【やりたい・知りたい】今年のお盆は"あの人"のお墓参りをしてみませんか?

今日は今年からできた祝日・山の日でしたね。
いいお天気でしたし、登山をされた方もいらっしゃるんでしょうね〜。
そして、今日から夏休みで帰省という方も多いのではないかと思います。
もうすぐお盆ですから、実家に帰省してお墓参りをされる方も多いんでしょうね。
私も毎年お盆は家族でお墓参りに行っています。
 
お墓参りというと、自分のご先祖様を供養するのが一般的ではありますが、
友人、知人含め「大切な人」のお墓にお参りする方もいらっしゃいますよね。
そこで、今回は
京都にお墓がある歴史上の人物をご紹介しようと思います。
 
かつての都、歴史ある街ならではと言いますか
京都には有名な人物のお墓がたくさんあります。
 
まずは、
ファンやマニアも多い
坂本龍馬のお墓!
 
sakamotoryoma.png
 
 
坂本龍馬のお墓は
京都市東山区清閑寺霊山町の
京都霊山護國神社にあります。
 
坂本龍馬だけでなく、
中岡慎太郎など多くの志士たちの墓碑が建てられています。
幕末の動乱期、日本の将来への夢を描き、江戸幕府終焉に大きな影響を与えた坂本龍馬が
この地に眠る・・・。
マニアには堪らないのではないのでしょうか?
ここからすぐ近くに霊山歴史館があり、
龍馬暗殺に使用したとされる刀や、龍馬直筆の書状などが展示されているので
ここに立ち寄ってから、龍馬のお墓参りに行くというプランがいいかもしれませんね。
 
 
続きましては
「鳴かぬなら殺してしまえ ほととぎす」の俳句といえば・・・?
はい、そうです。
織田信長です。
漫画「信長協奏曲(コンチェルト)」の影響もあり、
子どもを含めた若者にも人気なのではないでしょうか?
 
信長のお墓は
京都市上京区鶴山町の
阿弥陀寺にあります。
 
amidaji-01.jpg
 
 
明智光秀による本能寺襲撃の知らせを聞いた阿弥陀寺の住職が
すぐさま本能寺に向かい、信長の遺骸を裏手の藪で火葬し、
その骨を持ち帰り埋葬したと伝えられています。
墓所には信長をはじめ、信忠や森乱丸、坊丸、力丸の三兄弟、
更に猪子兵助など12名の家臣のお墓もあるんだそうです。
 
 
ほかにも
豊臣秀吉、紫式部、真田幸村・・・とそうそうたる人物のお墓が京都にはあります。
ご先祖様のお墓参りはもちろんですが
今年は憧れの”あの人”のお墓参りもしてみませんか?