2016年10月アーカイブ

【見たい・知りたい】芸術の秋♪ 映画のロケ地を巡りませんか? part1

ずいぶん涼しくなって来ましたね〜。
秋って感じですね♪

今回は・・・芸術の秋にちなんで
少し映画のお話をしたいと思います。

空前の大ヒット!
今なお話題の映画「君の名は。」
興行収入164億円、観客動員数も1260万人を現時点で越えたそうですね〜!?
みなさんご覧になりましたか〜?
私は公開間もない頃に
母と娘と3人で観に行きました〜♪
母はボロボロ涙を流しながら観ていました。。。

「君の名は。」といえば・・・
監督は「言の葉の庭」「秒速5センチメートル」などの作品も手がけている新海誠監督。
アニメーション映画という枠を越えたというか
独特の世界観と洗練された映像で国内外にファンも多く、
映画祭での受賞歴も数多い監督ですよね。

主題歌含む音楽はRADWIMPS。
映画予告でも流れていましたが
主題歌のサビ部分は非常に印象的で
映画のヒットと同時に
RADWIMPSの人気、知名度も飛ぶ鳥を落とす勢いですよね〜。

そして、さらに
主人公の声を担当したのが
神木隆之介くんと
上白石萌音さん。

神木隆之介くんは、思わず「くん」と言ってしまうように
子役から活躍されている俳優さんというイメージがありますよね。
一方、上白石萌音さんはいかがですか〜?

「君の名は。」の大ヒットを機に
メディア露出も増え
同映画の劇中歌もカバーしていることから
歌手としての活動も最近されていますよね。
お名前に「音」という字が入っていらっしゃることもあり
とても透明感のある素敵な声をしていらして
RADWIMPSのそれとはまた違う魅力があるな〜と思って聞き惚れていました。
どうやら、「音楽が好きになって欲しい」との願いをこめてつけられたお名前だそうで
ご本名みたいですね〜。

さて、この上白石萌音さん
皆さんご存知でしょうが、女優さんです。
今年公開で
これまたヒットした
「ちはやふる」にも出演されています。
広瀬すずちゃん演じる主人公と同じかるた部に所属するメンバーの一人として
登場しています。

女優、声優、歌手・・・
そんな多彩な上白石萌音さんの
映画初主演作は
2014年公開の「舞妓はレディ」。


スクリーンショット 2016-10-27 17.52.24.png

およそ800名を越える応募者の中から
オーディションで選考され、主役の座を勝ち取ったんだとか。

上白石萌音さん演じる地方出身の主人公が
京都の花街で舞妓を目指す成長物語で
歌とダンスを交えたミュージカル風な作品です。

はい!舞妓といえば〜やっぱり京都ですよね♪
当然、京都でも撮影が行われました。

ロケ地をいくつか紹介したいと思います。

まずは
「京都府庁旧本館」

スクリーンショット 2016-10-27 17.42.41.png

 

上白石萌音さん演じる主人公・小春が通う大学の正門が
ここ、京都府庁旧本館であります。
クラシックな雰囲気でフォトジェニックですもんね〜♪



つづいて
「上七軒歌舞練場」

スクリーンショット 2016-10-27 17.51.31.png

周防監督の奥様であり女優の草刈民代さん演じる姉さん芸妓と
舞妓役の田畑智子さんが歌舞練場の舞台で踊るシーンは
上七軒の歌舞練場で撮影されています。
映画内では、実際の上七軒という名称ではなく下八軒という名称で登場します。



さらに
「平安神宮」

スクリーンショット 2016-10-27 17.54.03.png

女将役の冨士純子さんがお客様を観光案内するシーンが
平安神宮で撮影されました。


そしてそして〜
主人公たちが歌って踊るミュージカルシーンは
「知恩院」
で撮影されました。


スクリーンショット 2016-10-27 17.45.47.png

 

他にもまだまだありますので
未見の方はもちろん
観たことのある方も
今一度鑑賞いただき
ロケ地を探り、ロケ地を巡ってみてはいかがですか〜?

まだまだ京都が舞台の映画は沢山あります!
またロケ地については投稿したいと思いますのでお楽しみに♪






京都府庁旧本館
住所:京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町
電話:075-411-5000


上七軒歌舞練場
住所:京都市上京区今出川通七本松西入真盛町742
電話:075-461-0148


平安神宮
住所:京都市左京区岡崎西天王町97
電話:075-761-0221


知恩院
住所:京都市東山区林下町400
電話:075-531-2111

【見たい・知りたい】和と洋を一度に楽しめる秋の特別拝観in八瀬♪

10月の連休に金閣寺に行ったお話は先日書きましたが、
その旅行の際、金閣寺だけでなく八瀬も少し散策しましたので
今回は八瀬について書きたいと思います。
 
八瀬ってどこ〜?
という方もいらっしゃるかもしれませんね。
八瀬は京都市左京区に位置します。
京阪電鉄・出町柳駅から叡山電鉄本線に乗り換え15分ほどで
八瀬比叡山口という駅に到着するんですが
その辺りが八瀬と呼ばれる地域になります。
 

スクリーンショット 2016-10-21 11.02.25.png

この叡山電鉄。
沿線には京都大学などもあるため、
学生さんたちも利用する路線ですが
ワンマンカーで、なんともローカルな雰囲気が漂っています。
取材やプライベートで、これまで何度か乗ったことがあるんですが
この日はキャリーバッグを持ち、いかにも旅行者!という出で立ちだったからか
隣に居合わせた女性に声をかけられ
「どこから来たの?」
「こんな車輌一両の電車なんて珍しいでしょう?」
「そうですねぇ〜」などと言葉を交わしたり・・・。
そんなやりとりがまた「のどか」というか
非日常な旅情を醸し出してくれますよね。
 

DSC_3109.JPG

八瀬比叡山口駅に降り立つと
駅舎もレトロな雰囲気が漂っています。
ちなみに、駅前にしば漬けを売っているお店があるんですが
八瀬に来たら毎回ここで、しば漬けを買って帰ります。
もちろん今回も♪
美味しいんですよね〜。
 
駅のすぐ脇を川が流れ
木々も豊かで
ほんの十数分電車に揺られただけで
京都の街の喧騒を忘れてしまうかのような静寂に包まれます。
 

スクリーンショット 2016-10-21 11.04.34.png

駅から歩いてすぐのところに
「エクシブ」という会員制のホテルが建っているんですが
かつて、この場所には遊園地があったんだそうです。
「森のゆうえんち」という名称だったことからも
緑豊かであることがうかがえますよね。
秋は紅葉が美しいことでも知られている八瀬。
私が訪れた連休時点で
ちらほら紅く色づいている葉も見られましたよ。
 
八瀬で紅葉スポットといえば
「瑠璃光院」が有名です。
新緑が美しいことでも知られていますね。
瑠璃光院は春と秋に特別拝観ができ
今年の秋は10月1日から12月4日までが
秋の特別拝観期間です。
 

スクリーンショット 2016-10-21 11.07.28.png

また、
駅から歩いて行くと
瑠璃光院の少し手前に
洒脱な建物が見えます。
「ルイ・イカール美術館」といい、
ここ、瑠璃光院の付帯施設なんだそうです。
 

スクリーンショット 2016-10-21 11.07.48.png

ルイ・イカールとは
20世紀前半に活躍したフランス人画家で
瑠璃光院の管主が長い年月をかけて集めた作品が展示されているんだとか。
エントランスも素敵な雰囲気ですが
館内も、庭が眺められるメインギャラリーや、
雑貨などのグッズが販売されているショップと
ゆったりと過ごせる素敵な空間です。
 
瑠璃光院の特別拝観の期間にあわせて
ルイ・イカール美術館も開館しています。
 
この秋は八瀬で
和洋の美と静寂を堪能しませんか?
 
 
 
 
瑠璃光院
住所:京都市左京区上高野東山55番地
電話:075-781-4001
 
ルイ・イカール美術館 KYOTO
住所:京都市左京区上高野東山71-21
電話:075-724-5235
 
 
 
 

【見たい・知りたい】10月の京都といえば!京都三大祭のラストを飾る時代祭!!

京都三大祭については以前も触れたことがありますが
春の葵祭、夏の祇園祭、そして秋の時代祭ですね。
今回は、その三大祭の最後を飾る時代祭について書きたいと思います。

時代祭は毎年10月15日の参役宣状祭から始まり、23日の後日祭で終わります。
そして、メインとなる時代行列は毎年10月22日に行われます。

スクリーンショット 2016-10-18 10.09.27.png

その歴史と祭りの概要としましては・・・
1895年に、平安神宮の創建と平安遷都1100年を盛大にお祝いするお祭りというのが起源だそうで、
京都三大祭の中では、一番歴史の浅いお祭りになります。

また、時代祭の最大の見どころである時代行列は、
東京遷都以前の京都の歴史と文化がひと目でわかるようにと始められたものです。
今現在は、
明治維新時代、江戸時代、安土桃山時代、室町時代、吉野時代、鎌倉時代、藤原時代、延暦時代・・・と
8つの時代を20列、およそ2000名規模による行列になっています。

スクリーンショット 2016-10-18 10.09.04.png

 

10月22日に行われる時代行列のルートは
概ね下記になります。

京都御所建礼門前出発(12:00)

堺町御門(12:15頃)

烏丸丸太町(12:30頃)

烏丸御池(12:50頃)

河原町御池(13:20頃)

河原町三条(13:30頃)

三条大橋(13:40頃)

三条神宮道(14:10頃)

平安神宮(14:30頃)

なお、悪天候の場合は翌日に順延されることもあるそうなので
時間や場所など詳細は下記HPなどにて事前に確認されることをおすすめします。


ここまでは時代祭のポイントをかいつまんで紹介しましたが、
ここからは、ちょっとした豆知識をご紹介しようと思います。

前述した通り、2000名にも及ぶ大行列によってなされる時代行列ですが
なんと、リハーサルはしていないんだそうです!?
とはいえ、各行列ごとにはしていたり
馬に乗る役目の方については
希望者のみ淀の京都競馬場で
乗馬の練習をしているんだとか。

私も以前、取材で乗馬体験をしたことがあるんですが
思った以上に馬の高さがあったので、
またがるところから、まずどこに足をかけて・・・などとレクチャーを受けたことを覚えています。
馬がされて嫌がることなどもありますし
やはり馬に乗る練習は事前にしておきたいでしょうね。

もちろん、観覧するお客さん側も
撮影する際に
ストロボをたくなどして馬に刺激を与えないようにする必要がありますよね。
万が一、馬が暴れ出したりしたら大変ですからね。
その点は観る側のマナーとして心得ておきたいところです。

スクリーンショット 2016-10-18 10.09.57.png

 

さらには
着付けをたしなむ私としましては
衣装についても気になるポイントです。

この衣装や持ち物はもちろん、履物に至るまで
有職故実の専門家の時代考証に基づいて、
その時代のものに限りなく忠実に復元しているんだそうですよ。
衣装のみならず、髪型やお化粧、着付けもそうなんだとか。
これは千年にも渡る長きの間、都であり続けた京都でしかできないことと言えるでしょうね〜。

また、衣装が傷んだ場合は管理している講社から六選会という伝統復職工芸協同組合に
依頼をして修理や復元をしてもらうんだそうです。

それぞれの時代の様子を表す、
衣装や持ち物などが時代行列の主役と言えますからね。
どれだけ忠実に再現できるかは重要ですよね。

なんと、中には数千万円もする衣装もあるんだそうですよ!
見てわかるかはわかりませんが
時代行列を観覧して、あれかな〜?これかな〜?と探してみては?
なんて、ちょっと下世話ですね(笑)。
そんな冗談はさておき、
千年の都・京都の栄華を誇る時代祭、ぜひ観覧してみてください♪

 



平安神宮
http://www.heianjingu.or.jp/festival/jidaisai.html
画像:上記サイトより

 

【見たい・知りたい】世界遺産・金閣寺に行って来ました〜♪

先日の3連休以降、随分と秋らしい涼しい風が感じられていますが
みなさん、三連休はいかがお過ごしでしたか〜?

私はと言いますと・・・母娘水入らずで京都を楽しみました!
どこに行ったかと言いますと〜
伏見稲荷大社に続いて、外国人観光客に人気のスポット!
はい、そうです!
金閣寺!!!でございます〜!

大学時代を京都で過ごした私ですが
金閣寺を訪れたのは社会人になりたて以来で、かれこれ20年ぶり!?
改修工事がされたこともあり
金閣寺はその名のごとく、まさにキンピカでありました〜。


DSC_3201.JPG

 

今回はこの金閣寺についてちょっと書いてみたいと思います。
まぁ、京都通の方にしてみれば、そんなこと知ってるよ〜というお話かと思いますが
他府県から来た友人を案内する、外国人をおもてなしするといった時に備えて
知っておくといいかも?という
金閣寺についてのちょっとした小ネタをご紹介します♪

まず、
金閣寺、金閣寺と先ほどから書いていますが
正式名称は鹿苑寺(ろくおんじ)と言います。
そして、一般的に「金閣寺」という通称でよばれているのは
鹿苑寺の中に建つ
舎利殿(=金閣)を含む寺院全体をさしています。

金色に輝き、実にシンボリックな舎利殿。
金閣という、その名の通り、全てがまっ金金!
というイメージをもっている方もいるかもしれません。
金閣は、建物の内外に金箔を貼った三層の楼閣建築ですが
実際は、一番下の一層目には金箔が貼られておらず
全く金ピカではないのです〜!?

この理由には諸説あるようですが
建立者の足利義満が
「金箔の有無によって、貴族(公家)より武家の方が地位が高い」
という階層の差別化を図ろうとしたからと言われていたりするようです。

つまり、
貴族住宅の象徴的様式とされる寝殿造りの一層目には金箔を貼らず、
武家住宅の象徴的様式とされる書院造りの二層目、
また、寺院建築の様式の一つである禅宗様の三層目には金箔を施したことで
武家の優位性を知らしめようとしたということですね。

ちなみに、
金閣寺は火災で焼失してしまっているのですが
1950年の火災で焼けてしまう前は、三層目のみに金箔が貼られていて
1955年に再建した際に、二層目と三層目に金箔が貼られたんだそうです。


この再建により金閣寺は一段ときらびやかさが増したわけですね。
わびさびの文化を重んじる日本人には
金閣寺と対照的な銀閣寺ももちろん人気ではありますが、
華やかさを好む傾向がある欧米や諸外国からの観光客には
やはり金閣寺は人気のようですね♪


そして、
金閣寺といえば、先ほどもチラッと触れた火災です。
「金閣寺放火事件」として知られている通り、この火災は放火とされています。
1950年7月、当時の学僧だった人物の放火により炎上し
国宝・金閣(舎利殿)は全焼し、観世音菩薩像含め多くの像が焼失したんだとか。

この事件は
三島由紀夫の小説「金閣寺」の題材にもなっており、
三島由紀夫が作家として世に名を知らしめた作品としても有名です。


では
最後に、金閣寺を楽しむポイントを一つ。
絢爛豪華な金閣は
その姿を見るだけで
当時の義満の権力や時代背景がうかがえる
圧倒される迫力がありますが、
「逆さ富士」ならぬ
池に映る「逆さ金閣」も見逃さないでくださいね!
池も含めた美しい景色を存分に楽しんでください。

スクリーンショット 2016-10-13 13.18.17.png

 

三連休は急に朝晩涼しくなったからか、
赤く色づく葉もチラホラ見られました。
行楽にもってこいのこの季節、
京都を代表する観光地・金閣寺(鹿苑寺)へ
あなたも行ってみませんか〜♪


DSC_3204.JPG

金閣寺(鹿苑寺)
住所:京都市北区金閣寺町1
電話:075-461-0013