

◎諸緑吉祥の神様である
「布袋尊」が祀られているのは・・・
宇治市にある「黄檗山萬福寺」。


各寺社にて、御軸・大護符・御宝印帖が用意されています。
また、一月いっぱいは定期観光バスも毎日運行されているようですので
この時期に行くのがオススメです♪

都七福神めぐりで2017年の運気アップをお祈りしましょ〜!





■都七福神めぐり
問合せ:都七福神事務局(六波羅蜜寺)
電話:075-561-6980


■定期観光バス
問合せ:京都定期観光バス予約センター 
電話:075-672-2100




 

【見たい・知りたい】寒波が来たら狙い目!一度は見たい京の雪景色♪

この冬は突然寒くなったかと思ったら
冬とは思えないほどあったかい日が続いたり・・・と
おかしな気候になっていますが
ついにやってきましたね〜寒波!!!

私のFBのお友達の投稿でも、
あちこちで積雪の写真がアップされています。

そこで!
今回は、寒波が来たら行きたい!
一度は見たい京都の雪景色をご紹介しようと思います。

私個人的には
もの凄い寒がりなので
雪が降るほど、雪が積もるほど寒い日は
お家の中でジッとしていたいのですが(笑)、
外出を控える方も多くなる雪の日は
人出も少ないので
観光地に行くにも、写真を撮るにもイイかもしれませんね。

ではでは
雪景色をダ〜っとお見せしましょ〜!

まずは
雪の金閣寺!
ゴールドと真っ白な雪とのマッチングが
一段とゴージャスさを増しますよね〜。
外国人観光客には特に人気でしょうね。

kinkakuji11.jpg

 

 

そして
銀閣寺。
金閣寺のゴージャスさとは対照的な
まさに侘び寂びの世界といった感じでしょうか・・・。


ginkakuji1.jpg

 

 

続いて、こちらも圧巻!
清水寺。
真っ白な清水の舞台、美しいですね〜♪


kiyomizudera21.jpg

 

 

さらに
貴船神社。
建ち並ぶ真っ赤な灯籠とのコントラストが神秘的で
独特な趣がありますよね。


kibunejinja4.jpg

 

 

ラストは
嵐山の渡月橋。
ライトアップされた花灯路の時期の渡月橋もムード満天ですが
真っ白に雪化粧された渡月橋もまた風情たっぷりですね・・・。


togetsukyou14.jpg

 

いずれも気候、天候に左右される絶景です。
ここぞ!というタイミングで訪れてみてください。
ただし、交通機関の乱れや
道中の足元にはくれぐれもお気をつけくださいね。
また、雪による拝観や入門可否や時間などは予めご確認を〜。





金閣寺(鹿苑寺)
所在地:京都市北区金閣寺町1
電話:075-461-0013


清水寺
所在地:京都市東山区清水1丁目294
電話:075-551-1234


貴船神社
所在地:京都市左京区鞍馬貴船町180
電話:075-741-2016


銀閣寺(慈照寺)
所在地:京都市左京区銀閣寺町2
電話:075-771-5725

 

画像リンク

【知りたい】京都の○○も、2017年で二十歳を迎えます♪

先日の連休の祝日は、成人の日でしたね〜。
新成人の皆様、ご成人おめでとうございます!!

私事で恐縮ですが、
かれこれ10年以上、
毎年成人の日は着付けの仕事で大忙しの私です。
今年も着付けスタッフ総出で
201名の新成人の皆様をお着付けさせていただきました。

私自身は、もはや2度目の成人式も過ぎているので
自身の成人式については遥か遠い記憶ですが・・・(笑)。
お兄さんだったはずの甲子園の高校球児が、いつしか歳下になり
今や息子のような感覚になるのと同様に、
年々、新成人の皆様との年齢は離れ、
新成人のお母様が、お母様なのか?ご本人なのか?さえも
区別がつかなくってきている今日このごろであります。。。
時の流れを切に感じています。。。


そんな話はさておき!!
今年の新成人の皆様は何年生まれかといいますと〜
西暦1997年=平成9年生まれの皆様ですね。

1997年て!私、大学卒業した年やん!!
と、またも話が戻りそうになりますが(笑)
そこをグッと堪えて進めます!!

1997年、京都では何があったかといいますと〜〜〜
はい!
現在の京都駅ビルが誕生したのが1997年なんですね〜。

そうです!
現在の京都駅ビルも今年で二十歳を迎えるわけです。
新成人の皆様と同い年ということになりますね。

 

P1030926.jpg

現在の京都駅ビルが完成して20年。
早いような、ついこないだのような・・・
皆さん様々な感想をお持ちではないでしょうか?

私個人の感覚としましては、
今の京都駅ビルが完成した時は
古都のイメージが強い京都の玄関口である駅ビルが
なんとも近代的なフォルムに生まれ変わったことに
もの凄い衝撃を覚えた記憶があります。

ちなみに、現在の京都駅ビルは
京都駅舎としては四代目になるんだそうですよ。

ここで、さらっとだけ京都駅ビルの歴史に触れておきますと・・・
今から130年ほど前の
1877年に初代駅舎は完成しました。
赤煉瓦のモダンの建物で「七条ステンショ」と呼ばれ親しまれていたようです。
現在よりもやや北側の、現在の駅前広場あたりに建っていたんだそうです。

その後、利用者が多くなって来たことから
1914年、ルネサンス式建築様式による総ヒノキ造りで二階建ての
二代目駅舎に生まれ変わり、
ほぼ現在の場所に建設されました。
ところが1950年に火災で焼失してしまい
1952年に鉄筋コンクリート造りで二階建ての
近代的な三代目駅舎が誕生したわけです。

そして、そこからさらに45年後、
現在の四代目駅舎が完成しました。

京都駅ビルは「京都は歴史への門である」という設計主旨のもと
平安京の町の特徴であろ街路網、
いわゆる碁盤の目を取り入れたデザインになっています。

ガラスやメタリックな素材感
さらに吹き抜けや大階段など実に印象的な駅舎ですよね。

p8256687.jpg

 

この京都駅ビル開業20周年を記念して
昨年末から年明けにかけて
そして、今後も様々なイベントやキャンペーンが予定されています。

年末の大晦日には
FMラジオのαステーションとタッグを組んで
公開生中継という形で
10年ぶりに復活したカウントダウンコンサートが開催されました。
くるりや、岡崎体育といった人気の京都出身ミュージシャンが出演されました。

今後も、20周年記念企画としては
「館内記念装飾」のほか、
「京都駅ビル グルメフェア2017」のほか、
様々な企画が予定されているようです。
また、
ホテルグランヴィア京都でも
開業20周年にちなんで
ディナー20%オフといった記念企画や、
開業20周年記念ランチなども提供されます。

二十歳を迎える京都駅ビル。
単なる通過点ではなく
節目の記念として京都駅ビルで想い出づくりしてみませんか?



 

【知りたい】I love お節!!!お節料理に秘められた想い♪

明けましておめでとうございます!
皆さんお正月はのんびり過ごせましたか〜。
私は大好物のお節料理を堪能致しました♪

お節料理といえば、
昆布巻きや椎茸、手綱こんにゃくなどのお煮染めや、
黒豆、数の子、紅白かまぼこなど色々ありますよね。
新年のお祝いにふさわしい言われが
それぞれのお料理や食材にあります。

10891866_726037457503562_5606816736963058049_n.jpg

 

また、お雑煮もお正月にいただくお料理の定番ですね!
みなさんご存知の通り
お雑煮は地域によって具材や味付けも異なります。
今回は
お節料理や京都のお雑煮について
少しご紹介しようと思います。

気分だけでもお正月気分になって
少しほっこりしてください♪ww


まずは、見た目にいかにもおめでたい
「紅白かまぼこ」
かまぼこは、その半月状の形が日の出に似ていることから
新年の門出にふさわしい食材とされています。
また、日本でめでたさの象徴ともいえる紅白の色にもそれぞれ意味があります。
紅は魔除け、白は清浄、浄化を表すとされています。
ちなみに、紅白かまぼこを並べる場合は
紅色を右側、白を左側にするのが通例だそうです。
「右紅左白」という古代中国の陰陽説に由来するそうで
日本でも古くから右側を華やかにするという決まり事があるんだそうです。

確かに、そう言われてみれば
ご祝儀袋も右側が赤い水引。
雛人形も向かって右にお雛様(京都地域は逆にする説も)。
着物の上前も向かって右・・・。

今年は逆にに並べてしまったかも!?という方は
来年の参考になさってください。
一年先にはなりますが。

さて、続きましては
祝肴三種と言われる
黒豆、数の子、田作り(我が家では「ごまめ」と呼んでいます)。


そもそも、祝肴というのは、「とりあえずこれだけあれば」とされる
お節の定番料理です。
一般的に、重箱の一段目である壱の重に詰められるものですね。
関西の一部地域では、黒豆の代わりに、たたきごぼうを祝肴に入れる
場合もあるんだそうです。

まさにお酒の肴にも嬉しい
「数の子」は
ニシンの卵で、卵が多いことから
子だくさん、子孫繁栄という願いがこめられています。

我が家も数年前からごぼうと共に
「黒豆」が含まれるようになったんですが、
黒豆はじめ豆は「まめに働く」などの語呂合わせから
丈夫で健康に働けるようにという意味があるんだとか。


そして「田作り」は
豊作や子孫繁栄を意味しています。
片口いわしの稚魚を沢山使っていることから
先ほどの数の子同様、
子だくさん、子孫繁栄の願いがこめられていると言われています。

豊作というのは、
田作りという、その名に由来するというのに加え
乾燥させたいわしを田畑に撒いて肥料にしていたということで
五穀豊穣、豊作を祈念してと捉えられているのだそうです。

他にも昆布巻きや海老・・・と色々ありますが
このへんにして
続いて、京都のお雑煮について。

京都といえば、
白味噌に焼かない丸餅のお雑煮です。

主に、関東では四角い切り餅、
関西では丸餅が一般的とされています。
関西で丸餅を使うのは鏡餅を模しているためと言われています。
また、円満を祈念してという説もあるそうです。

さらに、お雑煮の具材や切り方にも意味があります。
豆腐は
白壁の蔵が建つように、つまり商売繁盛や金運アップといった意味合いですね。
そして
大根や金時人参を輪切りにするのは
その丸い形になぞらえて
丸く収まるようにとの願いがこめられているんだそうです。


ちなみに我が家も白みそに丸餅のお雑煮です。
関東風のおすまし系お雑煮もいただいたことはありますし
いつもと違った感じで
それはそれで美味しいんですが
やはり幼い頃から慣れ親しんだ
白みそ×丸餅のお雑煮が私は好きです♪


15822822_1182798515160785_5715910414624344472_n.jpg

 

今回ご紹介したお節料理やお雑煮もそうですが
日本古来のお祝い事や風習は
ひとつひとつに色んな願いや想いがこめられているんですね〜。

今年一年が皆様にとってよい一年となりますように〜!
本年もどうぞよろしくお願い致します♪