2016年4月アーカイブ

【見たい】ついにオープン!京都鉄道博物館に行ってみた〜い!!

いよいよGW突入ですね!
今年は十連休!という方もたくさんいらっしゃるんでしょうね〜。
いよいよというと、GW初日グランドオープンのこの日を待っていた方はたっくさ〜んいらっしゃるのではないでしょうか?
ええ、そうです! 
京都鉄道博物館です!!!!!!
オープン初日は1万4300人もの来場者があったとのことなので
初日にもう行ってきたよ♪という方もきっと大勢いますよね。。。
残念ながら私はまだ行けていません。。。
「鉄道マニア」「てっちゃん」ではありませんが、フォルムがなんともかっこいい〜500系新幹線を見るとテンションが上がる♪私でありますww


IMG_20160421_160648.JPG

▲山陽新幹線「こだま」として運行していた500系に遭遇した時に慌てて撮影した画像(記憶が曖昧ですが・・・)

 

 

京都鉄道博物館については、このところあらゆるメディアで紹介されていますが、ここでもちょっと紹介したいと思います。

JR京都駅中央口から西へ歩いて約20分のところにあります。
歩いて20分となると、結構大変なイメージがしますが、
梅小路公園という公園内にあるので、お天気がよければお散歩しながら行くのも気持ちいいかもしれませんね。
でも、その距離を歩くのは・・・という場合は
京都駅から梅小路公園前や京都鉄道博物館前といったバス停までの路線バスもありますのでご安心を。

展示車両53!という日本一の展示車両数を誇る、京都鉄道博物館の楽しみ方として、「見る」「さわる」「体験する」と大きく3つのテーマにわかれているようですが、
私個人的には、やはり、先ほども書いた通り、500系新幹線が「見られる!」というのが嬉しいですね〜。
以前はごく普通に新大阪駅で「のぞみ」として見かけていた500系でしたが、山陽新幹線の「こだま」に転用され、その後現役引退。。。
名古屋のリニア・鉄道館にも初代新幹線車両の0系はじめ500系も展示されているようですが、
やはり長年新大阪を基点に走っていた車両だけに、500系車両を関西で見られるというのは嬉しいですよね〜。

また、個人的には旅行情報誌の編集者時代、トワイライトエクスプレスに乗車したことがあるので、
引退したばかりのトワイライトエクスプレスの客車展示がされているというのも、なんだか感慨深いです。

そんな私個人の想い出話はさておきww
京都鉄道博物館の魅力は、その展示車両数の多さに加え、やはりSLなんだとか。
元々が梅小路蒸気機関車館だったということもあり、京都鉄道博物館はまさにSLワールド。
マニアにはたまらないんだそうですよ〜。
時期によってはSLの点検や修理の様子も見られるんだとか。

ほかに気になったのは、
「体験する」の体験シュミレーターですね。
巷でも似たようなゲーム機などはありますが、やはり運転士さんが実際に訓練で使用するシュミレーターを使っての体験はゲームとは格段に違うんだろうな〜と。
タイミングによっては現役運転士さんが指導してくれるというのも、なんだか嬉しいですよね。

元々、時刻表や地図を読むのが好きで、それを見ているだけで旅行をしている気分になれたりする私なので
京都鉄道博物館のサイトや、ニュースを見ているだけでワクワクが止まりませんww

実際に行ってみた際は改めて記事をアップしたいと思いますが、今回はこのへんで〜。


京都鉄道博物館
住所:京都市下京区観喜寺町
電話:075-323-7334
http://www.kyotorailwaymuseum.jp/
 

[知りたい][食べたい]今さらですけど、「京野菜」ってなに?

 「地産地消」って、聞いたことはありますか?
その土地でとれたものを、その土地で消費する、いただくという意味で、鮮度がいいので栄養価も高いということがいえますよね。
となると、やはり京都に来たら京都でとれたもの!
京野菜をいただきたいですよね〜♪

 京野菜フレンチ、京野菜イタリアン・・・京野菜、京野菜とよく耳にしますし、皆さんも京野菜を購入したり、食べたことはあるんじゃないでしょうか?
では、「京野菜ってなに?」と聞かれたら?
自信を持って答えられえますか〜?
ちょっと怪しくないですか?
実際のところ、定義は曖昧だそうで明確には定められていないんだとかww
「京都で品種が確立したもの、または京都独自の生産技術によって生み出された品目などを総称する」という説がある一方で、広義に捉えて、京都で作られる野菜全てを京野菜とみなせるという京都市の見解もあるとか。

とはいえ、1987年京都府によって定められた定義に基づいて認定されている「京の伝統野菜」と、1989年より公益社団法人京のふるさと産品協会が認定している「ブランド京野菜」の両方に該当する野菜が、一般的に「京野菜」として認識されているようです。

「京の伝統野菜」として指定されているのは現在37種類(絶滅した2種を含む)。「ブランド京野菜」として指定されているのは20種類なんだそうです。

では、「京野菜」にはどんなものがあるかと言いますと・・・
例えば・・・
聖護院だいこん、壬生菜、堀川ごぼう、九条ねぎなどがあります。
DSC_1269.JPG DSC_1268.JPG     春、夏が旬のものというと・・・
京たけのこ、伏見とうがらし、万願寺とうがらし、賀茂なす、京山科なす、鹿ケ谷かぼちゃ、京こかぶがあります。
DSC_1267.JPG 万願寺とうがらしは、肉厚でボリューミー、
賀茂なすは1個250~300グラムほどあり大型でコロンとしたまあるい形、
鹿ケ谷かぼちゃはひょうたん型・・・と京野菜には見るからに特徴的な形や大きさのものも多くあります。

京都で美味しい野菜が育つのには理由があります。
鴨川や桂川といった一級河川、豊富な地下水などの良質な水の存在。
さらに、肥沃な土壌と、盆地ならではの厳寒な冬と猛暑の夏という気候。
これらが美味で栄養分豊かな農作物を育んでいるわけです。

また、京野菜に限ったことではありませんが、地産地消同様、その時期の旬のものをいただくことも善しとされていますよね。
それは、旬の食材にはその時期にあった効能があるとされているからなんです。
例えば、
春が旬のたけのこやセリの苦味には、冬に溜め込んだ体内の毒素を排泄する作用があると言われていますし、
夏が旬の野菜には体を冷やす作用のあるもの、逆に冬が旬の野菜は体を温める作用があるものがたくさんあります。

こう考えると、旅先で、その土地の旬の食材を食すことって意味があるんだな〜って改めて思いますよね。
京都に来たら是非京野菜を♪
京の台所・錦市場なら京野菜をお土産に買って帰ることもできますよ!



錦市場
住所:京都府京都市中京区富小路通四条上る西大文字町609
電話:075-211-3882(京都錦市場商店街振興組合)

 

【見たい】春の京都の風物詩「都をどり」を初体験してみませんか?

 先週、京都駅ビルの京都劇場にて市川海老蔵特別公演「源氏物語 第二章」を鑑賞しました。

歌舞伎はこれまでにも見たことがあるんですが、こちらの演目はオペラとの融合といったような新感覚の歌舞伎という印象でした。

都踊りポスター.jpg  

 

京都といえば南座で歌舞伎を見るのもオツですが、今の時期はやはり都をどりがオススメです。

私も数年前に都をどりを初めて鑑賞しました。

大勢の舞妓さんが舞台で舞う姿は、それはそれは壮観で、京都の春を堪能した気がしました。  

そもそも、「都をどり」って何?

という方もいらっしゃるかもしれませんので、簡単に説明しますと・・・。  

 

「都をどり」とは、毎年4月1日から30日にかけて、

京都市東山区祇園にある祇園甲部歌舞練場(ぎおんこうぶかぶれんじょう)

で開催される舞踊公演のことを言います。

1872年(明治5年)、京都で初めて博覧会が開催されたときに、

その余興として万亭(現 一力亭)の主人・杉浦治郎右衛門と井上流家元の井上八千代が

企画したのが始めと言われています。

当時の舞台としてはひと味違う革新的な演出で、

花道からお揃いの衣装の舞妓たちが登場する様は観客たちを驚かせたとか。

以来、歌舞伎や源氏物語を題材にして、明治以来のスタイルを踏襲しながら、

その年の干支や話題にちなんで新たな趣向で上演され続けています。  

実際、私も鑑賞しましたが、お揃いの華やかな着物や髪飾りの舞妓さんが花道を通り、

舞台で舞う姿は実に美しく、圧巻でした。

宝塚歌劇団のニューフェイスが初舞台でラインダンスを披露しますが、

それと同様、初舞台を踏む舞妓さんたちの初々しさ、フレッシュさも感じられ、

舞台の華やかさも相まって「春」を感じさせてくれます。

さらに舞を極めた芸妓さんの踊りも楽しめます。

 

 

都踊り うつわ.jpg

 

 

また、席種はいくつかあるんですが、

お茶席付き特等観覧席で観劇する場合は、会場で演目を見る前に、お茶席が設けられています。

芸妓さんによる立礼式のお点前を拝見しながら、

お菓子をお抹茶をいただきます。

 

ちなみに、お菓子が供された団子皿は記念品として持ち帰ることができます。

その絵皿に描かれたお団子の色は5色あるそうですが、

その色は選べませんので何色になるかはお楽しみ♪ 

 

我が家には茶色と白の2色あります。

確か朱色もあった気がするんですが、割れてしまったのかもしれません・・・(泣)。

可愛いので集めるのもいいですよね♪

歌舞練場.jpg

 

ウェブサイトによると、現時点でまだチケットが取れる日もあるようです。

もう桜は見納めですが、都をどりで京都の春を体感しませんか?

 

なお、京都には都をどりの他にも、花街の歌舞練場で開催される「をどり」があります。

先斗町にある先斗町歌舞練場では毎年5月1日から「鴨川をどり」が行われます。

「都をどり」とはまた趣が違うので、こちらもチェックしてみてくださいね。

 

都をどり

会場:京都市東山区祇園町南側570ー2

電話:075-541-3391

www.miyako-odori.jp/index.html

 

鴨川をどり

会場:京都市中京区先斗町通三条下ル

電話:075-221-2025

http://www.kamogawa-odori.com/

【見たい】京都では七五三よりメジャー!? 十三参りって知ってますか?

 唐突ですが、七五三はみなさんご存知ですよね?(笑) 
はい、そうです。7歳、5歳、3歳の子どもの成長を祝う行事です。では、十三参りはご存知ですか? 
一般的には七五三ほど有名ではありませんが、京都では七五三よりメジャーな行事と言えるかもしれません。なぜなら、京都嵐山にある法輪寺には虚空蔵菩薩さまが奉られているんですが、この虚空蔵菩薩さま、13番目に誕生した、知恵と徳の神様だそうです。知恵と徳を授かるべく、13の数字にちなんだその年齢にお参りをするというのが十三参りです。こうしたことから京都では十三参りが、ある意味七五三よりもメジャーな行事とされており、京都で十三参りというと、法輪寺にお参りする人が大勢います。一般的には旧暦の3月13日(=新暦の4月13日)ごろに子どもの健康や開運を願って寺社にお参りをします。七五三は11月に行うのが一般的ですが、十三参りは4月13日の前後一ヶ月、つまり3月13日から5月13日の間に行うのが通例です。

1.JPG
虚空蔵菩薩が奉られている嵐山・法輪寺参詣路の階段

 京都嵐山の法輪寺では、祈祷する子ども本人が授かりたい知恵やご利益を表す漢字一字を用紙に書いて奉納するということをします。最近は単純に好きな漢字を一字書くという人が多いそうです。混雑する時期や日にちの場合は、予め考えておくとスムーズかもしれませんね。13歳はとっくの昔に過ぎた私ですが、私ならどんな漢字を書くでしょう??? 愛?夢?美?金?(笑)
 十三参りの際の服装ですが、女の子は本断ちという大人の寸法の振袖に肩上げをして着るのが正式です。肩上げとは、ズボンの裾上げと同じように、肩の部分で布を少しつまんで裄丈を短くすることを言います。七五三の時は肩上げをした子ども用の着物を着ますが、肩上げをすることで「まだ子どもですよ」という印をしていることになるわけです。とはいえ、最近は肩上げをしていない振袖を着たり、スーツやワンピースなどで参拝する人も多いそうですね。
 また法輪寺での嵐山には面白い言い伝えがあるんです。
参詣の帰路、本堂を出た後に、後ろを振り返ると、せっかく授かった知恵を返さなければならないという伝承がるんだとか。狭い長い石段を下りきった鳥居をくぐるまで、もしくは渡月橋を渡り終えるまでは後ろを振り向かずに帰らないといけないんだそうです。
 聞くところによると、意地悪なのか、正念を試されているのか?「おーい!」などと声をかけられたりするそうなので、いかなる誘いにも動じず前だけを向いて歩ききらなければならないわけです。阪急嵐山駅までならすぐですし、渡月橋も渡ることなく帰れますが、京福電鉄やJRだと美味しそうなお店の誘惑もいっぱいなので、かなりの忍耐力を要するかもしれませんね(笑)。
 この時期の嵐山は、桜は終わっても、十三参りのお嬢さんたちの姿で華やかですよ♪

2.jpeg
振り返らずに渡月橋を渡りきれるか!?


法輪寺
所在地:京都市西京区嵐山虚空蔵山町68-3
電話:075-861-0069
 

【やりたい】春の特別拝観、庭園観賞、天井図、精進料理づくり体験・・・お花見以外も楽しめる!妙心寺に行って来ました〜♪

 今月3日につづき、一昨日10日の日曜日もまたまた行って参りました〜お花見!

今回はJR山陰本線・通称「嵯峨野線」の花園駅から

歩いて5分〜10分ほどのところにある妙心寺。

お友達とぺちゃくちゃお喋りしながら歩いているとすぐ到着。

妙心寺.jpg  

妙心寺の中にある退蔵院では年に3回、期間限定の特別拝観があります。

今の時期はもちろん桜。

約一千坪におよぶ退蔵院の池泉式回遊式庭園の紅しだれ桜がこの日のお目当て。

10日時点で満開はもう過ぎたかな〜という感じでしたが、

新緑とのコントラストや散り際の桜もまた美しいのではないかと思います。

今年の春の特別拝観は4月17日(日)までなので、まだ間に合いますよ〜!

ちなみに、残念ながら桜には間に合いそうにない〜という方も、

大法院では5月5日(木・祝)まで新緑路地庭園を特別公開しているそうなので、

そちらも爽やかで美しそうですね。  

 

また、妙心寺では他に通年楽しめるものも色々あります。

たとえば、法話や座禅が行われる法堂の鏡天井には、

見事な雲龍図があるんですが、これは一見の価値ありです。

 

「そうだ京都、行こう」のキャッチコピーで有名な

JR東海・2007年夏のポスターにも、この天井図が起用されています。

 

 

精進料理.jpg  さらに、初夏の特別公開される沙羅双樹で有名な東林院では、

住職自らが教える精進料理教室が開かれていて、

他府県からも参加者が押し寄せる程の人気ぶり。

私も一度体験させてもらったことがあるんですが、

ユーモアたっぷりの住職の人柄も魅力なんだと思います。

精進料理と聞くと、

薄味で素っ気ないようなイメージがなんとなくあったんですが、

料理本を出版する腕前をもつ住職のレシピで作るお料理は素材の味は活かしつつも、

しっかり満足できる味付けでほんとに美味しくいただきました。

家庭料理はお手の物!というベテラン主婦のお姉様方に混じって、

手際良く、賑やかにお料理をし、その後みんなで試食するという楽しい体験でした。

ほんとに美味しかったですし、簡単だったので、

レシピが書かれた冊子を見ながら自宅でも作ってみたほどです。

レシピは月替わりだそうなので、

季節に合わせた食材を活かしたお料理を教えてもらえるのでリピーターも多いんだとか。  

妙心寺で季節や文化を体感してみませんか〜♪

 

 

妙心寺 所在地:京都市右京区花園妙心寺町1

電話:075-461-5226 東林院「禅寺で精進料理を体験する会」

所在地:京都市右京区花園妙心寺町59

電話:075-463-1334

開催日時:毎週火曜・金曜 10時〜13時

費用:1名3500円(材料、テキスト、精進料理付き)

申込み:明記する内容を電話で確認のうえ、往復ハガキで申込み(2ヶ月前から受付)

準備物:エプロン、筆記用具



取材・文/中野里美

【見たい】春の京都といえば、やっぱりお花見!         遅咲きの桜なら、まだ間に合う!?

[見たい] 随分久しぶりの更新ですww。

今後はもう少しマメにアップしていければと思いますのでお楽しみに〜♪  
さてさて、皆さんのFacebookやTwitterといったSNSも桜関連の投稿でいっぱいの時期かと思いますが、
私も京都でお花見をしてきました!

平安神宮の桜.jpg

▲平安神宮の大鳥居と桜

 

ご存知の通り、京都には桜の名所がいっぱいです。
今年はまず、八坂神社からの円山公園。円山公園のしだれ桜は有名ですよね。
私が行ったのは3月末だったので、まだ五分咲き程度でしたねー。
そして先週末の4月初旬は平安神宮から岡崎疎水をぐるりとお散歩しながらのお花見を楽しみました。
こちらはまさに満開で、スマホで写真を撮り過ぎてしまうほどの美しさでした。

 

咲き始めたかな?と思ったら、わ〜〜っと咲いて、パッと散ってしまう。
華やかさと儚さを併せもつ桜は、やはり魅力的ですねぇ・・・。  

疎水の桜.jpg

▲岡崎疎水の桜

 

 

今年は見そびれたなぁ、こないだの大雨&強風でもうどこの桜も散っちゃったかなぁ〜
とがっくりしている皆さん! 諦めるのはまだ早いですよ。
京都の桜を侮ってはいけません。
京都には桜名所が沢山あることもあり、早咲きの桜、遅咲きの桜といわれるものがあるんです。
品種などによって、開花時期にズレが生じるので、
これからでも間に合うお花見スポットもあるので諦めないでくださいね♪  

 

たとえば、ということで、つい先日テレビのニュースにもなっていた、
遅咲きの桜スポットを紹介します。 京都の北野天満宮です。

 

北野天満宮というと梅で有名ですが、
なんと「世界にひとつだけの桜」があるんだとか。
樹齢およそ120年の桜が新しい品種の可能性が高いことがわかったんだそうです。

 

通常の桜は、花の色が咲き始めはピンク色で、その後白くなるのが、
この桜においては逆で、咲き始めが白く、日が経つにつれてピンク色になるんだとか。
北野天満宮で「北野桜」と名付けられているこの桜、
樹齢100年を超えていて寿命が短いと懸念されているそうで、
今後苗を増やして境内に育てて行こうとしているようです。
開花時期がソメイヨシノなどよりも半月ほど遅いということで、
今年の見頃も4月中旬とされています。 念のため開花情報は確認してから行かれることをオススメします。  

 

善は急げ! この希少な桜、見られるうちに見ておきませんか~?

 

ちなみに、ほかにも平安神宮神苑の紅しだれ桜や、
仁和寺の御室桜など遅咲きの桜はありますのでチェックしてみてくださいね♪

2016桜.jpg

▲薄紅色がとても可愛いソメイヨシノ

 

 

 

北野天満宮

所在地: 〒602-8386 京都府京都市上京区馬喰町

営業時間: 本日営業 · 5時30分~17時30分

電話: 075-461-0005
 

 

取材・文/中野里美