2013年6月アーカイブ

京の七口は税金窓口だった!

京の七口は税金窓口だった!
〜京都の地名につく「口」とは?〜
Was Kyo-no-nanakuchi (京の七口) customs!? What is ""(Kuchi) at the end of names for places in Kyoto.

 

【見たい】【知りたい】
京都の現在の地名や駅名には、「口」とつくものが多いですよね。JR「丹波口」、地下鉄「鞍馬口」、地名でも「荒神口」「粟田口」などなど…
これは鎌倉時代後半から現れ、京都と地方を結ぶ街道の出入口の要所につけられていたようです。特に重要な口は「京の七口」と呼ばれていますが、時代によって、口の場所や数は変化したようです。

Visit】【History
It is found that a lot of names which have "kuchi"( in japanese kanji) in the end of names for places or stations in Kyoto. For example, on JR line "Tamba-guchi(丹波口,)" on subway "Kurama-guchi(鞍馬口,)" places like "Kojin-guchi(荒神口,)" "Awata-guchi(粟田口,)" etc. 

この「口」には関所が置かれて、幕府が諸国から入る物品に税をかけたり、通行税をとって、財源としていたそうです。特に有名なのは、室町幕府八代将軍足利義政の奥さん、日野富子のエピソード。彼女は「強欲な悪女」として名を馳せていますが、この「京の七口」の関所で通行税を徴収し、そのお金を武士に貸し付けて莫大なお金もうけをしたと言われ、それが山城国一揆につながったのだとか。
These are found later in Kamakura period at checkpoint between central Kyoto and local places. The most important checkpoint (kuchi or guchi) is called "Kyo-no-nanakuchi" The locations and the numbers of these checkpoints differ from age to age.
At these check point, shogunate government took toll charge and imposed a tax on imported goods,then they saved it as their financial resource. The most famous story is about Tomiko Hino who is a wife of Yoshimasa Ashikaga, 8th shogun in Muromachi period. She is known for greedy woman. She earned much money by lending samurai money which was toll charge taken from people. Accordingly it triggerd a battle of Yamashiro-no-kuni-Ikki.
 
また、この「口」は多くの街道の京都への入り口であることから、七口は京都と地方を結ぶ軍事上の要衝でもありました。
Also, Nanakuchi was strategic point for military.
 
1591年、豊臣秀吉が京都大改造に着手し、京都をぐるりと取り囲む「御土居」を構築しました。高さ三メートル余りの土塁で、北は北大路から南は九条まで、東は鴨川西岸から西は西大路まで、城壁のように巡らしました。これが洛中と洛外を分ける境界線となり、京の出入口を土塁に開いた「口」として、まさに「京の七口」は文字通りの口として具現化したのでした。

In 1591, Hideyoshi Toyotomi started making innovation of Kyoto by building mounds (Odoi) to surround central city (Rakushu.) The mounds were 3 meters height and like a castle wall, from north, Kita-Oji to south, Kujo and from east, west bank of Kamogawa to west, Nishi-Oji, they fortified central city. These mounds divided Kyoto into central city and the others. 

 
_1120257.JPG
写真は七口の中でも、東海道、東山道、北陸道の三道に通じ、江戸と京都を結ぶ交通の要衝として最も重要な口である粟田口の跡です。現在は白川小学校の門となっており、その横に「粟田口」の石柱が残っています。
This is remains of Awata-guchi which is the most important checkpoint connects Edo and Kyoto, and leads to Tokai-do, Tosan-do and Hokuriku-do. It became gate of Shirakawa elementary school. Stone pillar remains beside.

* Do means street in this use of japanese.

 
 
IMG_2468.jpg

粟田口にほど近い粟田神社は、古来東山道・東海道を行き来する人々が旅の安全を願い、また道中の無事を感謝してお参りされていくことにより、いつしか旅立ち守護・旅行安全の神として知られるようになりました。
Awata shrine near Awata-guchi is known for gurdian god for travelers beacause people who come and go on Tosan-do and Tokai-do used to pray for safety along the way.
 
七口といわれる場所には、このように今でも石碑や記念碑が残っている場所がけっこうあります。
Every place of Nanakuchi monuments still exist like this at most of the places, Nanakuchi.

 
img_1358206_60801938_0.jpg
 
これは賀茂川の出雲路橋西側にある、鞍馬口の石碑。
「出雲路」というのは、出雲へ向かう道…と思ったら、どうやらそうではなく、このあたりは出雲から引っ越して来た集団が住み着いた場所なのだそう。その氏族からついた名前なのです。
The monument at Kurama-guchi located in western side of Izumoji-bashi, Kamogawa.

"Izumo-ji" the name came from "a way to Izumo" I thought, but it came from a group which moved from "Izumo" and stayed in here.

 
tanbaguchi.jpg
 
こちらは丹波口にある石碑。このように、「口」と呼ばれる関所には、「是より洛中」という京都奉行所の表記があったそうです。この碑の正面にはそれに加え、「荷馬口付のもの乗へからず」と京都に入る時に馬から降りるよう呼びかける言葉が彫られています。
The monument at Tamba-guchi. At check points called "kuchi or guchi," there was a sign saying "Rakuchu (central city) from here." Also, this monument says "Get off a horse."

 
 
洛中に入るにも出るにも、昔は厳しいチェックがあったのですね。
おまけに税もかけられて、人や物の移動が、大きく制限されていたんだなあと驚きます。自由に行き来できる現在とは、都の定義も大きく違っていたのかもしれません。
A rigorous check was usual when you entered and exited central city (Rakuchu.) It was obviously ristricted for people to go into the city and bring some goods. It is much different from present day.

 

 
 
 
粟田口の石碑 白川(旧粟田)小学校 
住所/京都市東山区三条坊町52-4 
アクセス/市営地下鉄東西線「東山駅」下車東へ徒歩5分
Monument at Awata-Guchi,  Shirakawa (former Awata) elementary school

Address: 52-4 Sanjo-bocho Higashiyama-ku, Kyoto city 
Access: 5min. walk eastward from Subway Tozai Line Higashiyama station

 
鞍馬口の石碑

住所/京都市北区出雲路立テ本町
アクセス/市バス「出雲路橋」下車すぐ
Monument at Kurama-guchi
Address:Izumojidate motocho Kita-ku, Kyoto city
Access: Near Izumojidate-bashi stop (City bus)

 
丹波口の石碑

住所/京都府京都市下京区朱雀分木町
アクセス/JR丹波口駅下車徒歩10分
Monument at Tambaguchi
Address: Sujakubumki-cho Shimogyo-ku, Kyoto city
Access: 10min. walk from JR Line Tambaguchi station

 
文/ひらばやしひろみ 写真/太田恭史、ひらばやしひろみ 英訳/林元洋
Author/Hiromi Hirabayashi Photo/Takashi Ota, Hiromi Hirabayashi
Translated by Motohiro Hayashi
 
 
 

 

古より人と物が集まる京の都で手作りの逸品に出会う。

 【買いたい】

古より人と物が集まる京の都で手作りの逸品に出会う。
~京都の「市」その1/上賀茂さんの手づくり市~

Shopping
~Kyoto local market part.1/Kamigamo Hand made market~

 
錦市場や新京極でのお買い物も楽しいですが、
「市(いち)」でのお買い物も京都の楽しさのひとつです。
Shopping at Nishiki market and Shin-Kyogoku is enjoyable. Also, shopping at a local market (“ICHI” in Japanese) is  more interesting experience.
 
さまざまなところで開かれているので、市の開催に合わせて京都旅行を計画するのもオススメです。

Planning your trip following a local market at different places is one of options.

 
アンティークの和食器がびっくりするような価格で手に入ったり、作家さんの手仕事の品が売られていたり。
お店の人との会話に「モノが生み出されるストーリー」を聞くことができたり…。

It is possible to get Japanese-style antique with cheaper price in the local market. You can see handmade creation by artists. And talking to shop staffs about products is another fun.

 
まずはちょうど明日(6/23)に開催される「上賀茂手作り市」からご紹介しますね。

First of all, “Kamigamo handmade market.”. 

 
 
毎月第4日曜に「上賀茂手作り市」が開催されるのは、府内に17もある世界文化遺産のひとつ上賀茂神社。
It is held in every 4th of sunday at Kamigamo shrine which is one of 17th world's cultural heritage in Kyoto 
 
P1030512.jpg
正式名称を「賀茂別雷神社」といい、ご祭神は賀茂別雷大神。
The legal name is “Kamowakeikazuchi shrine.” 
 
 
P1030494.jpg
雷のご神威によりあらゆる災難を除く厄除けの守護神として信仰され、都が京都に遷されて以来、皇城鎮護の神・鬼門の守り神として崇められています。
Believed that the God protect us from disaster occurred by lightning hit. Since a capital was located in Kyoto, it is honored as a guardian (Uji-gami in japanese.) 
 
 
下鴨神社(賀茂御祖神社)ともに賀茂氏の氏神を祀る神社で、京都三大祭のひとつ葵祭(賀茂祭)は賀茂神社両社共同で実施されています。
Aoi festival (15th of may), one of three major festivals in Kyoto takes place at both of Kamigamo shrine and Shimogamo shrine. 
kd178_8857-1368662114.jpg
葵祭は毎年5月15日に開催されます。
 
 
 
 
「上賀茂手作り市」は2006年3月から始まったので開催歴史的には新しい市ですが、澄んだ空気の漂う上賀茂神社の境内に流れる「ならの小川」沿いを会場とし、毎月約250を超える手作りに限定した品々が並ぶお店が開かれる大規模な市。
手作りのアクセサリーやバックなどの布小物、服飾雑貨や生活雑貨、陶芸品や木工品、パン、ジャム、スイーツ、野菜やお茶、京都らしくお漬物などなど…じっくり見て回ると半日くらいはかかるかな~と思います。
Kamigamo handmade market started from 2006 is new compared to other local markets.  This is definitely big market which has about 250 of shops. Handmade accessories, bags,house hold goods,ceramic, woodwork,bread, jam,sweets,vegetables ,teas, japanese pickles and some other stuffs makes you stop and browse.
 
16時頃まで開催されていますが、各お店が取り扱うモノが手作りの品ゆえに点数が少ないお店も多く、人気のお店は早く売り切れてしまうことも…。

It is opened until 4p.m. but some of the shops closed earlier because of sold out.

 
そこで私は8時30頃に上賀茂さんへ到着し清々しい朝の空気の中、まずは上賀茂さんに参拝し。
9時のOPENとともに手作り市エリアをうろうろうろうろ・・・というのが定番のめぐり方です。
I always arrive at Kamigamo shrine a half passed eight in the morning, then after worshiping, I take a walk to  browse the market. (Open is nine o' clock.) 

 
IMG_3123.JPG
これは先月のもよう。
小川で遊ぶ子どもたちがいるのは夏ならでは、ですね。

This is the last month of its market. Children playing in stream.

 
無添加だったりベジだったりオーガニックだったり。
こだわりのパンやスイーツを扱うお店も多いです。
Organic, or no chemicals foods are sold. Home made bakery and sweets often can be seen.

 
気になるものを購入して、ピクニック気分を味わうのもこの手作り市の楽しみ方のひとつかもしれません。
ちなみに私は行くと必ず1袋100円のお漬物を売ってるお店で「ゆず大根」を購入します(^^)。
 
もちろん、京都の出店者だけではなく全国各地から出店者が集まるため京都以外の作家さんのモノに出逢うのも楽しいですよ。
私がよく購入するのは淡路島からお越しの山田屋さんのジャム。
I purchase japanese pickles “Yuzu-Daikon”(Radish) by 100 yen every time. And there are many shops coming from different parts of Japan. Yamadaya's jam from Awaji-shima is one of my favorite. 
 
 
IMG_3128.JPG
先月はトマトと甘夏のジャムを買いました。
本当に美味しいですよ!
Bought tomato and amanasu (orange) jam last month. Really Yammy!
 
 
 
毎月
15日は百万遍さんの手づくり市
21日は東寺で弘法市
25日は北野天満宮で天神市(北野天満宮骨董市)
 
と他にも魅力的な市もいろいろ。
また別の機会にご紹介しますね。
 
明日はお天気も持ちそうですし、ぜひ上賀茂さんをお訪ねください!
 

Other markets in kyoto below.
Every month
15th Hyakumanben Handmade market
21st koubou market at touji
25th tenjin market at kitanotenmangu

will be introduced in some other times.

 
上賀茂手作り市
 
場所/上賀茂神社(京都市北区)
時間/9:00~16:00※雨天決行
http://kamigamo-tedukuriichi.com/
 
データはホームーページ参照

文/永井美子 写真/永井美子・Kyotodesign.com 英訳/林元洋
Author/Yoshiko Nagai, Photo/Yoshiko Nagai,Kyotodesign.com 
Translated by Motohiro Hayashi
 

「撮り鉄必見!」「乗り鉄」はお控えください。

【見たい】
「撮り鉄必見!」「乗り鉄」はお控えください。
~日本最古の電車がひっそり休む平安神宮~

Visit
~The oldest japanese train in Heian Jingu shrine~



わたくし、京都に生まれ育って数十年。。。通学路で毎日通っていた場所なのですが…
平安神宮が(京都で云う)最近建立されたことは知りませんでした(汗)。
1895年(明治28年)315日に平安遷都1100年を記念して京都で開催された
内国勧業博覧会の目玉として平安京遷都当時の大内裏の一部復元が計画された~とのことです。

It has been some decades, since I was born and grew up in Kyoto. I didn't know that Heian-Jingu shrine was built relatively recently although here was my school path.~In March 15th, 1895,  an exhibition was held in Kyoto as 1100 years anniversary of capital relocation. Then, it was planned to rebuilt the greater palace as one of main feature in that exhibition. ~

sinndenn.jpg 

なるほど、なるほど…と感心しながら平安神宮の宮内案内図を見ると、、、
有料の庭園である神苑の中に「チンチン電車」の文字。

Looking at a map of inside Heian Jingu shrine, words of “Chin-Chin train”catches my eyes.

 

 
!?!?!?

“!?!?!?”(amazed.)


もしかして!?
と、40歳オーバーの人はピン!とくるわけです。

実は京都市内、1978年(昭和53年)まで路面電車が走っていたのです。
札幌や広島のように、チンチン電車が走っていたのです。
京都駅前にも、祇園にも、四条通にも走っていたのです。

“Is it!?...”
Someone aged over 40 remember that a tram runs in Kyoto city until the year of 1978 like in Hokkaido and Hiroshima. It used to run in front of Kyoto station, Gion and Shijo-Dori like Hokkaido and Hiroshima.


↓当時が窺える写真はこちら

A picture a that time. Link below.

kanban.jpg 

説明によると、
なんと!市電はゼネラルエレクトリック社(米)が造ったのだそう。
創始者はエジソンさんでしたね。
明治時代はまだまだ文化の先端都市であった様子も感じられます。

According to the guide, a city train was made by general electric company founded by Edison (U.S.)
It reminds us that Kyoto was still developing capital at Meiji era.

shiden.jpg 
さて、こちらが現物です。
ずいぶん”おじいさん”な感じですが、京都の人にはとても懐かしい~を感じさせてくれます。

This is the oldest train. It makes us feel nostalgic.

noriguthi.jpg 
近くに寄って見れば見るほど、思い出が蘇ってきます。
乗降口には確かにドアはなかったような気がしますね。
車輛の中に入る時にドアがあったような…ノンビリしてた時代を感じさせてくれます。

The closer I get, my memory of that age comes back.  No doors on platforms.


岡崎公園、平安神宮にも多くの人を送り続けてきたチンチン電車。
「ご苦労さん!」の意味合いもあって、ここでひっそり休ませてもらってるかのようです。

It must have been used and loved by many people. It looks the train is in rest now. "Thanks for a job well done!"

shiden2.jpg 


torii.jpg


京都市電ホームページ
http://kyoto.trolley.net/

住所/〒606-8341  京都市左京区岡崎西天王町97
※拝観:境内自由(神苑見学は8:3017:30(但し11/12/末は8:3017:00)・大人600円)
アクセス/JR京都駅または阪急「河原町」駅から市バス5系統で「京都会館」、「美術館前」下車徒歩5分。
市営地下鉄東西線「東山」駅から徒歩約10

データはホームページから引用させていただきました。
※平安神宮ホームページ  http://www.heianjingu.or.jp/ 


文・写真/鳥居 聡 英訳/林 元洋

Author/Photo Satoshi Torii
Translated by Motohiro Hayashi

平安の時代から続く嵐山の遊び方。

MG_0056.jpg  

【やりたい】

平安の時代から続く嵐山の遊び方。
~渡月橋のかかる大堰川で優雅に舟遊び~

Activity
Playing at Arashiyama from Heian era!?
~Boating on Oi river~

 

嵐山でできるアクティビティのひとつに「船遊び」があります。
有名な亀岡から急流を下ってくる保津川下りはもちろん、他にも手漕ぎの貸ボートや船頭さんが案内してくれる遊覧船も。
Boating is one of fun activities in Arashiyama.
Rafting from Kameoka is famous and river guide tour and rental boat are popular too.

 

せせらぎの音、水面の風・・・涼を感じられ今の季節にぴったりの大堰川での船遊び、実は長~~い歴史があるんです。
Sound of brook and river breeze are right in this season. Boating on Oi river has actually long history.

 

京都市の西部に位置する嵐山は、平安時代は貴族の避暑地・別荘地として栄えた歴史ある場所で、避暑に来た皇族・貴族が何をしていたかと言うと・・・大堰川に船を浮かべた船遊びだったそうです。
貴族たちは船の上で詩歌、吟詠、管弦、舞楽など様々な御遊びを楽しみました。
(ちなみに、平安貴族の優美な船遊びを再現する「三船祭」は毎年5月に車折神社の神事として行われます)
Arashiyama, located western part of Kyoto city was historical place flourished as nobility's vacation home and summer retreat. Then, what they were doing was floating a boat on Oi river. They enjoy singing, playing instrumentals and dancing on the boat. (Mifune festival, imitating play on the boat of Heian era is in every May.)

 

嵐山のシンボル「渡月橋」も、鎌倉時代の亀山天皇が満月の夜に船遊びをし、曇りのない夜空に月がさながら橋を渡るようなさまを見て「くまなき月の渡るに似る」と詠まれたことにその名を由来するのだとか。
A landmark of Arashiyama “Togetsu-kyo”(bridge) is named after a scene that the moon moves on the bridge (as the name, Togetsu in japanese kanji suggests) at unclouded night. 

 

今でも美し自然が残る嵐山。川からは平安時代さながらの風情溢れる景色が楽しめます。
Beautiful nature remains.

 

kd24_8806-1367920052.jpg

貸しボートはリーズナブルに楽しめますよ。
The price of renting boat is reasonable.

 

 

 MG_0266.jpg

船頭さん付きの遊覧船は船頭さんの解説でより嵐山を深く愉しむことができます。
Pleasure boat with local guide. 

 

IMG_3317.JPG

渡月橋を真横から見るパノラマ絶景。渡月橋は本当に美しい橋だなぁって思います。欄干は現在も木造です。
Panoramic view of  Togetsu-kyo. A parapet is made of wood. 

IMG_3320.JPG

上流を見れば正面に小倉山。初夏は本当に緑が美しく、船に乗っていると聞こえるのは鳥の声やちゃぷん、ちゃぷんという水の音だけ。本当に癒されます。
Mt.Ogura toward upper stream. Green Beauty in summer. Tweet of birds and sound of water could be heard on a boat. Chilled out.

 

IMG_3318.JPG

ちなみに渡月橋を境に・・・西側が大堰川。
Oi river is western river from Togetsu kyo.
 

IMG_3319.JPG

東側が桂川と呼ばれています。
Eastern is Katsura river. 

 

_MG_0254.jpg

そしてここは保津川(亀山公園展望台からの眺め)。
Hozu river from kameyama park.

 

これらはすべてつながっている1本の川。
というのも、桂川はさまざまな通称を持つ川で、京北地区の流域にかけては上桂川、南丹市八木地区から亀岡市にかけては大堰川、亀岡市保津町請田から京都市嵐山までは保津川と名を変え、嵐山から合流地点は再び桂川と称されています。
実は「大堰川」「保津川」などの名前は通例で、行政上の表記は桂川に統一されているそうです。
These rivers above are same one river.
Katsura river has different names at different districts.
In Keihoku ditricts, Kami katsura river, from Namtan city to Kameoka city is called Oi river, Kameoka city to Arashiyama is called Hozu river. From Arashiyama, Katsura river again.  Actually those name of  rivers are nicknames.
Katsura river is administrative name.

 

大堰川では7月からは毎夜鵜飼が開催されます!
渡月橋の上からでも鵜かがりを遠~くに見ることができますよ。
You can see ancient fishing method catching Japanese trout by using tamed cormorants every night from July. Visible from Togetsu kyo though it looks far.

 

 <貸しボートや観覧船についてはこちら>
嵐山通船株式会社
受付時間/9時~16時
年中無休(年末年始、大雨・増水・強風の場合は欠航)
http://www16.plala.or.jp/kyoto-yakatabune/

※データはホームページより

 

文/永井美子 写真/嵯峨嵐山おもてなし帖・富上永一郎・永井美子・kyoto-design.jp
Author/ Yoshiko Nagai, Photo/Saga arashiyama motenashijou, Eiichiro Tokami,Yoshiko Nagai,kyoto-design.jp
Translated by Motohiro Hayashi

 

決死の願掛け、170年間で235人!

【見たい!】
 決死の願掛け、170年間で235人!
〜清水の舞台から実際に飛び降りた人々〜
Praying to God dead or alive. 
~About the numbers of 235 people have jumped off the stage of Kiyomizu~


 「清水の舞台から飛び降りる」…この慣用句は、誰でも知っていますよね。必死の覚悟で実行するという意味ですが、この言葉のおかげで、清水寺が京都で最も有名なお寺のひとつであると言えます。
清水寺にはみなさんご存知の通り、高い崖に張り出して作られた舞台があります。その崖から清水の観音さまに一心に祈って飛ぶと、命も助かり願いも叶うという迷信による願掛けのために、身を投げる者が絶えなかったといいます。

【Visit】

The expression, “jumping off the stage of Kiyomizu” is equivalent for the English
expression, “taking the plunge.” Because of this phrase, Kiyomizu temple is perhaps
the most popular temple in Kyoto.
We use this expression when we decide to do something bold or try something great, calling upon our best courage.
Kiyomizu temple has a famous stage built by wood on cliff. Believed that people are saved and rewarded if you jump off the cliff with wish and pray, so people could not stop doing it.


…で、実際にどのくらいの人が身を投げたのか、ということが、音羽山清水寺成就院に記録が残っているのだそう。江戸時代の中期・元禄7年(1694)から明治維新直前の元治元年(1864)までの間に、未遂を含めてなんと235件もの飛び降り(当時の記録では「飛び落ち」というようです)があったとか。「防止柵をつけるとか、人々に飛び落ちないよう指導してください」と、清水寺でも京都町奉行所へ何度もお願いしたという記録もあるようです。明治時代に入って、ようやく舞台の周りに竹矢来が組まれ、京都府から禁止令が発令されて終息したのだそう。

 地上12メートルもある舞台、今のビルでいうと4階建てくらいの高さだそうですが、飛び降りて助かった人の割合は、85%。かなり多くの人が助かっていることに驚きです。半分以上が10〜20代の若者で、12歳〜80歳までの年齢だとか。そして70%が女性なのだそう。これはなぜなんでしょう?願掛けという行為は女性のほうがポピュラーだったのかもしれませんね。 

There is a record how many people has jumped off at Otowayama Kiyomizu Joju-in.
From 1694(Edo period) to 1864(Meiji period,)
  235 of cases are found (attempts
inclueded.) People in the temple asked officer to make fence or tell them not to do it.
Then,fence was built and ban was imposed since Meiji period.

The stage is twelve meters height which is approximately same as a modern building of 4
th.  To be surprised, 85% of people who jumped off were survived. A half of them are teens and 20s, totally from the age of 12 to 80. Then, 70% of them were actually women, I wonder. I guess that the act of making a wish was more popular than a man does.

  

_1120191.JPG 

 

清水の舞台の写真というと、舞台のすぐ横から撮ったものが多いのですが、お寺の境内を散策していくと、こんな離れた場所からも舞台を眺められるところがあります。周りの緑に囲まれて、じっと舞台を眺めていると、年間を通して多くの観光客でごったがえす舞台も、少し落ち着いて昔に思いを馳せられるかもしれません。

 くれぐれも、願掛けと称して舞台の上から「飛び落ち」しないように!(笑)清水の舞台から飛び降りたつもりになれば、願掛けしなくても何でもできるはずですから! 
The photo of stage of Kiyomizu are mainly taken from a side. I found a view spot from which the stage is seen. Surrounded greens and gazing at the stage, you might think of the days and stories long past.

Anyways, please don`t jump off the stage even if you have a wish strongly!!!kkk
You can do anything if you want to do it from bottom of the heart.

 

_1120192.JPG

 

境内を散策すると、こんなにかわいい姿も。
You can find cute objects

 

_1120197.JPG

 

 

そう、願掛けはこんなふうに。境内「音羽の滝」。後ろのお不動さまにお願いごとをして霊水をいただきます。「清水寺」の名前の由来となった滝なのです。
Make a wish like they do. A waterfall, “Otowa-no-taki” you can take sacred water with wishes. The name of “Kiyomizu”(means sacred water in Japanese kanji) came from this water fall.

 

音羽山 清水寺
住所 京都市東山区清水 
アクセス 地下鉄清水五条駅から徒歩25分、市バス・京阪バス五条坂、清水道より徒歩10分、京都バス東山五条下車徒歩10分
ホームページ http://www.kiyomizudera.or.jp

Kiyomizu-dera
Address: Kiyomizu Higashiyama-ku, Kyotocity 
Access: 25min. walk from Kiyomizu-Gojo station (subway)

             10min. walk from Gojo-zaka, Kiyomizu-michi (City Bus and Keihan Bus)
             10min. walk from Higashiyama-Gojo (Kyoto Bus)
HP: http://www.kiyomizudera.or.jp (English, Chinese and Korean available) 

  

文/ひらばやしひろみ 写真/太田恭史  翻訳/林元洋
Author/Hiromi Hirabayashi, Photo/Takashi Ota
Translated by Motohiro Hayashi

「鴨川」?「賀茂川」?どっちが正しい?

 「鴨川」?「賀茂川」?どっちが正しい?
〜同じ川なのに漢字が違う理由

"鴨川?" or "賀茂川?" (both kamogawa) which is right?
〜The reason why different kamji is used despite of same way to read.~


【見たい】
京都の中心地を流れる鴨川。緑が生い茂り、白鷺が舞う、自然いっぱいの姿でもあり、
夏には納涼床が軒を連ねたり、恋人たちが等間隔で川縁に座ったりと、
季節の風物詩の舞台でもあったりします。
地図上では「鴨川」「加茂川」「賀茂川」...と、様々な表記がなされていて、いったいどう書くのが正しいの?と思われる方もいらっしゃるのでは。
【Visit】
Kamogawa, flowing in center of Kyoto having lots of green and egrets flying. Open restaurants line up by the river and couples sit on the river bank here. Kamogawa is the feature place of summer in Kyoto. On a map, written in different ways of kanji "鴨川," "加茂川," and "賀茂川." You may wonder which a right way to describe is.

鴨川をさかのぼって行くと、出町柳の「鴨川デルタ」と呼ばれる三角州で二本の川が合流しています。
Kamogawa Delta, two rivers are joined together at Demachiyanagi, upriver of kamogawa.


 

IMG_2403.JPG

 


東側(写真右側)が「高野川」、西側(写真左側)が「賀茂川」。この合流地点より南側(手前側)は「鴨川」と呼ばれています。
Eastern river (right in the photo,) Takano river Western river (left in the photo,)  Kamo river. Southern river from this place is written for "鴨川." 

この合流地点は、京都市民の憩いの場。とりわけ子どもたちのいい遊び場になっています。 
The meeting of two rivers is a good place to relieve, especially for children to play.

 

IMG_2405.jpg

 

こんなふうに飛び石が配置されて、ぴょんぴょん飛び移ったり、川の中に入って生き物観察をしたり。飛び石も亀の形や千鳥の形など、それとなく京都らしい。
Stepping stones like a picture above, they can enjoy jumping on and stepping into the river to watch creatures.


昔、この流域一帯は、古代に大和から移って来た豪族「賀茂氏」の勢力地でした。流域にある上賀茂神社、下鴨神社は正式名称が「賀茂御祖神社」で、賀茂氏の氏神様なのです。
Once upon a time, the place around here was dominated by a powerful family "Kamo"(賀茂) came from Yamato.
Kamigamo shrine and  Shimogamo shrine are guadians of  Kamo family, called Kamomioya shrine legally.


 

IMG_2410.jpg

 


下鴨神社の境内は「糺の森(ただすのもり)」と呼ばれ、平安京以前の原生林の植生を伝える貴重な自然林です。
Inside of shimogamo shrine is called Tadasuno-forest which remains precious vegetation from Heian period.

 

IMG_2412.jpg

 


鴨川デルタで水遊びに疲れたら、涼みがてらここを散策するのがオススメです。平安時代と同じ植生の森をゆっくりお散歩なんて、なんて贅沢!
This is the place recommended to go after playing at Delta. How great it is to take a walk around this forest!


上賀茂神社、下鴨神社だけでなく、全国にある賀茂社の末社の名前も、「賀茂」「加茂」「鴨」とさまざまな通称が使われていたそうです。それがいつの間にかそのまま定着したため、さまざまな漢字による「かも」の表記が残ったということです。
Not only Kamigamo shrine and Shimogami shrine, but also every shrine named "Kamo" in Japan written in different kanji like these; "賀茂" " 加茂" "."
Then, it became usual to use variety of kanji and it still remains now.


そして京都のこの地でも、神社名にならって、上流の上賀茂神社の近くは賀茂川(または加茂川と表記することも)、下流の下鴨神社近くは鴨川と表記するようになったようです。

法律上は、1965年、河川法によってすべてを「鴨川」と統一しているのですが、土地それぞれに密着した通り名が残っているのですね。

どう書くのが正しいのか...と考えると混乱しますが、どう使われて来たのか...と調べて行くと、楽しいですね。

From the process above, here also in Kyoto, upriver is written for "
賀茂川" (Kamogawa) taking kanji of "上賀茂" (Kamigamo) shrine. In the other, downriver is described for "鴨川" taking kanji of "下鴨" (Shimogamo) shrine. 
 In 1965, llegally, "鴨川" is one right name on River Act. We have variety of kanji use at different places, in fact. It seems to be complicating to think which right way of describe is, but it is interesting to look up how it is named after.


●鴨川デルタ
アクセス/市バス出町柳駅前または葵橋西詰、京阪出町柳駅すぐ
Kamogawa Delta
Access: Near Demachiyanagi eki mae stop (City bus) or Demachiyanagi station (Keihan Line)


●賀茂御祖神社(下鴨神社)
アクセス/鴨川デルタより徒歩5分、京阪電車「出町柳」駅徒歩8分
住所/京都市左京区下鴨泉川町59
http://www.shimogamo-jinja.or.jp

Shimogamo Shrine
Access: 5min. Walk from Kamogawa delta
             8min. Walk from Demachiyanagi station (Keihan Line)
Address: 59 Izumigawa-cho Shimogamo Sakyo-ku, Kyoto city
HP: http://www.shimogamo-jinja.or.jp (English available)


●上賀茂神社
アクセス/市バス・京阪バス「上賀茂神社前」すぐ
住所/京都市北区上賀茂本山339
http://www.kamigamojinja.jp/index.html

Kamigamo Shrine
Access: Near Kamigamo jinnja mae stop (City bus and Keihan bus)
Address: 339 Motoyama Kamigamo Kita-ku, Kyoto city
HP: http://www.kamigamojinja.jp/index.html (English available)

 

文・写真/ひらばやしひろみ
Author/Photo, Hiromi Hirabayashi
Translated by Motohiro Hayashi



 

 

京都の町中に突如現る!幅66センチの平均台。

 京都の町中に突如現る!幅66センチの平均台。
~白川にかかる「一本橋」。通称「行者橋」~
A 66 cm wide bridge in Kyoto
~A small bridge called "Gyoja-bashi" at Shirakawa


【見たい】
京都東山知恩院の古門前のすぐ近くにある小橋。
白川の源流は京都東山にあり、鴨川へと注ぎ込みます。
途中、琵琶湖疏水と合流しながらも、平安神宮の南あたり三条通附近で再び流れを別にします。
川の両岸に柳を配し、とくに夏には一服の清涼感を演出してくれます。
【Visit】
There is a small bridge near old gate of Chion-in, Higashiyama which has source of Shirakawa (river) flowing into Kawagawa. Shirakawa joined together with a stream from Lake Biwa and separated again near Sanjo-dori at South of Heian-Jingu. Willows on both side of the river makes coolness in summer.

 

三条通から下流に向けて歩くこと5分ほど。
むむむ?地元民や学生さんが、うまくバランスを取りながら一列に川を渡っていくではないですか!
Walking downwards for 5minutes from Sanjo-dori, I saw local people and students walking  and crossing the bridge in a row!

「白川の一本橋」。
比叡山延暦寺の千日回峰を行う行者が渡る橋である事から行者橋と呼ばれているそう。
橋の袂に書かれた説明では、
『比叡山の阿闍梨修行で千日回峰行を終えた行者が粟田口の元三大師に報告した後、
京の町に入るときに最初に渡る橋で「行者橋」「阿闍梨橋」とも言われる。 
That is called  "Gyoja-bashi" (bridge) named after Gyoja (ascetic) from Hieizan Enryakuji (temple.) They will pass on this bridge in the event of thousand day walk. According to explanation written in the bridge, Gyoja who finished thousand days walk will cross this small bridge first after they report completing of ascetic practices to their master. The width is about 66 cm which is not enough for two people to pass at a time. For local kids, this is a kind of event to pass this bridge on bicycle.



江戸時代には、この橋を粟田祭の剣鉾が差して渡る「曲渡り(曲差し)」が呼び物であった。』と書かれておりました。
実際の幅は66センチほどで、幅が狭く人ひとりが通るのがやっと。
地元の小学生は、自転車に乗ったままこの橋が渡れれば1人前と認められるそうです。
円山公園、知恩院から岡崎公園、平安神宮へと向かう途中に位置するので、
ちょっと寄り道をしてほしい場所です。
近くには昭和の姿を残す「古川商店街」もあり、隠れた観光スポットとしてオススメです!
This bridge is located on the way to Maruyama park, from Chion-in to Okazaki park and Heian Jingu. I recommend you to stop here on your way. There is Furukawa shopping street which looks nostalgic like showa period. Here is a kind of hidden sightseeing spot, I suggest.

 

 

白川柳.jpg

白川沿いの柳。川沿いには京町屋があり、梅雨時は番傘と浴衣で歩きたい!
Willow (Yanagi) by the river. "Machiya" besides.

 

 

 知恩院古門.jpg

知恩院古門前にある石畳の「古門橋」。浴衣姿で歩きたいです
Furukado bridge in front of Chion-in old gate. Like to take a walk wearing Yukata. 

 

橋.jpg

一本橋。近隣にある女子大の学生さんの通学路
"Ipponbashi" school commute for college students

 

gakuseisann.jpg

そろりそろりと歩きます。自転車で渡れば一人前のオトナ!
Walking slowly. You are champ if you get cross on bicycle.

 

 

古川商店街.jpg

昭和風情を残す「古川町商店街」。懐かしい~!!
Nostargic, Furukawa shopping street.

 

sirakawa.jpg

白川沿いを下へ下へ。ご存知!祇園白川小橋に辿り着きます
Going down and down along Shirakawa river, Gion Shirakawa bridge.

 

 

所@京都市東山区石橋町

地図@http://maps.google.co.jp/maps/ms?hl=ja&ie=UTF8&msa=0&ll=35.006962,135.778484&spn=0.003946,0.006856&z=17&brcurrent=3,0x600108e9d428520f:0x33fefecf4a76fcc1,1&msid=111077767093999039367.00047dff1c4b4be75011d

アクセス@京都市営地下鉄東西線「東山駅」下車、三条通白川沿いを下流へ徒歩5分。京阪電車「三条駅」から徒歩10分。

 

写真/太田恭史、鳥居聡 文/鳥居聡

 

Address: Ishibashi-cho higashiyama-ku, Kyotocity

Map: http://maps.google.co.jp/maps/ms?hl=ja&ie=UTF8&msa=0&ll=35.006962,135.778484&spn=0.003946,0.006856&z=17&brcurrent=3,0x600108e9d428520f:0x33fefecf4a76fcc1,1&msid=111077767093999039367.00047dff1c4b4be75011d

Access: 5min. walk southward along Sanj-dori, Shirakawa from Higashiyama station (Tozai Line)

             10min. walk from Sanjo station (Keihan Line)

 

 


Photo/Takashi Ota, Satoshi Torii, Author/ Satoshi Torii
Translated by Motohiro Hayashi

 

 

雨の日のだからこそ出掛けたい今日この頃...

 【見たい】
雨の日のだからこそ出掛けたい今日この頃。
~京都・宇治あじさい寺こと三室戸寺~

Visit
A rainy season came earlier than usual this year though it hasn't rained much yet. An impressive, a feature flower of this season is Ajisai. A famous temple in which you can see lots of beautiful Ajisai is Mimuroto temple.




例年より早く梅雨入り宣言!
は、したものの、梅雨らしい梅雨には出会えない今日この頃。
少々寂しげな表現になるのには意味があります。
梅雨と言えば「紫陽花(あじさい)」の季節ですね。

 

京都のあじさいスポットとして有名な三室戸寺(みむろとじ)。
平等院でもお馴染みの宇治市にあり、京都市内からは電車で30分ほどの場所。
駅名は「みむろど」ですが、お寺の名前は「みむろとじ」です。

 

西国三十三所10番札所うんぬんと書き出すと、紹介だけで文字だらけになりそうなので、
他に任すとして、
少々興味深いのが、本尊は千手観音様なのだそうだが、
写真も公開されていないらしく、少々ヒミツ的な感じが「あじさい」の花言葉、「移り気」「 あなたは美しいが冷淡だ」「浮気」「変節」などと相まって、
何やら神秘性を感じさせるのがまた「イイね!」と言わせてしまいます。
Mimuroto temple is located in Uji city taking you 30 minutes from Kyoto city by train. The station nearby is "Mimurodo." 

Principle image is multiarmed deity which is not
  unclosed for public even in the picture. The floral language for ajisai is a little mysterious; "capricious" "beautiful though cool" "affair" and "turnaround." That mysterious words make me feel "Like" somehow.

 

「花の寺」と言えるほどに、あじさいのみならず、
すでに旬を過ぎた20000本のツツジと1000本のシャクナゲ(見頃5月)。
そして、10000株のアジサイを挟んで、100種のハスを8月下旬まで楽しむことが出来ます。
庭園内には茶店もあり、季節の移り変わりと折々の花を楽しむことができます。

「今日は雨か...家でゆっくりしておこう...」というアナタ、
時には「移り気」してみてお出かけください!
少し曇った空に、花びらから雫を落とすアジサイが放つ柔らかい光に目を奪われるはずです。
Not only ajisai, but also 20,000 of Tsutsuji, <azalea (its season has passed)> and 1.000 of Shakunage, <rhododendron (the peak is May)> it has. Then 10,000 of Ajisai and hundreds variety of lotus (seen until the end of Aug.) makes you feel peaceful. 

You can also take a break at cafe inside of the garden surrounded by different types of flowers in each season.

If you think " I'll stay at home today because it's rainy," why don't you change your mind and go to Mimuroto temple? You will see attractive and colorful ajisai in a gloomy day.


 

IMG_0315.JPG

 10000株の満開のあじさい群は圧巻の一言!
Ajisai in full blossom!


 

IMG_0317.JPG

 咲き方、咲く場所、見る角度...様々な姿を見せてくれます
Enjoyable from different point of views.

 


IMG_0320.JPG

 630日までの土日はライトアップ期間中で、21時まで拝観

可能です。入場は2030分までですので、ご注意を!
Lighting up term on Saturday and Sunday until 9 p.m. (June only.) 
Last entrance is up to a half past eight.

 

IMG_0314.JPG

薄曇りの中で見る紫陽花は光を発しているように見えます
It looks brighter in gloom.

 

 

IMG_0319.JPG

境内に配された1000鉢のハス。開花の頃が今から楽しみ!
A thousand of lotus. Looking forward to it!

 

 

 

三室戸寺(みむろとじ)

住所@611-0013京都府宇治市菟道滋賀谷21

電車@京阪 三室戸駅下車、東へ徒歩15分JR・京阪宇治駅下車、京阪宇治バス明星町経由JR黄檗駅行きで「三室戸寺」下車すぐ

車@京滋バイパス宇治東ICより3分。大阪方面からは京滋バイパス宇治西ICを利用して下さい。

駐車場@収容台数: 300台(有料)乗用車: 500

拝観時間@830分〜1630  41日〜1031日)、830分〜1600 111日〜331日) 
※拝観最終受付は閉門時間の30分前まで。納経最終受付は閉門時間の30分前までとなっております。
※年末休み 1229,30,31日)

拝観料@大人500 / 小人300円 (団体割引30名以上 大人400円)

 

※データはホームページより引用させていただきました。

 

写真・文/鳥居 聡

Mimuroto Temple

Address: 21 Todoushigadani Ujicity, Kyoto-fu   611-0013

Access: 15min. walk from Mimurodo station (Keihan Line)

              Near the stop Mimurotoji (Keihan-uji Bus)    

Parking: 300 cars available (Parking fee:500 yen)

Business hour: 8:30-16:30 (Apr.1st to the end of Oct.)

                         8:30-16:30(Nov. 1st to the end of Mar.)

* The last entrance is 30min. before close. 
* Whole day close: Dec. 29th,30th and 31st

Entrance Fee: Adult 500yen/Child 300 yen (Group over 30 persons/ 400yen each)

*The data above is from this page. (Mimuroto-ji : http://www.mimurotoji.com/)

 


Author/Photo, Satoshi Torii
Translated by Motohiro Hayashi