2016年5月アーカイブ

【知りたい】京都の難読地名、あなたは読めますか〜!?

帷子ノ辻。
京都の大学に通っていた私が、初めて「なんじゃこりゃ?こんなん読まれへんわ〜」と思った京都の難読地名です。
皆さんはご存知でしょうか〜?

正解は・・・
かたびらのつじ
です!

知らなきゃ読めませんよね〜。
大学時代、同じバレー部の先輩が帷子ノ辻に住んでいたことから、この難読地名を読めるようになりました。
先輩がここに住んでいなかったら、話題に上ることも無く、ずっと読めないままだったと思いますww

でも、難読地名って、一回覚えると案外忘れ難いのかもしれませんね。
中学だか高校だかの地理の授業で、スリランカの首都の名前が凄い!という話を聞いて以来、未だに覚えています。
スリジャヤワルダナプラコッテ。
難読というのではなく、ただ長い、ややこしいというものですが、何か通ずるものがある気がするのは私だけでしょうか???

それはさておき、話を元に戻しましょう。

帷子ノ辻でしたね。
かたびらのつじ、覚えました?ww

ちなみに、帷子ノ辻は京福電鉄の駅で、嵐山の少し東側に位置します。


スクリーンショット 2016-05-22 16.18.23.png

 

「帷子ノ辻」という地名の由来ですが、
そもそも、帷子とは、生糸や麻で作った一重の衣服のことだそうで、
平安時代初頭、素晴らしい美貌の持ち主である、嵯峨天皇の妃である檀林皇后が亡くなった時に
棺にかけられていた帷子が、
お葬式の際に三条通と交わる辻(交差点)で風に舞って落ちたことから、
その辺りが帷子ノ辻と呼ばれるようになったんだそうです。

そんな由来を聞くと、なんともロマンティックというかドラマティックな地名ですよね〜♪

では、
これはどうですか〜?
読めますか〜?

・先斗町
・太秦

これは簡単でしたね。
というか、難読ではありますが、有名観光地でもありますからね。

はい、
・ぽんとちょう
・うずまさ
ですよね!

ですが、これも初見ではまず読めませんよねぇ〜。

先斗町の名前の由来には諸説あるようですが、一番有名なのは
鴨川の西側に人家が建ち、都の先端なので英語のpoint、ポルトガル語のpontから来ている、という説だそうですね。
他にも、通りの北と南に大きな橋(四条大橋と三条大橋)があり、橋のことをポルトガル語でponteというので
そこから来ている、という説もあるようです。


502-ponto.jpg

 


一方、映画村で有名な太秦は、当て字という説があるみたいですね。
豪族・秦氏が絹を「うず高く積んだ」ことから、「禹豆満佐=うずまさ」の号を与えられ、これに「太秦」の漢字表記を当てたという説があるんだとか。

最近のお子さん達の名前も先生泣かせな当て字が多いと聞きますが、太秦を「うずまさ」なんて、まず読めませんよね〜。

今後も、京都の難読地名や、地名の由来については投稿していきたいと思います♪
 

【見たい・知りたい】知る人ぞ知る京都タワーの真実!!

京都のシンボルとも言える京都タワー。
京都駅に降り立つとデデーンとそびえる京都タワーを望むことができますよね。
京都府で一番背の高い建造物です。
では、京都タワーの高さはいくつか答えられますか〜?
これは簡単ですかね?
はい、131メートルです。
高さ31メートルのビルの上に、100メートルのタワーが乗っている形になっています。


IMG_20160512_152916.JPG

 

さてさて、それでは、この131メートルという高さにはどういった理由が隠されているかご存知ですか?
ちなみに、東京スカイツリーの高さが634メートルなのは、
東京都を含むかつての国名である「武蔵(=634)」に掛けてのことなんだそうです。

では正解をお知らせしますね〜。
京都タワーの高さ131メートルとは・・・・
タワー設計当時の京都市の人口が131万人だったことに由来するそうです!

京都の駅ビル建設時もそうでしたが、京都タワー建設時も賛成派、反対派と激しい論争の末
1963年から1964年にかけて完成しました。


では次に、京都タワーは何をイメージして作られたものだかご存知ですか?

京都在住者の間では、
京都タワーのすぐ北川に東本願寺があることから
「お東さんのロウソク」と言われたりするそうですが、
実際は、ロウソクを象ったものではなく、
京都の街を見守る「灯台」をイメージして作られたんだそうですよ!

タワー上部にある展望台からは京都市内を一望、お天気がよければ大阪市街まで見えるんだとか。
台座部分のビルにはホテルなどが入っていて、地下には公衆浴場もあるんですよ!
外から見たことはあっても、案外入ってみたことのない人も多いのでは???


なんともレトロな雰囲気漂う京都タワーの、意外と知られていない真実でしたー♪


京都タワー
住所:京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町721-1
電話:075-361-3215
https://www.kyoto-tower.co.jp/
 

【飲みたい・知りたい】今年も美味しい新茶の季節がやってきました♪

夏もち〜かづく八十八夜♪
の歌い出しで知られる童謡「茶摘み」。
子どもの頃、皆さんもよく口ずさんだのではないでしょうか?

ちなみに、八十八夜とは何かというと・・・
雑節の一つだそうで、立春から数えて八十八日目を指し、毎年5月2日がそれにあたるんだそうです。
八十八夜に摘み取られるお茶は、昔から不老長寿の縁起物として珍重されているんだとか。
とはいえ、実際はお茶の産地の気候や温暖差によって茶摘みの時期は異なるので、必ずしも八十八夜が茶摘みをする時期ということではないようですけどね!?

京都では、ちょうど今頃の5月中旬頃から新茶が出回ります。
前述の縁起を担ぐという意味合いだけでなく、この時期のお茶は格別です。
というのも、お茶の新芽には前年の秋からひと冬越えて蓄えられた成分がいっぱいです。
独特の若々しい香りが失われないうちに製茶された一番茶(=新茶)。
一番茶は二番茶以降のお茶よりも、うまみ成分であるテアニンを多く含んでいるんです。
この時期に京都を訪れたなら、ぜひとも京都で新茶をいただきたいですよね〜♪


ryokucha1.jpg

 

私の元同僚で、緑茶の魅力に取り憑かれ、緑茶の美味しさ、素晴らしさを伝える活動をしている友人が居るんですね。
彼にお茶を淹れてもらったことがあるんですが、これが本当に衝撃的で。
お茶って、ちゃんと淹れるとこんなに美味しいんだ〜!!
と、いつも飲んでいるお茶の味との違いに、ほんとーーーーーに驚きました。
もちろん茶葉の良さは大事とのことでしたが、
それと同時に淹れ方でお茶の味は全く違うということを目の当たりにし、目から鱗の体験をしました。

ryokucha2.jpg

 

美味しいお茶をいただきたいけど
身近に「緑茶男子」が居ない〜!という方。
安心して下さい!(笑)

今月28日(土)、29日(日)の二日間に渡って
「京都吉田山大茶会」というお茶のイベントが催されます。
今年で7回目というこのイベント。
吉田山の吉田神社境内にて日本国内はもちろん、世界の名茶が集結するんだそうです。
過去最多の38ブースが出展し、お茶の種類は300種以上。
お茶席券を入手すれば一日遊ぶこともできるんだとか。
茶葉や茶器の販売などもあるそうですよ。
美味しいお茶、いただきたいですね〜♪

IMG_R_2016040121524071f.jpg
IMG_0002_R_2016040121523965a.jpg

 

京都吉田山大茶会
開催日:5月28日(土)、29日(日)
場所:吉田神社境内
住所:京都市左京区吉田神楽岡町30
問合せ:京都吉田山市民大茶会実行委員会事務局・岩茶房京都
             075-211-3983(月・火定休 11時~18時まで)
 

【見たい】桜と紅葉シーズンだけじゃない!実は今が行き時なんですよ♪

今年も京都の桜の見頃は終わったし、次は紅葉シーズンだなぁ・・・なんて思っていませんか?
確かに京都が賑わうシーズンといえば、初詣の時期、桜と紅葉シーズンはいわずもがなですが、
実はちょうど今頃の新緑時期がオススメなんですよ〜!

まず、一年の中で5月は8月に続いて2番目に日照時間が長いということ。
下記データは、気象庁ウェブサイトによるもので、過去のデータからそれがうかがえます。
みなさんもご存知の通り、京都の夏は非常に暑いです。
いくら8月の日照時間が長いとはいえ、あの暑い時期に・・・となると・・・ねぇ・・・(笑)。
その点、5月は過ごし易い!!

スクリーンショット 2016-05-02 7.54.53.png

 

また、桜と紅葉の陰に隠れてしまっているかもしれませんが、新緑が美しいスポットも沢山あります。
ここでは、以前、私が訪れたことがある瑠璃光院を紹介したいと思います。

rurikoin.jpg

 

八瀬に旅行をした際に、なんの予備知識もなく、なんの期待もせず立ち寄ってみたんですが(笑)、これが嬉しい誤算で、なんとも美しくて。。。
新緑のトンネルの中を歩いたり、書院から眺めるお庭の緑に本当に癒されました。
その景色を眺めているだけで、何時間でも過ごせるような、時間が経つのを忘れてしまうようなそんな素敵な空間でした。


rurikoin4.jpg IMG_20160506_113245.JPG

 

今もあるかはわかりませんが、当時は写経が自由にできるように、用紙とペンが置かれていたんですね。
子どもの頃書道を習っていて、文字を書いて集中するのが好きな私は、初めての写経体験をしました。
と言っても、うっすらと印刷された文字をペンでなぞるだけですが(笑)。
それでも、背筋がシャンとして、心が洗われたような気がしました。
ちなみに、上の段一行、下の段一行、そしてまた上の段・・・と縦に一行ずつ書き進めるのが正しいんだそうですよ。

IMG_20160506_113148.JPG

 

瑠璃光院は春の特別拝観として5月いっぱい院内を拝観できます。
新緑美しい瑠璃光院。
私が訪れた時は写真も撮り易く、そんなに混雑していなかったので案外知る人ぞ知る穴場なのかもしれません。
5月の瑠璃光院オススメですよ♪


瑠璃光院
住所:京都府京都市左京区上高野東山55番地
電話:075-781-4001
http://rurikoin.komyoji.com/
 

【見たい・やりたい・食べたい】京都の夏の風物詩といえば、やっぱり川床♪

京都の夏の風物詩・川床。
「かわゆか」「かわどこ」
どっちが正解?って思ったことありませんか?
これ、どちらも正解です。
京都で「川床」というと、貴船、高雄、鴨川が有名ですが、
鴨川では「かわゆか」や「ゆか」
貴船、高雄では「かわどこ」というのが一般的です。

kawayuka.jpg

 

料理屋さんやお茶屋さんが川の上や、屋外の川がよく眺められる場所にお座敷やテラスを作り、そこでお料理をいただくというものですね。
納涼床ともよばれる通り、貴船や高雄の川床は京都の中心部より緑豊かで、気温も数度低くなるので、確かに物理的「納涼」感はありますし、貴船では流しそうめんをしたり、川の水との距離も近いので涼しげです。
一方、鴨川の川床は私自身ほぼ毎年行っていますが、雰囲気的「納涼」感を味わうという趣向が強いように思います。
みなさんもご存知かと思いますが、京都の夏は実に暑いですからね(汗)。
屋外のお座敷席やテラス席より、エアコンの利いた屋内の席で食事をする方が物理的には確実に涼しいでしょう(笑)。
ですが、そこはやはり京の文化。
風情、粋の世界ですよね〜♪
私は着物を着るのが好きなので、毎年夏着物で川床を楽しみます。
これが案外暑くないんですよね。不思議なもので。
実際、気温はそれなりにあっても、川のせせらぎや、川辺の心地よい風で涼を感じることができるんですよね。
それと何より、「京都の夏の風情ある楽しみ方をしているんだ」という、満足感が暑さを感じさせにくくしているのかもしれません(笑)。

kawayuka2.jpg

 

二条から五条にかけて90軒ほど並ぶ、鴨川の川床は5月1日からオープンしています。
京料理の和食店だけでなく、フレンチ、イタリアン、中華に焼肉・・・と今や様々なジャンルのお店が軒を連ねているので、気軽に楽しむことができます。



スクリーンショット 2016-05-06 9.41.48.png

 

三条大橋の袂にある、あの大型チェーン店のスターバックスも床をやってるんですよ〜!
ちなみに、鴨川でお昼間の床を営業しているのは5月と9月だけで、真夏は夜の営業だけなので、営業時間などについては事前にきちんと確認を。基本的には予約制なので、予約をしていきましょう。
貴船、高雄の川床もすでに始まっているので、各お宿やお店、旅行会社のプランなどをチェックしてみてくださいね。
例年6月中旬ごろから7月中旬ごろの高雄ではホタルも見られるそうなので、川床×ホタルなんてのもオツですよね〜♪


京都鴨川納涼床協同組合
http://www.kyoto-yuka.com/

【見たい】京都三大○○知ってます〜?

世界三大夜景といえば、香港、ナポリ、そして日本の函館ですよね。
ところが、今回調べてみたところ、2012年に民間団体によって開催された夜景サミットにおいて、世界新三大夜景として、香港、モナコ、そして日本の長崎が認定されたんだそうです。
さらに、日本三大夜景は函館、神戸、長崎ですが、
こちらも2015年の夜景サミットによって、日本新三大夜景として、神戸、長崎、そして函館に代わって札幌が選ばれたんだとか。
このように、世界三大○○、日本三大○○というものは他にも色々ありますよね。
京都にも、京都三大○○というのがあります。
色々ありますが、今回はもうすぐ行われる葵祭を含む、京都三大祭を紹介したいと思います。

京都三大祭というと、5月の葵祭、7月の祇園祭、10月の時代祭のことを意味します。

7月1日から一ヶ月間にわたって行われる祇園祭は日本三大祭のひとつでもあり、八坂神社で行われるお祭りで、コンコンチキチンコンチキチンというお囃子の音色や山鉾巡行が特徴的ですよね。
私自身、大学時代を京都で過ごしたこともあり、あの音を聞くと、京の夏〜♪という感じがします。

時代祭は平安神宮で行われるお祭りで、明治維新から8つの時代を再現した衣装や道具を身につけた人たちが列をなし、京都の街を練り歩くというもの。

aoimatsuri1.jpg

 

祇園祭は「庶民の祭り」であるのに対して、毎年5月15日に行われる葵祭は「貴族の祭り」だったんだとか。
下鴨神社と上賀茂神社で行われる「葵祭」ですが、正式には賀茂祭というのだそうで、
平安時代に「祭」といえば賀茂祭を指したんだそうです。
平安時代以降、国家的な行事として行われてきた歴史があり、王朝風俗の伝統や雰囲気が残されているお祭りです。
葵の花を飾った平安時代の装束での行列が印象的で、よくテレビのニュースなどでも紹介されていますよね。
京都御所を出発し、総勢500名以上の行列が下鴨神社を経て、上賀茂神社へ向かいます。
今年は葵祭が開催される5月15日は日曜日。
週末なので例年以上に沢山の人出が予想されますが、平安王朝文化を表現した華やかな葵祭。一度は見てみたいですよね〜♪
今年は京都三大祭を制覇!なんて、いかがですか〜!?


葵祭
問合せ:京都市観光協会
電話:075-752-7070
http://www.kyokanko.or.jp/aoi/

上賀茂神社
住所:京都市北区上賀茂本山339

下鴨神社
住所:京都市左京区下鴨泉川町59