2013年9月アーカイブ

アカデミックな雰囲気で、お手軽フードに舌鼓&ちゃっかり穴場京都観光も!

突然ですが、まめ知識です。(あまり役に立たないですけど)

 
人口1万人あたりの学生数No.1。
人口100万人あたりの大学の数No.1。
 
それは、今も昔も学生の雰囲気が漂う街、京都市なのです。
(平成21年度学校基本調査より)
 
アカデミックな雰囲気を楽しみながら、懐かしい感じに浸れる、そんな京都観光もありかな~(^^)
 
 
京阪出町柳駅を出て、今出川通りを東に歩き、百万遍(ひゃくまんべん)へ。
いろんな交差点の名前がありますが、なかでも百万遍はインパクトあるな〜と感心しつつ、、、京都大学へ!
 
と、その前に気になるお店がいっぱいなのです。
 
阿闍梨餅の本店。すごーくおしゃれなお店。
 
日本で「唯一」の金平糖専門店。
スイカ味、完熟マンゴー味、など季節ごとの金平糖があり、それぞれ試食ができるんです。今回は、桃、リンゴの金平糖をお買い上げ。間違いなく女子に喜ばれます。
 
グラフィックス1.jpg
 
 
 
 
そして、ぶらぶら歩いていると、遠くに大きな赤い鳥居が!
そう、徒然草の吉田兼好さんがいたという、吉田神社。
京都大学正門は吉田神社鳥居の手前にあるのです
 
グラフィックス6.jpg
 
このあたりからビシビシとアカデミック放射を全身で受けることになります。
でも、大丈夫です。
大学構内は、近所のおばさんや子どもたちも歩いたり自転車乗ったり、観光客も訪れているので、まったく違和感はありません。
 
グラフィックス3.jpg
 
グラフィックス5.jpg
どこの学食がいいかな〜。
 
 
吉田食堂、時計台横の中央食堂は、残念ながら夏休み中の土曜日につきお休み。
ということで、今出川通りを越えて北部構内へ。
 
グラフィックス8.jpg
 
やったー!営業してた!
 
さっそく中に入り、怪しまれないように観察。
 
グラフィックス9.jpg
 
おおー、九州&沖縄フェアですと~!
鳥天に~、沖縄そばに~、ミミガー和え!?
これは、ぜひともオリオンビールもおいてもらいたい!
飲んでる学生がいないかチェーーーック、ておらんわい。
 
 
 
 
 
 
お次は、お好みコーナーですと~!
 
グラフィックス10.jpg
どうやら、「おばちゃん、○○お願いします。」て注文して、それから作ってもらうやつ。いわゆる「オンデマンド」形式やな(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この方式は初心者にはハードルが高いので、無難に「カツカレー」をチョイス。
副菜として「小松菜のビーナッツ和え」で合計430円!


グラフィックス11.jpg
 
これは感動。
ちなみに同行した連れは「ライスSS・味噌汁・餃子野菜あんかけ・蒸し鶏キムチあえ・鳥きも煮」
で430円。
 
kyodai.JPG
 
 
 
 
料金がリーズナブルだけではなく、費用対効果もバッチリです!

レシートには、赤、緑、黄で栄養表示(詳しくは)しているので栄養管理もバッチリ!
 
res.JPG
 
満足した後は、散歩がてら出町柳の「ふたば」まで行って名物豆餅を食べたのは言うまでもありません。
 
京都大学周辺にはいろんなスポット、例えば、銀閣寺、哲学の道などなどがあります。また構内はアカデミックなレンガ造りの校舎あり、並木道あり、へんな置物みたいなものもあり、築100年の寮もあり、カフェもあったりで、寄り道のしがいがあります。
一般的な観光ルートではありませんが、たまにはこういった寄り道的自分だけのスポット探しもいいのでは。
ぜひ、探検してくださいね。
 
写真・文/北村啓司