2013年7月アーカイブ

ワケは本能寺の能の字にあり!

 【見たい】【知りたい】

「ワケは本能寺の能の字にあり!」
~寺を火難から救った名案とは!?~

Visit】【History
<The solution is in the word "">
An idea that prevent the temple from fire disaster


1582年、明智光秀が織田信長を討った「本能寺の変」。センセーショナルな事件ゆえにドラマ化も多数、歴史好きでなくとも知る人の多い戦国時代の有名な事件のひとつではないでしょうか。
In 1582, Mitsuhide Akechi brought Nobunaga Oda to suiside in a fire. It is called "Homnoji-no-Hen."
It is one of the most famous stories in sengoku period, I guess. Even if you do not know much about history, you might know it because it was very amazing and drama about this story was up on a show many times.


天下統一を目前にして、家臣の謀反により散った織田信長の悲運とともに語られる、この本能寺。
実は、度重なる火災で消失と建立を繰り返す不運の歴史を持つのですが、「とあること」が理由で火難から逃れられたのだそう。

その「とあること」とは…?
Homnoji is well known for the tragedy that Nobunaga was assassinated by his retainer (Mitsuhide) right before his domination of whole country.
In fact, it has unfortunate history which is repetitive destruction and rebuilding by fire disaster, but it was prevented from fire by something.

What is something?

 

写真.JPG

現在は、寺町御池を少し下がった街中にある本能寺ですが、 創建されたのは油小路高辻と五条坊門の間の辺り。
当時は「本応寺」と称していたのだそう。 
It is located down the way of Teramachi-oike now. The original was built in between Aburakoji-takatsuji and Gojo-bomon.
It was "本応寺" written on at that time.

 
本能寺の歴史は、まさに焼失と再建の歴史。
京都市街の社寺で移転や焼失の経験が無い社寺は極めて少ないと言われるものの、本能寺は焼失が五度・七度の再建とその回数はかなりトップクラス。 
The history of homnoji is burning down and rebuilding.
Other temples in Kyoto has been burnt too, however five times of destruction by fire and seven times of rebuilding are rare.

本能寺のホームページにある年表ではこのようになっています。 
This is the time line in homnoji homepage.

 

1415年、日隆が油小路高辻に「本応寺」を建立
1418年、妙本寺の教徒により破却される
1429年、小袖屋宗句の援助により内野(西陣)に「本応寺」を建立
1433年、如意王丸を願主に六角大宮に「本能寺」を建立
1536年、天文法の乱(延暦寺の焼き討ち)
1545年、日承聖人が四条西洞院に建立
1582年、本能寺の変で焼失
1592年、秀吉の命にて移転
1788年、天明火災で焼失
1840年、日恩聖人による再建
1864年、蛤御門の変にて焼失
1928年、現在の本堂再建

1415 "本応寺" founded in Aburakoji-takatsuji
1418 Destroyed by follower of Myohomji
1429 Rebuilding in Nishijin
1433 "本能寺" built in Rokkaku-omiya
1536 Burning down in Tembunpo-no-Ran
1545 Building in Shijo-nishinotoin
1582 Burning down in Homnoji-no-Hen
1592 Relocation by Hideyoshi
1788 Burning down in Temme-no-Taika
1840 Rebuilding
1864 Burning down in Hamagurigomon-no-Hen
1928 Rebuilding present temple

 

ちなみに名を「本能寺」と改めたのは三度目の建立の際で、かの「本能寺の変」は四度目の焼失だった模様。
The name "本能寺" renamed is from 3rd rebuilding, then Homnoji-no-Hen was 4th burning.

そして、本能寺の変を経て、秀吉の命により現在の場所へ移転された後も天明の大火や蛤御門の変にて焼失…。
なんと炎上の割合は平均75年に一度に!!!
After relocation in the present location ordered by Hideyoshi, the temple was burnt in "Temmei-no-Taika" and "Hamagurigomon-no-Hen."
The average of fire is once in 75 years!!

建て直しの度に防災面で強化がなされ、信長が京都を訪れる際に本能寺を常宿にしていたのは御所近くという利便性はもちろん、まるで城塞のような構造を高く評価してのことだったとも言われたにも関わらず、度重なる火難。
Although it was like a castle and highly regarded, it always ended in fire. Every time his visit in Kyoto, he stayed in the temple which is convenient for him to go to kyoto palace. Fire prevention was improved in each rebuilding.

 

そこで考えられたもうひとつの策……二度目の改名だったのです。
Then, another way of solution was second rename.

 

「本能寺の“能”という漢字のツクリがヒを重ねて書くではないか!!!!!!!!!!!」
 "" is used double in "" for "本能寺." ("" japanese katakana word pronouced "hi" and the sound of  "hi" means fire in this case.)

 

と、声を荒げたかどうかはわかりませんが、現在はこのようになっています。
This is how it looks like now.

3.JPG

火が去る意味を込めて“去”のようなつくりになったのですね。
いつその名を変えたか諸説ありますが、1864年以降は火事の記録もないことを見ると能の字の変更は火伏せに一役買ったのかも!? 
"
" (means "leave" in japanese) was replaced, for the leaving of fire (.)
It is not clear when the name was changed. In a way, the rename was effective because no fire since 1864.

 

また、通称「火伏せのイチョウ」と呼ばれて大切に守られているのが、境内にある大きな1本のイチョウの木。
秋には輝くような黄金色に色付き、人々の目を楽しませてくれるこのイチョウは、本能寺の変の後にここへ移植され、1788年の天明の大火で市中が猛火に襲われたとき、水を吹き出して木下に身を寄せていた人々を救ったという言い伝えが残されています。 
A big ginkgo (icho in japanese) inside of temple grounds is called "Hibuse-no-Icho" and conserved well.
This icho will have beautiful color in fall and it is replanted after Homnoji-no-Hen.
When the city suffered from fire in 1788, "Temme-no-Taika," it protected people under the tree from fire apparently.

4.JPG

 炎上と火伏せにまつわるエピソードの多い本能寺。
ご利益があるわけではないけれど、twitterやブログなど現世ならではの「炎上」に頭を抱えている人も一度訪ねてみては? 
Homnoji has a lot of episode for fire and fire disaster prevention.
Why don't you visit homnoji if you are distressed by blog flaming? (Not sure if it is going to be a solution or not.)

 

1.JPG

ちなみに、本能寺の境内には信長公のお墓があります。

信長の遺体は見つかってないようで、地下に作られた逃げ道から脱出して生き延びたのでは…など諸説語られつつも、今なお謎に包まれたまま。

現本能寺の本堂の裏には信長の供養塔がありますが、遺骨の代わりに信長の太刀が納められていると言われています。

There is a grave for Nobunaga inside of temple grounds.
His dead body has not been found yet, so it could be thought that he escaped from underground. But it is still in a mystery.
A memorial monument for Nobunaga is seen behind the temple. His sword is in there instead of his body.

 

 本能寺ホームページ
Homnoji Homepage (Japanese only)
http://www.kyoto-honnouji.jp/

 

文・写真/永井美子 翻訳/林元洋
Author/Photo Yoshiko Nagai, Translate/Motohiro Hayashi
 

舞妓さんや芸妓さんと呑んでみたいっ!を叶える。

 【やりたい】【食べたい】【飲みたい】

舞妓さんや芸妓さんと呑んでみたいっ!を叶える。
~京の情緒とともに酔える花街のビアガーデン~

Experience】【Food】【Drink
Making desire to drink with geisha real
Feature of summer in hanamachi beer garden

 

祇園祭の山鉾巡行も終わり、京都は夏真っ盛り。
例年よりも早い梅雨明けの今年ですが、暑いのにはかわりありません。
少しでも涼を求めて川床もありですが、せっかくの京都!
舞妓さん、芸妓さんのいるビアガーデンはいかがでしょうか?
Since yamaboko parade of gion matsuri finished, it is turning into mid-summer.
This rainy season ended earlier than usual. It is very hot now.
It is your choice to go to cooler place like river bed, but here is Kyoto.
Why don't you go to beer garden with Geisha?


訪ねたのはその名も「上七軒ビアガーデン(かみしちけんびあがーでん)」
It is "Kamishichiken beer garden" we visited.

IMG_2519.jpg

場所は北野天満宮のお隣、上七軒歌舞練場です。

京都五花街のひとつである上七軒の歴史は古く、室町時代から参詣人の休憩所として七軒の茶店があったことから七軒茶屋と称されていたそうな…。
It is located next to Kitano temmangu, Kamishichiken-kaburenjo (a place for geisha to practice performance.) Kamishichiken, one of kyoro-gokagai (where Geisha stays) has old history and apparently shichiken-jaya is named after seven (shichiken) tea houses (jaya) which were used for travelers as a rest point from muromachi period.

1.jpg

しっぽりとした京都らしい雅な灯りが出迎えてくれる入り口の向こうには、静かな緑溢れる日本庭園がひろがり、ビアガーデンのイメージとはかけ離れていますが、もちろんここで乾杯できます!
雨の日も大丈夫ですよ。屋内のお部屋が用意されています。
It is ok to have some beer here though it does not look like beer garden. There is a japanese garden with green and lights.
No problem with rains. Rooms inside available.

 

IMG_2529.jpg

 メニューは、最初の1セット1800円(ビール中ジョッキ1杯+酒菜2品)。
2杯目からのビール中ジョッキは950円!

 「ん!?」

「これは、1杯だけいただいて、その後は祇園で飲み直しましょか?」
「せやな、どんなもんか見にきただけやし」
「そうですよねー♪」 
枝豆を食べながらビールをちびちびやってましたら・・・

「おこしやすぅぅ」

わっ!!!
リアル舞妓!あれ、芸妓さん? いやどっちでもええわ!
とりあえずこんなに間近で見るの初めてやし緊張><!!

テーブルに付きっきりとはいきませんが、上手にタイミングを見計らっての接客と「あきまへんわ」「いややわぁ」などの京ことばが抜っ群に心地いい。
ご一緒した前職場の先輩(関東出身、現在沖縄在住)は感動しすぎか思わず変な関西弁を連発><
First set of menu is 1,800 yen (jug beer and two appetizers) Jug beer is 950 yen after first set.

"What!?" (surprised with the price.)
"One drink is enough here. We can drink at Gion then."
"Yeah, we came here just to see how it is."

"Right."

Drinking beer with edamame

"Okoshiyasu" said geisha.
(Wow, she is a real Geisha!)

This is the first time to see geisha right in front of me, so I was very nervous.

They cannot be with us all the time, but they came us at the best possible timing. Then, it is very nice to hear their unique phrases like "Akimahemwa"or "Iyayawa."
My senior was impressed much, so he talked with strange Kansai accent.

名称未設定 1.jpg

初々しい舞妓さん、経験豊かな芸妓さん、「おかわりどないどすぅ?」のキラートークでついつい2杯、3杯といっちゃうのはどうも仕方ないですね。

でもそれだけの価値(個人的な感想)はありますし、正直また行きたいっ!!

ちなみに、男性のお客様ばかりではありません。
女性グループ、外国からの観光客も多くいらっしゃいます。
もちろん、一見さんお断りでもないです。
夏の風物詩ビアガーデンと京都のおもてなしを体験してくださね。

"Would you like a refill ?" asked new and experienced geisha.
I cannot help but drink it again and again.

It is worth paying such a cost, I think. I want to come here again honestly!!

Not only men groups but also women groups and international tourists visit here.
Anyone is welcome.
I recommend you to have Omotenashi (generous hospitality) at beer gurden.

  

ビアガーデンは9月5日まで。
詳しくは上七軒歌舞会ホームページを
http://www.maiko3.com/event/ev-6.html

Beer garden is opened up to 5th Sep.
Details below. 

 

文/北村啓司 写真/ひらばやしひろみ 翻訳/林元洋
Author/Keiji Kitamura, Photo/Hiromi Hirabayashi, Translate/Motohiro Hayashi

 

 

"祇園祭=鱧祭り" 夏の京都で鱧を食べる理由とは...?

  【知りたい】【食べたい】

“祇園祭=鱧祭り”
夏の京都で鱧を食べる理由とは…?

Experience】【Food
"Gion matsuri = Hamo matsuri" Why do they eat hamo in summer of kyoto.

 

7月も半月が過ぎようとし、今日は祇園祭の宵山。
梅雨明け宣言したもののやはり宵山が始まるとやはり日々夕立ですね。
「戻り梅雨…」なんて今朝のテレビで言われていましたが、やはり「巡行過ぎたら梅雨明け!」の定説は合ってるのかもしれません。
地元では「天気が悪い、雨が降る」とよく言われる宵山へお出かけの際は暑さ対策とともに雨対策もお忘れなく! 
A half of this month has passed and today is yoiyama.
Although rainy season has ended already, we get in an evening shower.
"Rainy days may come back." said on TV this morning, but it is true that once yamaboko parade finish, no more rains.
Make sure you got something for heat and rain when you go out yoiyama.

 

さてそんな祇園祭真っ只中の京都ですが、祇園祭が俗に“鱧祭り”と言われていることをみなさんご存知でしょうか?
祇園祭になると鱧需要が一気に高まり、まさに夏の京都に鱧は欠かせない存在に。
ではなぜ、祇園祭に鱧が食べられるのかと言うと・・・。
By the way, do you know that gion matsuri is called "Hamo matsuri" in another way?
Hamo is really popular fish during gion matsuri, so hamo is must need.
Why do they eat it during this event?

 

_MG_0171.jpg

昔の京都は交通の便が悪く、暑さ厳しい真夏に「鮮度のいい魚」を手に入れるのは至難の業。
道中で多くの魚たちが息絶える中、生命力の強い鱧だけが瀬戸内や明石から生きたままやって来たことに由来するのだそうです。
(しかしここ最近の猛暑……もし昔のように交通の便が悪かったら鱧は生きたまま京都までやって来られるのでしょうか…)
また、「梅雨の雨を飲んで美味しくなる」と言われる鱧は、梅雨明けの頃には身に脂がのり、まさに旬!
It was hard to get fresh fish in such a hot summer long time ago, because transportation is not convenient at that time.
While most of fishes die on a way, only hamo survive from Seto island sea or Akashi to Kyoto. (However, I wonder if hamo survive in this recent hot condition.)  Then, hamo is right in season with good fat. It is said that hamo becomes tasty by drinking water of rainy season.

 
灼熱の太陽の下でも生きた状態で入手可能だったこと、ちょうど梅雨時期~梅雨が明け始める7月の祇園祭の頃が旬を迎える…ゆえに鱧は夏の京都に欠かせない存在となり、祇園祭に鱧を食べる習慣が京都では根付いたようです。
Again, hamo was easier to get in a hot condition, then hamo is in season which is Gion matsuri at the end of rainy season.
Thus,  hamo is must need fish in summer and it becomes routine to have hamo during Gion matsuri in Kyoto.

 

fish_hamo.png

鱧の語源の一説:鋭い歯と強靭な顎を持つため、「咬(か)む、食(は)む」が転じて「鱧(はも)」と呼ばれるようそうです。

 

今では、京都だけでなく関西圏全域では馴染み深くなっている鱧ですが、関東ではまだまだみかけないのが現状のよう。
主に関西近海で獲れる魚ではあるものの、輸送技術も高まり新鮮な鱧を手に入れやすくなった今でも、関東方面の食卓では鱧が広まらないのはなぜ…!?
Though hamo is popular not only in Kyoto but also in Kansai area, it is rare to see it in Kanto area. Why does it happen despite transportation is improved enough to carry hamo from Kansai to Kanto area?

_MG_0077.jpg

鱧は小骨が多い魚のため、食べるためには「骨切り」という技術が必要です。
しかし、鱧に馴染みの少なかった関東では「骨切り」の技術も広まらず、現在でも鱧をさばける職人さんが少なく、それが関東では鱧が広がらない原因なのかもしれません。
夏の京都では、いたるところで鱧を食すことが可能です。ぜひ鱧料理を味わい、京の夏を感じてみてください。
Hamo has a lot of tiny bones , so it needs to be chopped with skill of "hone-kiri."
The skil of hone-kiri was not inherited to professional cook in Kanto because hamo was not come in.  This could be a reason that hamo is not getting popular in Kanto, I think. It is possible to have hamo everywhere in Kyoto. Why don't you try it once and feel summer of Kyoto?

 

文/高野悠里  写真/富上永一郎
Author/Yuri Takano, Photo/Eiichiro Togami, Tranlate/Motohiro Hayashi

花街の女性たちに伝わる年に一度の願掛けとは!?

花街の女性たちに伝わる年に一度の願掛けとは!?
~祇園祭で願い叶えよう~ 
Women make a wish once a year  
Make your wish come true in Gion matsuri


気がつけば、7月ももうすぐ2週目。

街中で次々に建てられている山鉾も今日あたりから曳き初めが行われ、宵山、山鉾巡行……と、祇園祭の神事は続いていきます。 
It is the 2nd week of July already.
Yamaboko bulit in each area is started to be pulled and programs of ritual progressed one after another such as yoiyama, yamaboko parade etc.

yoiyama2012-08.jpg

 

さて、そんな祇園祭の期間中に古くから花街の芸舞妓さんが行う「願掛けの風習」があるのはご存知ですか?
「達成すれば必ず願い事が叶う」と伝えられるこの願掛け。
ぜひ今年は京都で願いを叶えてみてはいかがでしょう?
Now, do you know another old custom to make a wish which maiko (apprentice geisha) does?
It is said that "Your dream comes true if you achieve it."
Why don't you try "making a wish" this year?

 

junko2012-03.jpg

 

17日の山鉾巡行を終えると祇園祭もひと段落……と思っている人も多いようですが、まだまだ行事は続きます。
というよりは、「神事」ということに立ち戻ると、この後からが祇園祭の本番と言えるかもしれません。
山鉾巡行の意味には諸説あり、疫病等の災厄をもたらす疫神を鎮めるための依り代として鉾や山を作り、荒ぶる疫神を鎮めるため鉦や笛、太鼓で囃しながらに町中を回ったという説や、神輿に八坂神社の神を迎える神幸祭に先立ち、都大路の清祓をするという説も。
A lot of people think ion matsuri reaches a peak in 17th of yamaboko parade , but events still goes on.
Gion matsuri which has traditional rituals is getting close to the peak from this parade.
The purpose of yamaboko parade has different tradition.
One is  to protect people from epidemic by devoting Hoko and Yama and walking around town with giving a performance to God. Another is to purify streets before welcoming God of Yasaka shrine on mikoshi.

 

そして、巡行の日・17日の夜に行われる神幸祭では、山鉾により清められた都大路を通って御神輿は四条通寺町東入る貞安前之町の八坂神社御旅所へと移されます。
Then, in 17th of parade day at night, Mikoshi (which God stays in) will be carried to Yasaka shrine going on purified street by yamaboko. This is Shinko-sai (one of rituals.)

10077847799.jpg

つまり、24日の還幸祭までは御霊は御旅所に鎮座されているということ。
そんな17日の夜から24日までの7日間に行われる願掛けの風習が・・・・・・
その名も「無言参り」!
Thus, god stays in the shrine until 24th, the day of Kanko-sai.
The custom of making a wish between 17th and 24th is... "mugon mairi."

 

もともとは、花街の芸妓・舞妓さんがお座敷の後に恋愛成就を願って通いつめたことにはじまった風習のようで、祇園の神様と同じように鴨川を渡り、7日間四条御旅所まで1日も欠かすことなく詣でて願掛けをします。
ちなみにこの夜詣りのときには、行きも帰りも途中で誰かと口をきいてしまうとせっかくの願いが叶わないとか(笑ったりしてもいけないのだそう!)。
まさに「無言」で参ること。これが「無言参り」の名の由来であり、願いを叶えてもらう秘訣のようです。Originally, apprentice geisha used to go to Yasaka shrine to pray success of love. This is the start of this custom.  They cross Kamo river as God did and pray 7 days in a row.
They cannot speak to anyone on a way to go and back because if they do it, their wish ends in failure. (Laughing is not allowed neither.)  This is exactly "mugon (keep silent)." Mugon mairi is named after this custom and this is a key to get their wish come true.

 

今では芸舞妓さんに限らず、この「無言参り」をする若い女性の姿も見かけられるとか……。
Now then, not only apprentice geisha but also ordinary young women does this ritual, apparently.

 

 

 

ちなみに、「無言参り」には、17日~24日のいずれかの日の一夜に「七回参る」という説もあるようです。
17日~24日の7日間、通い詰められる人はぜひ七夜連続で。
一日しか参ることができそうにない人は一夜に7回。
Going and praying 7 times at a night is another option.
Praying every night for 7 days in a row or praying 7 times at a night is choice.

 

どちらにしても願いを叶えてもらうためには、努力が必要ということのようですが…ぜひ願いが叶えてくださいね!
Anyways, you need to make an effort to make your dream come true. Why don't you try it?

_1120146.jpg

 

 

文/永井美子 写真/太田恭史 翻訳/林 元洋
Author/Yoshiko Nagai, Photo/Takashi Ota, Translate/Motohiro Hayashi

 

実は一般人でも山鉾を曳ける&舁けるんです!

【やりたい】【みたい】  
実は一般人でも山鉾を曳ける&舁けるんです!
~ひと足お先に鉾への搭乗も~

We, ordinary people can pull Yamaboko!
Getting on Yamaboko earlier

 

祇園祭が始まったかと思ったら、雨が続く京都です。
「梅雨明け…か?」なんてニュースも今朝流れていましたが「巡行とともに梅雨が明ける」は京都暮らしで学んだ梅雨明けの目安。
まだもう少し続くのでは?と勝手に思っています。
さて、そんな梅雨空の下ではありますが10日または11日から各山鉾町で山鉾を建て始める「鉾建て」「山建て」が始まります。
約3日間かけて組まれる山鉾。
実は完成直後が狙い目で……なんと私たちも曳く(舁く)チャンスなのです!
Gion Matsuri has begun in the middle of rainy season.
It was said that "It might have been the end of rainy season." on news this morning, but I know summer comes with beginning of rituals for Gion matsuri. So, the rainy season has not ended yet, I think.
Though it is such a gloomy days, yamaboko (floats) are going to be built in each area for three days from 10th or 11th. Actually, we, ordinary people have a chance to pull Yamaboko right after the assembling!

 

山鉾建とは、その名の通り「鉾」と「山」を建て始めることを指します。
そのため、山鉾の建つ四条周辺の、室町通や新町通では交通規制が始まり、メインストリート四条通にいたっては1車線まるごと規制して山鉾のために使用されます(贅沢!!)。
(そのため、10日頃からは四条周辺が渋滞します。お出かけの際はお気を付けくださいね)
祇園祭最優先!なわけですね。
Yamaboko tate (To build yamaboko) means to build yama (foundation) and hoko (upper floor.)  In order to build them, Muromachi and Shinmachi street near shijo will be under traffic regulation and main street in shijo dori will be occupied with yamaboko! (Traffic is expected to be slow.)  Gion matsuri is top priority at this time.

 

山鉾の組み上げには、釘は一切使用しません。
縄だけで固定していく「縄絡み(なわがらみ)」と呼ばれる伝統的な施工法で手伝い方・大工方と呼ばれる人々が担当されます。
Yamaboko has no nails at all in its structure. Carpenters and assistants assemble it  in a traditional way called "Nawa garami" with ropes only.

gion12.jpg

規則的で、模様を作り出すように縄目が整然と巻かれた様は本当に芸術的!
It looks artistic in a regular pattern!

gion13.jpg

でも、本番はこの上から数々のタペストリーや装飾品で飾りを施すため、実はこれらの縄目をじっくりと見られるのは、実はこの鉾建て期間中だけなのです。
However, decorations cover this ropes, so this traditional way of assembling can be seen during yamaboko tate.

 

そして山鉾が組み上がると、試運転ともいえる「曳き(舁き)初め」に臨むわけですが……この「曳き初め」だけは、誰でも参加可能で、山鉾を曳く(舁く)ことができます。
Once yamaboko is built, "Hikizome" (practice run) begins offering anyone to pull this yamaboko .

 

スケジュールはこちらに公開されていますが、だいたい12日の14時頃~が多いようです。
The schedule is below. Mostly it is from 2.p.m on 12th.
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/gion/gion.php?mode=s

 

開始予定時間の少し前に山鉾の場所へ行くと、時間になり次第保存会の人から指示があるので従って参加しましょう。特に奉納金などは不要のうぴです。
曳き初めに参加するのは地元の子どもたちの参加が多いようですが、ここはいっちょ遠慮せず(でも子ども優先で)に列に加わりましょう。 
If you go to yamaboko right before the beginning of Hikizome, a staff will tell you what to do, so follow their instruction. Money is not needed.

Mainly, local children join this event, but everyone (adult is ok.) can experience this event

 

曳き初め・舁き初めの翌日には山鉾に乗ることができる「一般搭乗」も始まります。
(長刀鉾は女性搭乗不可)
14日の夕方以降はかなり混み合うので、ゆっくり山鉾を見物したい人はそれまでに行くと混雑を逃れてゆっくり見られるのでおすすめです。 
Getting on hoko for ordinary people begins on the next day of Hikizome. (Man only on Naginatahoko)  It will be busy especially from the evening of 14th, so it is better to go by that time not to miss a chance. You can enjoy watching them.

 

山鉾は「動く美術館」とも称されるほど調度品が見事。重要文化財に指定されているものもあるので、ゆっくりと観覧した方がお得です。 
Yamaboko looks so wonderful that it is called moving museum. You should take a time to watch this important cultural properties.

 

基本的に、粽や各山鉾のてぬぐいなどグッズを購入すれば搭乗可能なところが多いようです。
Basically, if you buy chimaki or some goods like towel of each yamaboko, it is easier to get on it.

 

 ぜひ今年は「参加」して祇園祭を体感してみてください♪ 
I recommend you to "join" this precious experience of Gion matsuri.

 

junko2012-01.jpg

(この写真は本番の写真です)
(This is a real part of it.)

 

文/永井美子  写真/鉾建ての写真はこちらからお借りしました
Author/Yoshiko Nagai, Photo/From here. Translate/Motohiro Hayashi

 

7月の京都は毎日がお祭り!!

 【見たい】【やりたい】

7月の京都は毎日がお祭り!!
~1ヵ月間続く祇園祭がはじまります~

 

Visit】【Experience
Everyday matsuri (festival) in July of Kyoto!? 
The start of Gion matsuri long for a month

 

昨日は、今年の上半期の罪や穢れを祓い、残り半年の無病息災を祈願する「夏越の祓」でしたね。
Yesterday was the day of "Nagoshi-no-harae." We had a purification ceremony for first half year and pray for good health for the rest of this year.

1001480_523813774352780_1473955514_n.jpg


私も氏神さんである松尾大社へ参拝し、大祓式に参加。神職さんと一緒に茅の輪をくぐり「お祓いさん」をいただいてきました。
I went to a local shrine, Matsuo taisha, and joined the event to pass through a circle (Chinowa) and I got Oharaisan.

 

1003828_523813871019437_741798859_n.jpg

「お祓いさん」とは短冊がついた茅のこと。自分で編んで輪にして1年間玄関に置いておきます。"Oharaisan" is a part of the circle (Chinowa) with strip of paper. You make a circle with this and put it on threshold for a year.

 

そして、今日から7月!
2013年も後半戦ですが、「7月」と言えば京都はいよいよ「祇園祭」が始まります。
 Then, July from today! July is a month of "Gion matsuri."

RIMG0010.JPG

京都三大祭り、日本三大祭り、日本三大曳山祭、日本三大山車祭ととにかく日本国内有数の祭りである「祇園祭」。7月14日~16日の宵々々山・宵々山・宵山、7月17日の山鉾巡行、神輿渡御・神幸祭などは日本中、いや世界中から祭を見たい人が京都へ来るほど有名ですが、それだけに非ず。

7月の1ヵ月間にわたり、実にさまざまな神事が執り行われているのです。

例えば…

今日・7/1は「吉符入」で、今日から各山鉾町では日々祭礼奉仕や神事の打合せが始まり、八坂神社では長刀鉾町の町内一同が稚児や禿と共に神事の無事を祈願する「長刀鉾町お千度」が行われます。

 "Gion matsuri" is one of the nation's most popular festivals; (Kyoto three majors festival, Japanese three majors festival, Japanese three majors Hikiyama festival and Japanese three majors Dashi festival.) People not only from Japan, but also all over the world will gather in this famous festival from 14th to 16th of programs, yoiyoiyoi-yama, yoiyoi yama, yoi yama and in 17th, Yamaboko parade, Mikoshi togyo and Shimko-sai. These are just one of programs.

 During a month of July, a variety of rituals are performed.

 For example, today, 1st of July is "Kippu-iri." In each yamaboko cho (district,) a meeting is held to organize rituals well. Then in Yasaka shrine, "Naginatahoko cho osemdo" is performed to pray for safety in rituals with all the people of Naginatahoko cho.

 

そして明日・7/2は「くじとり式」。
17日に行われる山鉾巡行の順位を決めるために各山鉾町代表者が京都市役所に集まり、くじを取ります。
Then, tomorrow, 2nd of July is "Kujitori shiki."
The leaders of yamaboko cho will gather in city office and draw lots to decide the order of the parade of 17th.

10日~は山鉾建で、いよいよ各鉾町が鉾、曳山を組み立てはじめます。
また、同日10日には八坂神社の舞殿に据えた神輿三基の内一基(中御座)の前後を松明で照らしながら四条大橋まで担ぎ、神輿を清める神輿洗式が行われ……
 Every yamaboko cho starts to assemble floats from 10th.
 Also on 10th, one of three mikoshi (flosts) of Yasaka shrine will be brought to Shijo ohashi with lighting up and it will be purified in a ceremony.

 

12日~ 曳き初め(12th, Hikihajime)

13日  稚児社参(13rd, Chigo shasan)

14日~ 屏風祭(14th, Byobu matsuri)

15日  伝統芸能奉納(15th, Dento geno hono)

16日  献茶祭(16th, Kenka sai)

17日~24日 無言参り(17th to 24th, Mugon mairi)

23日  花傘巡行(23rd, Hanagasa jungyo) 

24日  還幸祭(24th, Kamkosai)

25日  狂言奉納(25th, Kyogen hono)

31日  疫神社夏越祭(25th, Kyogen hono)

 

……と、宵々々山・宵々山・宵の他にこれでも行われる神事の一部。
These are one of the programs for ritual.

祭りを支える町衆の皆さんにとって、7月はさぞかしお忙しいことだろうなぁ、と思います。
他にもお囃子の練習や粽の用意……。
July is too busy month for people who make and organize festival, I think.
Add to that, they practice to play music instrument and prepare to make chimaki.

京都に暮らしていると、さまざまな「祭」が地元の人々の手によって支えられ、大切に受け継がれていることを実感する機会がたくさんあるように思います。
We can see matsuri is made by cooperation of many local people and that is inherited to next generations.

京都の人々が守り続けている祭。
今年は宵山や巡行以外のテレビでは放送されない「祇園祭」もぜひ楽しんでみてください★
Matsuri is supported and well kept by Kyoto people.
I recommend you to see "Gion matsuri" not only on TV this year.

 

RIMG0006.JPG

 

 

文・写真/永井美子 英訳/林元洋
Author/Photo Yoshiko Nagai
Translated by Motohiro Hayashi

世界初の駅伝コースは、東海道五十三次。

 世界初の駅伝コースは、東海道五十三次。

~駅伝発祥の地「京都・三条大橋」~

【見たい】【知りたい

駅伝は日本が発祥だということをご存知の方は多いですが、駅伝がどこで始まったかを知っていますか?
駅伝というシステムの着想自体が、江戸時代における東海道五十三次における伝馬制からヒントを得たと言われています。

Visit】【History
The world's first course of relay road race (Ekiden) is Fifty-three Stages of the Tokaido (Tokaido Goju-san tsugi)  Sanjo-Ohashi, Kyoto. a birthplace of Ekiden

 

 Ekiden is well known for Japanese origin, but do you know where it was started? It is said that a system of relay race (ekiden) took a cue from Temma-system on Tokaido goju-san tsugi in Edo period. 

 
日本で初めての駅伝は「東海道五十三次駅伝競走」と呼ばれ、関東VS関西の対抗戦でした。三条大橋から東京・上野の不忍池までの514km、23区間を3日間、昼夜問わず走り続けるというレースだったそうです。1917年のことです。今は最も有名な駅伝といってもいい箱根駅伝は、この駅伝の3年後に始まっているそうです。
The first Japanese ekiden which is called "Tokaido goju-san tsusgi ekiden kyoso" (The Fifty-three Stages of Tokaido relay race) was eastern Japan (Kanto) against western Japan (Kansai.) The route is from Sanjo-Ohashi, Kyoto to Shinobazu pond in Ueno, Tokyo. The distance is 514 km long taking three days at any hour of day or night.     That was in 1917. The most popular ekiden, Hakone ekiden started three years later then.
 

東海道五十三次駅伝は街灯などない時代だったので、夜は選手を囲んだ大集団が、手にカンテラや懐中電灯を持ってコースを照らしたんだそうです。また当時、木曽川など大きな川に橋がない場所が多く、選手は渡し船を使ったそう。

Since there was no lights at that period, the course was lit up with flashlight by big groups of volunteer around runners. Also, there was no bridge to cross over a big river like Kiso river, so they used a boat.


_1120267.JPG
スタート地点である三条大橋には、それを記念する「駅伝発祥の地」の石碑が立っています。これはゴールの東京・上野公園の不忍池東岸にも設置してあるのだとか。

The monument of  "Birthplace of Ekiden" in Sanjo-Ohashi. This monument is placed at the goal of the course, Ueno park, Tokyo.

 
 
IMG_2422.JPG
こんなふうに、「草津」「水口」…と京都からの中継地点が碑の下部にはきざまれています。
These dots like "Kusatsu" and "Minakuchi" on the monument are relay point.
 
 
IMG_2423.JPG
こちらはゴール側。箱根、国府津、藤沢、川崎、、、そして不忍池と、合計24ポイントが記されています。

This side of the monument has "Hakone," "Kouzu," "Fujisawa," "Kawasaki"...and "Shinobazu." 24 points in total.

 
IMG_2424.jpg
ちなみに、対岸には、「東海道五十三次膝栗毛」でおなじみの、弥次さんと喜多さんが。この人たちはこの区間を歩いたわけですね。フィクションですが^^;

On the other side, statues of Yaji-san and Kita-san that walked through the route "Tokido Goju-san tsugi Hizakurige" though it is fiction.

 
今でも京都は、全国高校駅伝や女子駅伝、大文字駅伝、車いす駅伝など、駅伝がさかんな土地。世界中ではじめて駅伝が始まった地であるという、歴史があるからなのかもしれませんね。
Now in Kyoto, because of this historical birth place of ekiden, we have lots of ekiden races like the national high school ekiden, womens' ekiden, daimonji ekiden, wheel chair ekiden etc.
 
 
 
駅伝発祥の碑
アクセス/市バス三条京阪前、京阪電車三条すぐ

The monument of ekiden birth place
Access: Near Sanjo-Kehan mae stop (city bus) and Sanjo station (Kehan Line) 

 
文/ひらばやしひろみ 写真/太田恭史、ひらばやしひろみ
Author/Hiromi Hirabayashi Photo/Takashi Ota, Hiromi Hirabayashi
Translated by Motohiro Hayashi